SEARCH GINZA ID

『東京カテドラルのクリスマスミサ』で時を超えて「粋」を味わう 

『東京カテドラルのクリスマスミサ』で時を超えて「粋」を味わう 

名建築を舞台に歌う、 今年のありがとう。

クリスマスイブを教会で過ごしたこと、ある?私は数年前に友人に誘われてから、仕事が忙しくても、クリスマスにはミサに行こうと思うようになった。礼拝に行ったことない人でもOK。誰でも優しく迎え入れてくれるから。

カトリック東京カテドラル関口教会では、毎年クリスマスと新年を祝う礼拝が行われる。ホテル椿山荘東京の目の前にあるここは、どの駅からもまあまあ距離がある。だから、いっそのことタクシーを拾ってさっと乗りつけるのがおすすめ。行先を聞かれて、「東京カテドラルまで」と口にする自分に少し酔ったりもできる。到着し、賛美歌の歌詞が書かれた冊子をいただいて、中に入る。大きな空間はすでに人でいっぱい。後方には立っている人もいて、さながらライブ会場のようだ。

この教会は、自身もキリスト教信者であった建築家・丹下健三の設計による。地面から緩やかな円弧を描くように、天に向かってすうっと伸びる壁。雄大な形と、天井や壁の隙間からこぼれる光の美しさは他に類を見ない。打ちっぱなしのコンクリートでできた壁の表面には、セメントを流し込む型枠用の板の木目がレリーフのようについていて、荒々しさと同時に木の温もりも感じる。実はこの建物を上から見ると十字架の形をしている。地上からは目にすることの叶わない場所に十字架を置くなんて、なんと洒落たデザインだろう。

ミサの始まりが告げられ、あたりはしんとする。神父様のお説教と感謝の言葉の合間、オルガンの伴奏に合わせて賛美歌を歌う。大人になると合唱はめったにしないから、みんなで歌うのはすごく新鮮で楽しい。束の間の一体感と、洞穴の中のようでもある空間があいまって、目に見えない何か大きなものに包まれているような気持ちになる。

クリスマスはキリストの生誕を祝う儀式。同時に、1年を振り返る節目でもある。ミサで歌う感謝の気持ちは、素敵な1年を迎えるためのおまじない。さあ、今年も歌いに行こう。


例年のクリスマスミサは、12月24日と25日。新年ミサは1月1日に開催。24日と1日は複数回行うことも。今年の日程は教会の公式HPで確認を。

Illustration: Shohei Morimoto Text & Edit: Satoko Shibahara

GINZA2019年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)