伝統テキスタイルに野生動物が踊る。ディオール メゾンによるホームコレクション

伝統テキスタイルに野生動物が踊る。ディオール メゾンによるホームコレクション

Share it!

ディオール〉のホームコレクション〈ディオール メゾン〉から、2019年クルーズコレクションでマリア・グラツィア・キウリによって再解釈されたテキスタイル“トワル ドゥ ジュイ”にフィーチャーしたカプセルコレクションが発表された。ライオンやサル、ヘビなどの野生動物が躍動感たっぷりに描かれたプレートやクッションが登場している。


伝統テキスタイルに新たな魅力

“トワル ドゥ ジュイ”は、もともとフランスで17世紀に使用されていたテキスタイル模様。クリスチャン・ディオールが室内装飾家である友人に依頼し、1947年の創業当時にブティックの壁面を飾ったアイコニックなテキスタイルで、メゾンでも長い間愛されてきた。

キウリはこの牧歌的なテキスタイルに野生動物のモチーフを取り入れてアップデート。自然の中で生きる動物たちが躍動感たっぷりに描かれており、この冬、世界中のディオール ブティックのクリスマスウィンドウの装飾に採用され、ディオールメゾンのカプセルコレクションと2019年クルーズコレクションを飾っている。

 

カプセルコレクションでは、このタイムレスで伝統的なテキスタイルに新鮮な表情が加えられた“トワル ドゥ ジュイ”をプリントしたプレートやテーブルクロス、キャンドル、クッション、ノートブックなどが登場。レッド、ブルー、グリーン、ブラックで表現された華やかなデザインが日常を明るく彩る。コレクションの中から一部をご紹介!

問い合わせ: クリスチャン ディオールTel0120-02-1947

Text&Edit:Hiroko Chihara

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント