人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.8「デートでの‘おご・らりるれろ’5段活用が上手な、女優になる 第2回」

人生、演じてナンボ!元銀座ホステス藤島佑雪の女優塾 vol.8「デートでの‘おご・らりるれろ’5段活用が上手な、女優になる 第2回」

人生はいつだって夢芝居。演じるほどに華やぐの。いい?女は女優よ。目を腫らすまで泣いてブサイクになっても、演じている限りはスポットライトの当たる女優なの。そして、監督で脚本家で照明係で音響係なのよ。何ひとつ、わかっちゃいないアンタたちのために銀座アガリのわたくしが、女の生き方をとことん、教えてあげるわよ。

 

その8

「デートでの‘おご・らりるれろ’5段活用が上手な、女優になる 第2回」

 

●おごり・おごられの演技方針は主演女優が決めればいい。

いい? アンタたちったら、まったくわかってない!のもしょうがないわよねぇという、デートにおける、おごり・おごられ問題。今回は第2回目(第1回目はこちら)。

どんなときにおごられて、どんなときにおごられずに割り勘の演技をしたらいいのか。そこに絶対的な正解がないから、みんな女優として困っているんだと思うんだけど。はっきり言って、デートという舞台で当事者であるならば、主演女優なわけじゃない?かつ、監督兼脚本家でもあるわけでしょ?演技方針は自分で決めればいいんじゃないかしら。

多くの女性が会計時の演技方針で悩むのって、お相手やシチュエーションで演じ分けるカメレオン女優になろうとするからよね?でも、それがやりたい方向性?本当に?今後も毎回、たかだか食事の会計ごときに悩む生き方をしていくわけ? それが自分の望む道なの?

 

●お財布という小道具すら持ち歩かないお姫さま女優。

男なんかに振り回されず、我が道をゆく。それもひとつの女優道じゃない? わたくしの友人には男とのデートに、財布すらもっていかないという剛の者が。彼女の言い分は「向こうから誘ってきて、向こうがお店決めてて、向こうが私に会いたいんだから当然」。いつもドアトゥドアで送り迎えしてもらって、本当にただの1円も出さず。大丈夫。彼女は独身時代はモテを謳歌し、無事に結婚済み。

 

●ひたすら割り勘道をゆく男女平等派。

彼女とは真逆の女優道を貫いた剛の者の話もするわね。彼女はゴリゴリの男女平等論者。お金の支払いぽっちのことで、男にリード権を奪われるのは我慢がならないという彼女は、20歳上のバツイチ金持ちとのデートでも、断固として割り勘を譲らず。マックから3ツ星まで、きれいに割り勘を貫き、結果、彼とゴールイン。子供にも恵まれ、幸せに。

デートの会計

●デートの会計に生きざまが表れる。

デート時の会計って、女優としての生きざまを男に見せつけてやる場なわけだから、そこで合わなかったら、一緒に暮らせば、もっと合わないわけで。逆に自分の思うがままの演技を受け入れてくれるかを見るには、これほど絶好の機会もないわけだから。わたくしは自分の個性をはっきり打ち出したらいいんじゃないかと。

 

●お相手の本性を見破る。

わたくしの場合は、お相手がどんな男優なのかを見てみたいから、あえてカメレオンになって試してみるかな。基本、デートなら誘った方が全額払って当たり前。また、お相手がお店を決めた場合、値段が高ければ高いほど、ゴチというのが常識だと思うけど、向こうはどういう感覚なのかをすごく知りたい。なので、「これは当然、ゴチでしょ」という場面でも最低3回は「いくらお支払いすればいいですか?」というセリフを繰り返し、そこで3回とも「いらない」と言われれば、引き下がるのが常。まあ、そのへんは彼との関係や、そのときの空気感を読めば、3回も言わなくてもいいこともありますが、同世代でそこまで稼いでなさそうな男優さんには3回言うのが無難かなと。で、「いくらお支払いすればいいですか?」を言う場面は、テーブルチェックなら、お店の方が請求書を彼に渡して引き下がった後。レジでならレジ前で。

別にごちそうしてくださる方に対して、わたくしには「ごちそうになって申し訳ない」というメンタリティはまったくないながらも、物事がスムーズにいく方がいいので、一緒に乗ったタクシーや、ちょっと入ったカフェでお相手に細かいお金がないようなら、パッと支払ってしまったりもするので、そのへんも自分の塩梅で。

 

●男優の見栄は続かない。

ただね、男優はみんな女優の前では見栄っ張りなんで。しかも口説き落とす前は、びっくりするほど見栄を張っているものなんで、そこだけ勘違いしないように。お付き合いが始まったら、「いくらお支払いすればいいですか?」と聞くのではなく、およそ半額と思われる金額をお相手に握らせて、いくらか返ってくれば、返ってきただし、こなければそのまま、むしろ、「あと千円いいかな」とご所望されれば、その通りにすればいい。

どっちにしても、ごちそうしてもらったら、その場で直接、それからデート後にラインでお礼を言うのを忘れないでおけば、ひとまず女優としてオッケーなんじゃないかしら。

藤島佑雪 ふじしま ゆうせつ

占い師・開運アドバイザー。元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『食ベログマガジン』で「出世ごはん」の連載中。

Illustration: Momoko Ono    Edit:Karin Ohira

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)