人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.3「クリスマスに男がいなくても強く生き抜く、女優になる」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.3「クリスマスに男がいなくても強く生き抜く、女優になる」

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい?女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その3

「クリスマスに男がいなくても強く生き抜く、女優になる」

 

●クリスマスに彼がいなくて、落ち込む女の共通項。 

いい? アンタたちったら、まったくわかってない!クリスマスに彼氏がいないからどうしようって、んなもん、今年の12月24日は祝日だからいつものお休みの日みたいに、長めにベッドでダラダラしてから起きて、ゆっくりすればいいんじゃないの?
わたくし、長年、お悩み相談コラム書いたり、他人さまを占ってきて思うんだけど、苦しくて、生きているのが辛くなりがちなひとって、共通することがかなり多いのよね。ひとつは現実を見もせずに勝手に「理想の自分」「理想の生き方」を思い描いちゃって、「なぜ、現実は違うんだ!」ってなるパターン。しかもこの手の方々ってば、他人さまから自分が思い描く「理想の自分」として扱ってもらいたい思いが強過ぎ。そういうものは、押しつけるもんじゃないんだから、ということがわかってない。

 

●クリぼっちが辛い女の人生はハードモード。

もうひとつは、そんな理想の自分になったり、理想の生き方をするのに期限を設けちゃうパターン。29歳までに結婚・出産!とか。で、その締め切りを過ぎても現実がそうじゃないと苦しくなっちゃうっていう。
「クリスマスは彼氏と過ごすもの。なのに彼氏がいない!」と落ち込むひとというのは、上記パターンの合わせ技で自分を追い込んじゃってるわけ。「クリスマスまでに」と期間を設定して「彼氏がいる私」という現実を見ない理想を思い描いちゃってる。いつまでもそんな考え方しかできないようじゃ、今後の長い女人生を生き抜いていけないわよ!!!人生なんてね、理想の締め切りが守れないことだらけだし、理想の自分になんてなれないことだらけなんだから。

 

●恋に落ちることと、彼氏をつくるのは別のこと。

そしてもうひとつ。アンタたちは恋がしたいんじゃなくて、彼氏が欲しいだけなの?いい?いい女優は彼氏つくったりなんて、しないから。いい女優は、ただ恋に落ちるだけなの。今までを振り返ってごらんなさいよ。彼氏をつくろうつくろうとしてつくれた?つくれたとしてその男と本当の恋に落ちた?がっついたり焦って付き合った男と、いい関係になれた?彼氏が欲しいと思わなくても、むしろ好きになんてなりたくなかったのに落ちてしまうのが恋なんじゃないの?それでちゃんと関係を築けた相手が彼氏になったというだけなんじゃないの?女優ならね、クリスマスとか関係なく、恋をするなら魂燃やさないと!

 

 

●祝日クリスマスのレストランは地味。

そうは言っても、男がいないアンタたちは、叶うものならば、クリスマスに彼氏とレストランに行きたいって思うかもしれない。現実を見たらいいと思う。わたくしのこれまでの経験から言うと、平日クリスマスの高級レストランは不倫カップルも参加できるイベント。女が着てるコートも、男が渡すプレゼントのブランドも格段にいい。ところが、今年みたいに土日祝日のクリスマスは妻や正式な彼女といった本命限定の日。気合いが入ったおしゃれをしてるひとも少なければ、会話も少ない。プレゼントも地味目。みんなね、そんなもんだから。

 

●魂を解放する!

だからね、無理して彼氏をつくろうとしたり、友だちかき集めてパーティしなくたっていいと思う。今年のクリスマスは「期限を設けて、理想の自分や人生を決め付けない」マインドから解き放たれた女を演じてみるのはどう?いきなり人生、イージーモードになるから、やる価値は大いにあり!もうクリスマスだろうが、なんだろうが関係なくなるから。もちろん、クリスマスを楽しめるならそれでもいい。自分を苦しめる枠を取り払ったら、もっとアンタたちの演技は人生の舞台で輝くはずよ!

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)