おしゃれオフィスにお邪魔しました! スタジオを全面改装した〈ハイク〉のアトリエ

おしゃれオフィスにお邪魔しました! スタジオを全面改装した〈ハイク〉のアトリエ

スタイリッシュな服を生み出しているからには、きっとそのアトリエもすてきなはず。そんな期待を胸に秘め、東京を 拠点としているブランドの仕事場へ。そこには、各々の視点でこだわり抜いた空間が広がっていた。

 

HYKE

1998〜2009年に〈グリーン〉を手がけていた吉原秀明と大出由紀子が2013-14年秋冬よりスタート。コンセプトは「HERITAGE AND EVOLUTION」。

 

恵比寿にあったオフィスが手狭になり、2016年7月に移転。中目黒の元スタジオの建物を全面改装した。

「以前と通勤時間が変わらない場所で探しました。スタッフには皆家庭があるので、私たちにとっては時間をうまく使うことが重要なんです」(吉原さん)

インテリアデザイナーの佐々木一也さんと相談を重ね、高い天井やロフトなど元のスタジオらしさは残しつつ、ほとんどを白に塗装。ル・コルビュジエの初期作品やインダストリアルな空間が好き、という吉原さんの世界観を反映させた。

「お店の内装などには力を入れてきましたが、オフィスは後回しになってしまうことが多かったんです。ものづくりは絶対に気持ちがいい空間で行った方がいい。ここに移転したことでそれがようやく実現しました」

ハイク HYKE アトリエ
プレスルームがある地下1階の踊り場。プロジェクターでインスタレーションのバックステージの映像を流している。

ハイク HYKE アトリエ

プレスルーム。ポップアップショップでも用いるラックには照明が付いている。什器はジャモアソシエイツが製作。

ハイク HYKE アトリエ
インスタレーションを行ったり、撮影をしたりする2階のスタジオ。椅子はスタンダードチェアやスウィベルチェア。

Photo: Yuichi Akagi  Text&Edit: Itoi Kuriyama

GINZA2018年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)