SEARCH GINZA ID

まるで植物のアジトのような青山「cochon」。センスあふれる東京の花屋

まるで植物のアジトのような青山「cochon」。センスあふれる東京の花屋

フローリストの審美眼が光る東京のお花屋さん9店舗へ。オーナーがつくる、センスのいい花束をGINZA編集部がオーダー。自然と癒される空間と季節を届けるお仕事についても迫りました。大好きなあの人への贈り物に、自分へのご褒美に、参考にしてみてはいかが。


 

ビルの4階にある
花と植物のアジト

国道246号線裏手に位置する雑居ビルの階段を最上階まで登り切った先に、そこはある。扉に貼ってあるメモ用紙が看板の代わりだ。ボールペンで書かれたその名は、仏語でブタを意味する。映画を学んでいた店主の和田格さんが大好きなピエル・パオゾ・パゾリーニの作品『豚小屋』から拝借したそう。パープルのヒヤシンスや真っ赤なアマリリスなど色彩豊かな花々を、和田さんが創作したオブジェや撮り下ろした写真が取り囲む。特異な立地もあいまって芸術家のアトリエを訪ねている感覚に。

 

多様な“赤”を愉しむ
オブジェのようなブーケ

東京の花屋 青山「cochon」

色と形で存在感を放つバンダ、アマリリス、アルストロメリアを軸に、ビバーナムや蕾の宿根スイートピーの緑が脇を固める。手渡す瞬間まで、そのままの花姿で持ち歩けると評判の「金魚鉢型ブーケ」をどうぞ。
今回のブーケ製作費:¥5,500(税込)

 

最新のお店の様子は
インスタグラムをチェック

 

この投稿をInstagramで見る

 

cochon_itaru(@quasitaru)がシェアした投稿

「cochon(コション)」

住所: 東京都渋谷区渋谷2-8-10 4F
T︎el: 080-4921-6889
営業時間: 13:00〜19:00(木・土・日12:00〜)
定休日: 火曜日
cochon.tokyo

Photo:Wataru Kitao Text:Mako Matsuoka Edit:Nico Araki

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)