SEARCH GINZA ID

英国と米国、雑貨はどっち派?|日用品ジャーナル vol.8

英国と米国、雑貨はどっち派?|日用品ジャーナル vol.8

日用品にまつわる気になる話題を大調査!全11回の連載で、最新情報から意外なジャンルのコレクター、DIYのアイデアなど情報盛りだくさんでお届けします。


 

英国と米国、どっち派?

雑貨コレクターが多い2つの国。

旅がきっかけで、英国のインディなカルチャーの面白さやセレクトショップのセンスに刺激を受け、英国の生活雑貨を集めるようになった榊原優佳さん。

一方、アメリカ映画好きの横瀬裕貴さんは、買い付けでアメリカを訪れるたびに、日常的によく使うものを米国製にして、生活を楽しんでいる。

シンプルでタイムレスな魅力を放つ英国モノ。ポップセンスが光る米国モノ。あなたはどちらに魅力を感じる?

 

UK

英国 米国 雑貨
エリザベス女王のパーティマスクやダイアナ元妃のポストカード(左上)。ロンドンのフラワーマーケットで出合ったバスケットは「売り物ではありませんでしたが譲ってもらいました」。〈LBJ〉のジャム(右下)。「ラズベリー&ハイビスカスがいちばん好き」。全種類持っているという〈ファルコン〉のホーロー (左下)。〈Quail Ceramics〉の猫のオブジェ(中央)。

 

USA

英国 米国 雑貨
イラストと配色に惹かれたニューメキシコの土産屋で購入したチリペッパーミトン(右上)。隣はアメリカのダイナーでも使われている〈Fiesta〉の「Java Mug」。〈DIAMOND〉のアルミホイル。「日本製のものより厚くてしっかりしています」。〈Glade〉のルームスプレー(左)。〈bounce〉の柔軟剤シート。「〈Sweet Dreams〉の甘い香り」

 

榊原優佳 さかきばら・ゆか

スタイリスト。飯田珠緒氏に師事後、独立。クローゼットの主役はTシャツというカジュアル派。

横瀬裕貴 よこせ・ゆうき

海外の雑貨やオリジナルのアパレルなどを扱う中目黒のショップ「SUNDAYS BEST」店主。

Photo: Hiromi Kurokawa, Kaori Ouchi, Wataru Kitao Text: Seika Yajima

GINZA2021年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年7月号
2021年6月10日発売

GINZA2021年7月号

No.289 / 2021年6月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
クリエイターたちの住居
夏のお部屋訪問

すてきなお部屋41軒
夏の家庭訪問です!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)