人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.11「職場における上下関係を解決できる、女優になる」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.11「職場における上下関係を解決できる、女優になる」

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい?女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その11

「第一印象で心をつかむ、女優になる 〜職場編〜」

 

●女優には子役から脱皮するときがくる。

いい?アンタたちったら、まったくわかってない!入社して数年もすれば、いつまでも後輩ヅラしちゃいられないんだから。これまでは気難しい上司への対応も、先輩が間に入ってくれたから安全圏にいられたのかもしれないけど、これからは自分が自分で対応して、なんなら右も左もわからない後輩を守ってあげないといけない立場になっていくんだからね!

 

●ハリウッドにはいいお手本がいっぱい。

職場での人間関係の難しさって、もともとの性格的な合う合わないとかもあるけれど、お相手の立場によって対応を変えなきゃいけないところにあるわよね。さらに『Ginza』世代はちょうど後輩から先輩へと社内での立ち位置が変わっていく時期にいるから、自分そのものもアップデートした方がいい。つまり、職場を舞台とする女優として、役柄、演じ方を変える時期が来たということ。女優的には子役から大人の女優に変身するようなもんだから、結構難しいのよね。ナタリー・ポートマンやエマ・ワトソンみたいに、うまいことやれるといいのだけど。

 

●同じ演技でも、年齢・役職で周りの評価は変わっていく。

特に職場という劇場では監督からの明確な指示がないのがほとんどだから、難易度が高くなっちゃうのよね。後輩に指示出し、指導する立場になったとしても、具体的にどう振る舞えばいいか。また、脚本を書こうにも未知の領域だから、筆も進まないでしょ。 大事なのは、年齢や役職で周りからの見られ方が変わっていくことを認識すること。そこからスタートだから。学生なら「えーっ、わかんない〜」が許されても、社会人には許されないというのと一緒で、平社員には許されても役職がついてくると許されないことなんかが出てくるし、同じ言葉を発しても受け取られ方が変わってくるから。たとえば、後輩の立場での「お願いします」と違って、先輩や上司からの「お願いします」には命令的な意味合いが含まれるようになるとか。自分では命令したり、偉そうなつもりがなくても、相手には違うニュアンスで伝えってしまうことがあるということを自覚した方がいい。

 

●自分で動けるのが、大人。

それから、自分で動くということも大事ね。後輩、部下でいるだけなら、指示を待って動くというのもアリだけど、先輩になり、年齢も役職も上がっていくなかにあっては、指示するのは自分だし、指示する内容を考えるのも自分だし、指示する内容の許可を先輩や上司にとるのも自分である。ということを常に念頭に置きながら動くと、上司・先輩とも部下・後輩ともスムーズな関係が演じられるんじゃないかな。

 

●ホステスは色気を捨てて脱皮する。

ホステスにもね、子役から大人へと脱皮する時期があるのよね。若いヘルプのときはお客さまからガンガン口説かれて、それが仕事でもあったけど、年齢もいって、売上に責任ももつ立場になると「もう、女でお客引っ張るのはやめよう」って営業方針を変えるわけ。で、今度はいかにヘルプに前線に立ってもらってバンバン、ヒットを打ってもらうかという監督業に心を割くようにもなっていく。するとお客さまへの目線の送り方から声の出し方まで、変わっていくから。で、それがそのときの自分にとって、お店にとって、お客さまにとって、自然で居心地のいい流れになって、すべてがうまく回っていくようになるの。 今、職場で自分の演技に違和感があるなら、大人の女優への脱皮がうまくできてないのかもしれないから、ちょっと気をつけてやってみて。きっと、うまくいくようになるから。

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)。占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)