グリーンを愛する人たち – お料理好きの緑あふれるダイニング、プレス鈴木純子さんのグリーンユートピア

グリーンを愛する人たち – お料理好きの緑あふれるダイニング、プレス鈴木純子さんのグリーンユートピア

都会のマンションのヴェランダで自由に植物を育てる。そこはまさにグリーンのユートピア。愛にあふれるヴェランダーたちに植物を育てるコツを聞いた。


アタッシェ ドゥ プレス
鈴木純子さん

手間いらずの観葉植物に囲まれた至福空間

gz07_b_183

広いキッチンにもグリーンを配置。一番右は丸まった葉が特徴的なフィカス・ベンジャミナ・バロック。その隣がボトルツリー。左のピンクの花をつけているのは蘭の一種、エピデンドラム。

 

大きな窓からたっぷり太陽の光が入る、鈴木純子さんの新居のダイニングルーム。のびのびと育つボトルツリーも気持ち良さそうだ。

道路に面している1階部分の小さなヴェランダは、外から中が見えないように、ミモザやロシアンオリーブ、ホワイトティーツリーなどの大きな植木を置き、天井からは鉢やバスク地方で買った藁の鳥小屋、ヒンメリを吊るしている。レモンバーベナやローズマリー、オレガノ、レモングラスなどのハーブ類の鉢が多いのは料理好きの証拠。「ハーブ類はお茶にしたり、ピクルスと一緒に漬けたりしていますね。ローズマリーやセージはロースト料理でも活躍しています。コブミカンの葉やレモングラスはエスニック料理に。ハーブは比較的ほっておいても育つので手間がかかりません」

担当するリゾートブランドをイメージして選んでいたら、南米やアフリカ、オーストラリア原産の植物が多くなった。出張の多い鈴木さんだが「短い出張であれば、一度たっぷり水をあげれば問題ない」と言う。

ヴェランダのない生活は考えられない!と話す鈴木さんは、寝る前にグリーンに囲まれながら、ワインをいただくのが最高にリラックスできる時間だとか。

「海外のボトルツリーの栽培家が広い土地で育てているのを見ると、いつかは庭に植えたいなぁとも思うんですけどね(笑)」。夢がかなうその日まで、ヴェランダの緑化計画はさらに進化し続けそうだ。

 

gz07_b_158

ザ・ヴェランダ。テーブルと椅子を置いて、ゆったりできるスペースに。朝食を食べることも。

gz07_b_155

木の枝を渡し、鉢やオブジェをハンギングさせている。ヴィジュアル的にもかわいい。

 

gz07_b_220

ミントやローリエ、レモンバーベナ、セージなどを摘んでハーブティーに。

 

gz07_b_172

地下1階ベッドルームのテラススペースにある観葉植物。大きめの鉢ものが中心。

 


Junko Suzuki

フリーのアタッシェ ドゥ プレスとして活躍。「RITUEL par Christophe Vasseur」「ジェラテリア マルゲラ」などの食分野、海外リゾートブランドの「Six Senses」など、ライフスタイル全般のPRを手がける。

Photo: Junpei Kato Text: Yumiko Takayama

2016年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)