人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.5「冬こそホットビューティな、女優になる」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.5「冬こそホットビューティな、女優になる」

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい?女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その5

「冬こそホットビューティな、女優になる」

 

●ひょっとしてババシャツで出かけてたりしないよね? 

いい? アンタたちったら、まったくわかってない!女は、ひとたび外に出たら女優なの。演じながら生きていくという、因果な業を背負ってるの。その日、家に帰ったら好きな漫画を3日かけて30巻読むつもりだったのに、なんとなんと、2年以上片思いしてきた憧れの先輩に誘われて、夜を共にすることになる!なんてドラマがいつ起こってもおかしくない人生を送ってるわけ。だからね、寒いからって毛糸のパンツ履いて腹巻して、ババシャツ着て出かけるわけにはいかないのよ。袖からはみ出さないようにって七分袖にしてても、脱いだらババシャツだから!
とはいえ冷えは女優の敵! 冷えると血行が悪くなって、お肌のツヤが失われるし、便秘や肩こり、その他もろもろ、いいとこなし。じゃあどうするの? って。

 

●女優は基礎力が大事。

結局、長年、女やってみてわかったんだけど、演じるためにはいろんな意味での基礎力が必要なのよね。うわべのトークで取り繕っても本性は隠せないし、ファンデーション塗りたくって明るいライトで飛ばしても素顔の荒れは消えないし。身も心も裸になったときの素の力ってやつが、場面、場面でにじみ出てくる。それはどんなにいい脚本や演出をつけても、どうにもならないことなわけ。矛盾しているようだけど女優には、女優という看板を取り払ったときの素の魅力が求められてるの。で、それって便利グッズ買ってきてなんとかなるようなインスタントなものじゃないのよ。毎日コツコツ、積み上げていって、やっと、なんとかなるものなの。
冷えも同じ。ホッカイロやもこもこソックスも取り去って、裸になったときでも冷えにくい、温かな体をつくるには日々の積み重ねが大事。結局ね、食事を3食ちゃんととって、寝る前に湯船に浸かって、睡眠もちゃんととって…を繰り返すしかない。わたくしの個人的経験から冷えを防ぐには〜。

 

●食事

毎食温かいものをお腹に入れて。特に重要なのは朝ごはん。なんでもいいので必ず温かい液体を1品はプラス! インスタントのスープやお味噌汁でもいいし、なんならお白湯でも。

 

●お風呂

湯船に浸かるのはもちろんですが、お風呂に入る前、温かい飲み物を1杯飲んでおくと、温まり方が違う!発汗作用もあって、潤い肌に。

●寝るとき

まずパジャマ。ジャージで寝てるひと、多いと思うけど、寝汗を外に逃してくれる素材ではないので快適な睡眠には不向き。薄手で汗で出た水分を外に逃してくれる素材のものを選ぶこと。それからベッドルームは室温もさることながら湿度が重要。乾燥している場合は加湿器で50〜60%をキープ。足が冷えて眠れないときは湯たんぽを使って。そして、ひとり寝のときはおへそが隠れるデカパンを。これ、寝るときだけでいいからね!

 

●運動

そして、怠けグセがついてる女にとっては最もハードルが高いけど、ちゃんと続けると一番効果があるのが運動。脂肪は冷えの素、筋肉量が増えれば冷えにくくなるってのはもう有名な話よね?軽くウォーキングするだけでもやらないよりマシだけど、できたらストレッチからの体が引き締まるようなエクササイズを。さらにできたら、暖房のないところでも体が汗ばむくらいのことをやってほしい。筋肉がつくと冷えにくくなるだけじゃなく、血の巡りがよくなるから肩も凝りにくくなるし、肌ツヤやスタイルもよくなっていいことづくめ!
そんなこんなを冬だけじゃなく、春が来て夏になって秋が過ぎても続けていけば、脱いでも冷えないホットビューティな女優になれるはず。アンタたち、頑張ってよ!

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)