人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.2「銀ブラ途中のカフェで、女優になる」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.2「銀ブラ途中のカフェで、女優になる」

Share it!

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい?女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その2

「銀ブラ途中のカフェで、女優になる」

 

●銀ブラのメッカ、銀座通りはメインストリートではない!?

いい?アンタたちったら、まったくわかってない!銀座のメインストリートといえば、中央通りとも銀座通りとも呼ばれる、三越と和光のある通りのことだと思ってるでしょ。でもね、それは昼間の話。それもカタギにとっての話なの。いい?ホステスだったわたくしにとって、まだ日が暮れてない時間帯にあの通りを歩くことって、ほとんど肝試しだったなんて、カタギのアンタたちにはわからないでしょ? 昭和の時代はね、銀座っつったら‘よそゆき’の服で出かける雲の上にあるような高級な街だったのよ。きっと、その頃ならハイブランドのワンピースや着物で、あの大通りを歩いても違和感はなかったはずよ。でもね、時代がどんどんカジュアルになっちゃって、10cmヒールで着飾って、美容院で頭をセットして銀座を歩く女なんて、今の時代、99%ホステスじゃない? わたくしはねぇ、銀座の1丁目から2丁目にかけて歩いているときに、同世代のそこそこイケメンがわたくしのことを「あのコ、めっちゃかわいい!」って言ってくれてるのに、そのツレが「ばか、あれホステスだぞ」とたしなめちゃって、「あ、ホントだ」ってそこそこイケメンが、わたくしを「問題外」にして以来、ホステスに見える格好であのへんを歩くのがトラウマになってるんだから! 確かに、お金をがっぽり儲けようという女狐として生きていましたけど、あなたさまから1円だって、引っ張ってませんよね? そう声を出して申し上げたいです。

 

●昼と夜で変わる、銀座という舞台。

全然、わかってないアンタたちに教えてあげるけど、日が暮れたら銀座のメインストリートは1~4丁目から5~8丁目に、銀座通り(中央通り)から並木通りにガラリと変わるんだから。そこを押さえておかないと、ちゃんとした銀ブラはできないから。いい?昼のメインストリート、1~4丁目でなおかつ銀座通りを中心とする界隈にあるカフェっていうのは、デパートやブティックでお買い物した後にひと息つく場所なの。アップルストアで携帯買い換えた後にお茶飲むところなのよ。でもね、5~6丁目で並木通りを中心とするエリアにあるカフェや喫茶店っていうのはね、黒服がスカウトした女の子を入店させるために口説いたり、ホステスが今後の営業についてママと相談したり、もしくはお客さまと同伴の待ち合わせをするための場所だから。という舞台設定をちゃんと頭に入れて、銀ブラしなきゃ。全然、いい女優になれないから。

●銀座の女にはカタギとホステスしかいない。

つまるところ、銀座の街を歩く女にはホステスと、それ以外の女しかいないわけ。そこを踏まえて、どう歩いていくか、っていうのが問われるとこなわけよ、女優としては。陽の当たる1~4丁目銀座通り近辺を、堂々とカタギとして闊歩するのか。かつてのわたくしみたいに、夜の女としてアウェイな気持ちで歩くのか。逆に5~8丁目並木通り界隈を、いろんなおねえさんや黒服、お客さまとすれ違うたびご挨拶しながら、「私の庭」状態で歩くのか。稀に、元ホステスのわたくしみたいに昼の銀座に今でも、やや気後れしつつ、夜の並木通りで昔馴染みに「元気そうだね」だなんて声をかけられるのも気恥ずかしいなんて、どっちつかずの女もいたりはするんだけどね。

 

 

●憧れの!? ホステスと競演!

で、いい? ここからがホステスと競演する、夢芝居の本番よ。舞台は銀座5~8丁目、並木通りを中心とする界隈のカフェ。時間は17時から19時。地方のクラブと違って、銀座のクラブは土日祝は休みだから、平日じゃないと意味ないわよ。とにかく、そのへんのカフェに座って、共演する女優(ホステス)が来るのを張るの。もしくはすでに着席しているホステスの近くに陣取るの。いい? できるだけ、誰かと来てるホステスのそばよ? 黒服となら、引き抜かれてお店を移転する条件交渉の話、ホステス同士ならお客さんに口説かれた話や同僚の悪口が聞けるかもしれないし、お客さんとなら見え透いたお世辞の応酬を目の当たりにできるかも! ここでのアンタの役どころは、そんな水商売の世界になんていっこも興味なんてありません! っていうポーカーフェイスで、ホステスのナマ会話に聞き耳立てまくる下世話な女だからね! どんなに話がおもしろくても、知ら~んフリしてスマホいじったり、コーヒーすすったりしないとダメなの。銀座でおいしいフレンチの店とか、上手なエステやネイルサロンのお店の情報とかはほかを当たって。わたくしがアンタたちに教えてあげられるのは、銀ブラするカタギの女の顔をして、ホステスのホームグラウンドで最大限に楽しむ演技だけだから。じゃ、そんなことで。

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント