人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.7「バレンタインでキメる、女優になる」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.7「バレンタインでキメる、女優になる」

Share it!

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい?女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その7

「バレンタインでキメる、女優になる」

 

●甘いもの嫌いの男に、おせんべいは正解?

いい?アンタたちったら、まったくわかってない!バレンタインだけど、お目当の彼は甘いものが好きじゃないから、おせんべいあげようだなんて思っちゃいないでしょうね?怖いわ〜、これだからシロウトは。そんなことしたら、昔のわたくしみたいにがっかりされちゃうわよ!

 

●もらえなかったら…男はビクビクしている。

毎年2月14日のバレンタインデーっていうのは世界的に愛を誓う日。カップルにとってはもちろん、独り身の男女にとっても聖なる日なわけ。だって、一応、日本では女子が男子に告白しやすい日ってことで長年やってきたわけだから、片思いを打ち明けるには絶好の日だし、特に男にとっては「もらえるかな」「もらえなかったらどうしよう」って朝から晩までドキドキしっぱなしの特別な1日になるわけよ。もちろん、女優として、腕の見せ所満載の1日なわけ。

 

●男はチョコを期待している。

そこで、あんた甘いもの絶対食べないけど、毎晩飲んでるから「ビールのお供に」って、高級百貨店の地下で選びに選んだ、わたくしだって食べたいわ!っていうめちゃくちゃおいしそうな高級えびせん詰め合わせセットをあげたのに、「チョコレートじゃない」っていう理由でがっかりされるのも当たり前なわけ。だって、彼曰く「えびせんもらっても、チョコレートじゃないから数に入らない」って。「甘いものが好きじゃない彼を気遣って、えびせんあげるわたくし、いい女!」っていう設定で、脚本書いて、演出して、見事に演じきった舞台が、たったひとりの観客にダメ出しされたときの衝撃ときたら……。

元銀座ホステス 藤島佑雪の女優塾

●お母さんからのチョコも1個にカウント!

わかる?男ってやつは、すごくモテたい生き物なの。すでにモテてても、さらにモテたいし、モテてなくても「せめてバレンタインくらいは」って、微かな希望を抱きながら、仕事頑張ったりして生きてるわけ。そういう男どもにとって、会社の女子社員に義理でもらった大詰め袋からみんなに配られた1粒ずつのチョコだって、フランスでイケイケのブランドの1万円のチョコと同じく「1個」なのよ。で、その貴重な1個をくれた女に、感謝感激するのよ。「モテさせてくれて、ありがとう!」って。そんな男心を知り抜いている日本の母は、誰からももらえなかったら大変! ってことで「お母さんからの1個」を用意しているのよね。さすが、大女優は違いますよ。

 

●女が主役じゃなく、脇役に徹する日。

つまり、バレンタインデーっていうのはお目当の男をお母さんもろとも「チョコレートをもらえるモテ男」という主役に祭り上げて、女が脇役として彼を徹底的に輝かせる演技をするための特別な日なわけ。そのポイントさえ押さえておけば、まずは女優として合格なんじゃないかしら。

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント