人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.10「第一印象で心をつかむ、女優になる 〜職場編〜」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.10「第一印象で心をつかむ、女優になる 〜職場編〜」

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい?女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その10

「第一印象で心をつかむ、女優になる 〜職場編〜」

 

●主演女優から声をかけなくて、どうするの?

いい? アンタたちったら、まったくわかってない!人見知りだから、初めて会うひとには自分から声なんてかけられない、ですって? 逆、逆、逆! むしろ、初めて会うひとにこそ、自分から声をかけていかなきゃ。てか、女優でしょ? 観客から声かけられるの、待っててどうするの? そこは主演女優である自分から行かなきゃ。

そもそも、初対面のひとにどう声をかけていいかわからないのは新入社員などの新顔だけじゃなくて、古株の大先輩も同じ。みんな同様にまごまごしてるなかで、最初に声をかける勇者は確実に感謝されるから。誰もが「どうやって声かけよう」とタイミングを見計らってる。張り詰めた空気を打ち破る「はじめまして!」の声の尊さ。そう、場を和ませる力って、すごく尊くて、それをつくれる女優はどこでも重宝されるのよね。それは力だから。「彼女がいれば、場が和む」。そんな理由で新しいプロジェクトに抜擢されたり、飲み会や食事会に誘われることって、案外多いんじゃないかな。だから、新しい場所で新しいひとに会うときは、先陣切って自分から声をかけるのがいい。たったそれだけで人生、最低2割は得するから。新入社員だろうがバイトだろうが、自分が主役の物語がここから始まる! と心得て‘座長’として空気をつくって。

 

●オーディエンスが求めるルックスを提供するのも女優の務め。

もちろん、見た目も大事よ。清潔感を醸すために髪や爪はきっちり整えるというのは最低限のこと。あとはTPOかな。皇族の方々が地方などの公務へ行かれるくらいの格好、身近なところではお受験ママみたいなスタイルをしていれば、ほぼ、どこでもマナー的にOKだとは思うけど、それがウケるかどうかはやっぱり場面で異なるから。

以前、銀座のクラブで同僚だった友だちが、五反田の熟女キャバクラに転職したんだけど、ヘアメイクに服装、言葉遣いに至るまで、銀座スタイルがまったく通用しないって。銀座でよしとされているのは上品で丁寧で大人の女性。ところが、それだと五反田の熟キャバでは浮きまくるって。お客さまから「お前、なんか気取ってない?」って言われちゃうって。じゃ、どういうのがいいのかといえば、アラフォーだろうとなんだろうとギャルメイクとギャル服にギャル風言葉遣いがお客さまから好まれると。「マジ、ウケるんだけど」的な受け答えが、ちょうどいいとか。彼女は研究に研究を重ねて、わたくしが並んで歩くと恥ずかしいくらいのアラフォーギャル化した結果、お店では大変な人気者となり、お金が儲かってしょうがないとか。

なのでね、印象を変えると金運も上がって、経済効果も生まれるわけだから、心してオーディエンス(観客)の好みを見極め、お好み通りのルックスとしゃべりを提供できるといいんじゃないかな。

 

●主演女優の脚本は敬語で。

ただ、しゃべりは五反田の熟キャバ嬢くらいのプロフェッショナルみたいにさじ加減をわかってるなら崩してもいいけれど、場数が足りないシロウト女優なら、職場では常に敬語を使うのが無難よね。目上のひとにはもちろん、同期やアルバイトさんに対しても、丁寧に接しておくに越したことはない。相手に敬意を表す女優でいることで、相手からの印象もよくなるし。それから距離感っていうのも大事なポイント。初対面でいきなり詰めてこられると困るひとも多いから、最初は心もち「遠いかな」くらいを保ちたいわね。そのために敬語が役に立つから。相手に「近すぎ!」と警戒されることを防ぎつつ、いきなり近寄りすぎるひとから自分のことを守ることことにもなる。気を許して砕けるのは、それぞれのひととなりが見えるくらい慣れてからで十分でしょ。

以上、職場ではそんなところかな。基本、ひとに、そして、場に対して礼儀と誠意を尽くせば大丈夫なんじゃないかしら。

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)。占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)