人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.4「大掃除で悪運とおさらばする、女優になる」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.4「大掃除で悪運とおさらばする、女優になる」

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい? 女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その4

「大掃除で悪運とおさらばする、女優になる」

 

●寒ブリ宣言を過ぎた大掃除は、遅すぎる。

いい? アンタたちったら、まったくわかってない! 来年こそ開運するぞ! 大掃除しなきゃ! って意気込んでるみたいだけど、大掃除っていうのはね、12月31日に慌ててやるもんじゃないのよ。ズワイガニ漁の解禁どころか、ひみ寒ブリ宣言の後でも遅いくらい。来年の占い本が各種出揃う10月くらいから始めないと。だって、その時点で来年の春夏には着ない服や靴ってわかってるでしょ? そういうものを処分するところから、よい年を迎えるための大掃除は始まっているんですから。もっと言うと、毎日が大掃除だから。日々、ちょっとずつカーテンやクッションカバーを洗って、窓ガラスを磨いてってことをやっていれば、12月だからって特別に頑張らなくっていいわけ。でも、みんな恋に仕事に忙しすぎて、そんなことやってらんないだろうから、せめて今から始めてほしい。

 

●いい女の「役」じゃなく、「厄」に憑かれてどうするの?

女優もいろいろだけど、「役に取り憑かれたよう」って演じ方ってあるじゃない? いい? 実際に事務所に所属してて、舞台やドラマですすけた女や不幸な女を演じるのがお仕事っていうのならともかく、「人生における女優」であるわたくしたちが演じる役はただひとつ、「幸せないい女」だから。そこを起点になんでも考えてほしいわけ。で、お母さんがおせちをつくってるときに、必死こいて自分の部屋の掃除に取り組んで、こんなんじゃ元旦までにきれいになんないぐわ〜〜!!!! なんてやってると、ヘトヘトになるでしょ? それね、憑かれだから。疲れ=憑かれ。1年かけて溜まりに溜まった邪気に憑かれて、疲れたわけ。それって「幸せないい女」役を演じる女優として、どうなの?

●ヤクブツ厳禁!

ヤクブツで身をもち崩す芸能人も多いけど、わたくしたち女優は常に身の回りに災いをもたらす厄物(ヤクブツ)に憑かれる危険にさらされてるから。厄物を見つけたら、即座に処分するクセをつけないと。最初から厄物だったものなんてごくわずか。輝いていたものが、厄物になるから要注意。素敵な彼からもらった素敵なアクセサリーは恋が終わった途端、厄物化。怖いよね〜。こんなにいい女をフッた男との思い出の品、携帯に保存した写真&メッセージの数々。ワンチャンで終わった男と勝負したときの下着。以上の血なまぐさい物品は、すべて厄が取り憑いた「厄物」として、速やかに処分しないと。えっ、夏に別れた彼とラブラブしたときのシーツ、まだ捨ててないって? 正直、そんな事故現場のものなら、ベッドごと捨てたっていいくらい。てか、引っ越してもいいくらいの劇厄物だから。あとは、血迷って買った似合わないワンピースやなぜか保管してある映画や美術館のチケットの半券、読まない雑誌などなど、不要なものとはすべておさらばしちゃいましょう。

 

 

●ヤクブツの小分け除去を推奨。

ホコリや汚れも当然、厄物なわけで、厄物除去に徹底的に励むのが大掃除なわけ。厄物を処分して、厄物があった場所を掃除機かけるなり、拭き掃除するなりしてきれいに清めていく。この作業を日々、小分けしてやっていくと憑かれにくい。たとえば、窓拭きは1回で完璧を目指さず、1回目はざっと適当に汚れを取るだけにして、次にもうちょっときれいになるように拭いておいて、12月30日にピカピカに拭き上げる、とか。で、来年からはこれを日常の習慣に取り入れていくと、確実に憑かれにくい開運体質に。そうやって役を落としたまっさらな状態こそ、まさに女優向き。これで「幸せないい女」を演じるベースができたというわけ。頑張って。

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)