SEARCH GINZA ID

フローリスト・越智康貴「白い世界を、花と猫が潤す」|クリエイターたちの快適空間に潜入 vol.13

フローリスト・越智康貴「白い世界を、花と猫が潤す」|クリエイターたちの快適空間に潜入 vol.13

ファッションやアートなど、さまざまな分野の表現者たちが作りあげたプライベートルームを拝見。もの選びの基準、色彩へのアプローチ、スペースの捉え方。それぞれが追求する“居心地のよさ”とは?


白い世界を、花と猫が潤す

越智康貴
フローリスト

「おっと!背が高いので、ライトの傘に頭をぶつけるのは、これで102回目(笑)。この部屋を選んだのは、床から天井まで3mほどあることも大きいです」

白い箱のようなリビングには陽があふれ、静かで晴れやかな時間が流れる。1、2輪を可憐に挿した花器、手仕事の刺繡が施されたテーブルクロス、異国の情緒が織り込まれたラグなど、感性の赴くままに選んだ品々が彩りを添える。

「花瓶はたくさんあって、フィーリングで飾っています。古い布地は15枚ほど所有。気分を変えるために定期的にチェンジする。何でもない白いコットン生地をテーブルにかけることもあります」

ダイニングセットにソファ、広さに対して家具が極端に少ないのも清々しい。

「今の物量がマックス。ここは写真を撮るためのスタジオとしても使っていて、最初はソファもありませんでした。購入したのは昨年。保護猫を2匹迎え入れたので、一緒に過ごすときの必要に駆られて。ラグは好きではないけれど、〝タン〟と〝サン〟のために。今は、彼らの部屋をちょっと間借りしている感覚です」

越智康貴 おち・やすたか

一輪から包んでくれるフラワーショップ「ディリジェンスパーラー」オーナー。イベントや店舗の装花、広告や雑誌の花のスタイリングほか、撮影や執筆活動も。Instagram→ @ochiyasutaka

Photo: Yuka Uesawa Text: GINZA

GINZA2021年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年10月号
2021年9月10日発売

GINZA2021年10月号

No.292 / 2021年9月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
physical stores
ショップの実力

フィジカルストア
お店に行きたいのです!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)