街中がまるでテーマパーク! ロンドンのクリスマスデコレーションは目立ってナンボ!? – エディター天野志穂のLONDON 04

街中がまるでテーマパーク! ロンドンのクリスマスデコレーションは目立ってナンボ!? – エディター天野志穂のLONDON 04

こんにちは、エディターの天野です。この時期のロンドンは、心躍るディスプレイやライトアップで街中がキラキラ。いくら寒がりの私でも外へ出かけずにはいられないほど。はい、毎年のことですが、はっきり言って浮足だっております(笑)。でも、あっちもこっちもクリスマス気分でいっぱいのロンドンの様子を見たら、気分があがるのも納得いただけるはず!

 

 

ginzamag_04_01

まずは、毎年派手にイルミネーションされるロンドンの目抜き通り、オックスフォードストリート。

ginzamag_04_02

点灯式には多くの人が集まるリージェンツトトリートは、最初にクリスマスライトアップをした1954年のディスプレイをオマージュした天使が。

 

 

リージェントストリート沿いにある、ホテル「カフェ・ロイヤル」では、建物そのものをスクリーンにサンタクロースのムービーを。これには街ゆく人もしばらく足を止めて釘付け。

ginzamag_04_03 ginzamag_04_04 ginzamag_04_05 ginzamag_04_06 ginzamag_04_07

 

デパートやストアも、もちろんクリスマス一色。

ginzamag_04_08

いつもよりさらにパワーアップし、ライトアップが圧巻のハロッズ。

 

ginzamag_04_09

リバティは、ナッツクラッカーが今年のテーマ。正面エントランスにはナッツクラッカーの人形。

ginzamag_04_10

 

ウィンドウディスプレイは、バレエのナッツクラッカーの舞台をミニチュアで。本当は動くんです、人形たちが! 写真だと素敵さが伝わらなくて残念。

ginzamag_04_11 ginzamag_04_12

 

ginzamag_04_13

メイフェアにあるステラ マッカートニーのショップのデコ電飾も毎年お見事!

 

 

そして、スケートリンクが突如出現するのもロンドンの冬の風物詩。

ginzamag_04_14

フォートナム&メイソンの巨大ツリーが飾られたサマーセットハウスのスケートリンクは毎冬のイベント。

ginzamag_04_15

ライトアッップがドラマティックな自然史博物館。小さなスケートリンクはいつも大混雑です。

 

 

極めつけは、ハイドパークにできる移動遊園地、ウィンター・ワンダーランド。

ginzamag_04_16

入場は無料で、アトラクションのみ有料。クリスマスマーケットもあり、パブ的なものもあり、お酒OK。温かいマルドワイン飲みながら、なんて大人も楽しめる遊園地なのです。

ginzamag_04_17 ginzamag_04_18 ginzamag_04_19

 

子供から大人まで、みんながご機嫌なFestiveシーズン。しばらくは、街中が賑やかで楽しい雰囲気なので、この時期のロンドンも嫌いじゃないなぁ、やっぱり(寒いのを除けば)。メリークリスマス!!

 

 

おまけ。

この時期に街でよく見かけるもの。

ginzamag_04_20 ginzamag_04_21

生木のクリスマスツリー売り場とクリスマスジャンパー(イギリスではセーターのことをジャンパーと言います)。子供たちは学校でクリスマスジャンパーディというものがあって、クリスマス柄のセーターを着て行く日なのだとか。でも、大人がクリスマスパーティで着るのも、こっちではお約束なんですけどね。あぁ、やっぱりみーんな浮かれポンチで楽しい!!!


■ 過去の記事はこちら ■

ロンドンから発信する予定ですが、 今回はいま最もアツい街、キューバのお話。エディター天野志穂のLONDON 01

ハバナから世界遺産の町、トリニダーへショートトリップ。エディター天野志穂のLONDON 02

ストリートアートとイーストロンドンのいい関係  エディター天野志穂のLONDON 03


天野志穂

Shiho Amano
エディター&ライター。出版社の雑誌編集者だった2013年、ロンドンに住むチャンスに恵まれ、二つ返事で渡英。以降、フリーランスとして活動中。すでにクリスマスツリーも買い、オーナメントの飾り付けもして、あとはクリスマスを待つばかり! でも、実は当日よりもそれまでの時間がウキウキして楽しいのよね。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)