クチュリエ界の建築家、 クリストバル・バレンシアガ展。 エディター天野志穂のLONDON 12

クチュリエ界の建築家、 クリストバル・バレンシアガ展。 エディター天野志穂のLONDON 12

こんにちは。エディターの天野です。好きなデザイナーを挙げるなら、トップ3に間違いなくランクインするのがクリストバル・バレンシアガ。そのバレンシアガの展覧会がV&Aミュージアムで開催中とあれば、行かないわけにはいかない。ということで、今回は“BALENCIAGA : Shaping Fashion”へ行ってきました。

 ginzamag12_02

1895年スペインのバスク地方、ゲタリアで生まれたクリストバル。裁縫師だった母親の影響もあり、マドリードのテイラーで修行を積み、1917年、22歳でサン・セバスチャン近郊に最初のアトリエを開設。その後、スペイン内戦の影響もありパリの拠点を移し、1937年パリで初となるオートクチュールコレクションを発表というのが、ざっくりとした歴史。

今年はアトリエオープ100周年、初のオートクチュールから80年という節目の年でもあり、このエキシビションが開催されました。

ginzamag12_03

 

“A couturier must be an architect for design, a sculptor for shape, a painter for colour, a musician for harmony, and a philosopher for temperance”

(クチュリエはデザインにおいて建築家でなければならない。シェイプについては彫刻家であり、色に関しては画家であり、調和においては音楽家。そして節制については哲学者でなくては。)

上記はクリストバルの言葉。ココ・シャネルをもって「真のクチュリエ」と言わしめた彼は、デザインから裁断、組み立て、縫製までひとりでこなしたとか。完璧なデザインを求め、妥協を許さない緻密さが特にシェイプに現れているということで、今回の展覧会ではX線の技術を駆使してドレスの見えない細部にもフォーカスした展示も見もの。手描きのスケッチやパターンとともにディスプレイされていました。このユニークさはさすがV&Aミュージアム。

ginzamag12_04

ginzamag12_05

ginzamag12_06

ginzamag12_07

ginzamag12_08

ginzamag12_09

 

さらには、ドレスを裏返して展示するなんて荒技も!

ginzamag12_10

 

こちらはスカートにもケープにもなる2WAYガーメント。そのレプリカがディスプレイのすぐ近くにあり、トライすることも可能。壁にはクリストバルの名言が。

ginzamag12_11

ginzamag12_12

 

彼のクチュリエとしての敏腕さをいろいろな手法でフォーカスすることで、コレクションの魅力がより一層引き出されている気がします。

ginzamag12_13

ginzamag12_14

ginzamag12_15

ginzamag12_16

 

クリストバルが活躍したのは、おもに50年代と60年代。決して古びることのない彼のデザインは、今でも多くのデザイナーに影響を与えています。ということで、上のフロアには彼の影響を受けた現代のデザイナーたちのコレクションピースや、クリストバルについて語った言葉が展示されていて、とても興味深い。

ginzamag12_17

 

弟子であり親交も深かったユベール・ド・ジバンシィのドレスと言葉。

ginzamag12_18

ginzamag12_19

 

1983年のコム・デ・ギャルソン。

ginzamag12_20

 

2015年のアーデム。

ginzamag12_21

 

さらには、現在のバレンシアガのクリエイティブ・デザイナー、デムナ・ヴァザリアの言葉。

ginzamag12_22

 

モリー・ゴダードやガレス・ピューなどのインタビュー映像も。

ginzamag12_23

 

クリストバル・バレンシアガが生み出すクチュールの世界にうっとりしつつも、彼はどこまで完璧主義だったのかと考えずにはいられなかった展覧会。ま、常に完璧を追求したからこその美しさであり、クチュール界の建築家と呼ばれる所以なわけで。惚れ惚れするほどの職人気質に、あぁ、ますますファンになってしまった。素晴らしい!

 

Victoria & Albert Museum:BALENCIAGA Shaping Fashion
https://www.vam.ac.uk/exhibitions/balenciaga-shaping-fashion
来年2月18日まで開催中。

 

ロンドンで一番素敵だと信じているミュージアム、V&Aに来たら絶対に中庭とカフェもチェックしてみてくださいね。

ginzamag12_24

ginzamag12_25

 

おまけ。
生まれ故郷であるスペインのゲタリアにあるクリストバル・バレンシアガのミュージアム。所蔵するコレクションはまさに宝の山。サン・セバスチャンからバスで行けますよ。(写真は2014年に行ったときのもの。)

ginzamag12_26

ginzamag12_27

ginzamag12_28

天野志穂

Shiho Amano
エディター&ライター。出版社の雑誌編集者だった2013年、ロンドンに住むチャンスに恵まれ、二つ返事で渡英。以降、フリーランスとして活動中。初夏のロンドンは本当に気持ちいいので、あちこちのエキシビションに出かけたい気分も満々に。V&Aミュージアムのもうひとつのエキシビション、ピンク・フロイド展もとっても気になっているところ。ひとっ飛びできる余裕(心とお金に)があるなら、NYのMETで開催中のコム・デ・ギャルソン展にも行きたい!

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

いま最もアツい街、キューバのお話。シャネルのクルーズショーが開催された、ハバナへ。エディター天野志穂のLONDON 01

いま最もアツい街、キューバのお話。シャネルのクルーズショーが開催された、ハバナへ。エディター天野志穂のLONDON 01

いま最もアツい街、キューバのお話。ハバナから世界遺産の町、トリニダーへショートトリップ。エディター天野志穂のLONDON 02

いま最もアツい街、キューバのお話。ハバナから世界遺産の町、トリニダーへショートトリップ。エディター天野志穂のLONDON 02

ストリートアートとイーストロンドンのいい関係 - エディター天野志穂のLONDON 03

ストリートアートとイーストロンドンのいい関係 – エディター天野志穂のLONDON 03

街中がまるでテーマパーク! ロンドンのクリスマスデコレーションは目立ってナンボ!? - エディター天野志穂のLONDON 04

街中がまるでテーマパーク! ロンドンのクリスマスデコレーションは目立ってナンボ!? – エディター天野志穂のLONDON 04

ビジュアルだけでも楽しめる! 世界各国の素敵♡が詰まった雑誌をご紹介 - エディター天野志穂のLONDON 05

ビジュアルだけでも楽しめる! 世界各国の素敵♡が詰まった雑誌をご紹介 – エディター天野志穂のLONDON 05

クリームぎっしり、甘さ控えめ。絶対流行ってる! ひとりドーナツ狂騒曲。- エディター天野志穂のLONDON 06

クリームぎっしり、甘さ控えめ。絶対流行ってる! ひとりドーナツ狂騒曲。- エディター天野志穂のLONDON 06

隅から隅まで素敵なセンス♡ファッション・ウィークで出会った TOOGOODの世界観がツボすぎ。- エディター天野志穂のLONDON 07

隅から隅まで素敵なセンス♡ファッション・ウィークで出会った TOOGOODの世界観がツボすぎ。- エディター天野志穂のLONDON 07

圧巻の作品群で60年を振り返ったら、  デイヴィッド・ホックニーは(やっぱり)すごかった。 エディター天野志穂のLONDON 08

圧巻の作品群で60年を振り返ったら、 デイヴィッド・ホックニーは(やっぱり)すごかった。 エディター天野志穂のLONDON 08

やめられない、止まらない、 お宝いっぱいのマーケット巡り。 エディター天野志穂のLONDON 09

やめられない、止まらない、 お宝いっぱいのマーケット巡り。 エディター天野志穂のLONDON 09

食品廃棄物を美味しい一品に。豊かさの裏と向き合うレストランへ。 エディター天野志穂のLONDON 10

食品廃棄物を美味しい一品に。豊かさの裏と向き合うレストランへ。 エディター天野志穂のLONDON 10

【番外編】ロンドンからひとっ飛び! “ドナウの真珠”ブダペストへ エディター天野志穂のLONDON 11

【番外編】ロンドンからひとっ飛び! “ドナウの真珠”ブダペストへ エディター天野志穂のLONDON 11

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)