SEARCH GINZA ID

海外のデザイナーのインテリア vol.3|〈PEARL OCTOPUSS.Y〉クリエイティブディレクター、ファウンダー・Cathrine Børter

海外のデザイナーのインテリア vol.3|〈PEARL OCTOPUSS.Y〉クリエイティブディレクター、ファウンダー・Cathrine Børter

優れた美的センスを持つファッションクリエイターはどんな暮らしをしているのだろう?世界各国のデザイナーたちの自宅を訪問。心地よい空間づくりや家具の選び方、大切にしているオブジェまで、家とクリエイションの素敵な関係性が見えてきた。


Cathrine Børter
〈PEARL OCTOPUSS.Y〉クリエイティブディレクター、ファウンダー

Oslo, NO

「本来はもっとクリーンなスタイルが理想だけど、家中を散らかす2人の子どもにかかりっきりの今はお預け」と笑う〈パールオクトパシー〉のキャサリン。

少しエキセントリックな要素もある彼女のジュエリーのように、部屋にはカラフルで目を楽しませるオブジェが多く飾られている。本人いわく、華やかさもありつつ機能性も考えた“折衷主義”。

家具は「1960年代のイタリアや70年代のデンマークのヴィンテージが好きで、レプリカではなくオリジナルを少しずつ集めました。新しい時代のものは少ないですね」。

階段を降りた地下の小さな空間が彼女のオフィス。ビーズなどの道具もすべてまとめて置いてある。オフのときはリビングで美しい庭を眺めるのが定番。家族で時間をかけて作り上げた城は、個性となり、インスピレーションとなって毎日を支えてくれているそう。

「家ではくつろぎたいので、おしゃれ過ぎないあたたかみも大切。何年もかけて集めたそれぞれに歴史のある愛着あるインテリアだから、結局これからもミニマルな雰囲気とは縁遠い、いろんなものがあちこちにある状態なままな気がします」

Photo: Pernille Haugen Coordination&Text: Aiko Ishii   Cooperation: Filg Showroom

GINZA2021年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年10月号
2021年9月10日発売

GINZA2021年10月号

No.292 / 2021年9月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
physical stores
ショップの実力

フィジカルストア
お店に行きたいのです!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)