【番外編】バルト三国の旅 vol.1 “バルトの真珠”ラトビアのリガへ エディター天野志穂のLONDON 14

【番外編】バルト三国の旅 vol.1 “バルトの真珠”ラトビアのリガへ エディター天野志穂のLONDON 14

こんにちは。エディターの天野です。また番外編!?というツッコミが入りそうですが、お許しを。どうしても夏の間に旅したかったんです、未知の地、バルト三国を。通常、エストニアのタリンから入り南下していくか、リトアニアのヴィリニュスから入り北上するのが王道ルートのようなのですが、フライトの都合もあり、ど真ん中のラトビアの首都リガから今回の旅はスタート。

まずは簡単に基本情報を。ラトビア共和国は、1991年にソビエト連邦から独立を回復。九州本島の1.76倍ほどの小さな国土に201.5万人が暮らし、公用語はラトビア語(「ありがとう」は「パルディエス!」)。通貨はユーロ。

ginzamag14_02ginzamag14_03

ヨーロッパでも指折りに美しいと言われるリガの旧市街(“〇〇の真珠“ってこの前も聞いたなぁと思ったら、ブダペストがドナウの真珠だった!)。街のシンボル、聖ペテロ教会の塔(地上123メートル)からリガの街並みを一望できるらしいけど、旅の初日からあいにくの雨につき断念。教会の外には、友好都市ブレーメンから贈られたブレーメンの音楽隊の像が。願いが叶うとか言い伝えでもあるのか、鼻の頭ばかりがツルツルピカピカ。

ginzamag14_04

他にも、ブルーの屋根が美しい聖母受難教会や、

ginzamag14_01

通称「三人兄弟」と呼ばれる建物など、パステルトーンの古い建物が並び、可愛らしい雰囲気。旧市街は3時間もあれば散策できちゃうほどコンパクト。

 

あっという間に旧市街は歩けてしまうので、ちょっと足を伸ばして新市街のアールヌーボー様式の建築群が並ぶエリアへ。ユーゲントシュティール(ドイツ語でアールヌーボーの意味)と呼ばれるそのエリアに着いた途端、雨足が激しくなりすぐ近くのカフェで一休みすることに。入ってみたら、なんとクラシックなカフェ!

ginzamag14_05ginzamag14_06ginzamag14_07ginzamag14_08

マホガニーの家具にシャンデリアとこってりとしたロシア調の内装。そしてティーセットもロシア製という徹底ぶり。

ginzamag14_09

窓からは外のアールヌーボー建築群が眺められという立地もナイス。

Sienna http://www.sienna.lv

 

雨足も弱まったのでさっそく新市街散策へ。ユーゲンシュティールのエリアには、ロシア人建築家エイゼンシュテインが手がけた独創的な建物がえも言われぬ存在感を放っていて、つい足が止まってしまう。特に、建物から突き出す異様なデザインの石像に目が釘付け!!

ginzamag14_10ginzamag14_11ginzamag14_13

いやいや、所変われば、って話だけど、ちょっと面白すぎる石像がいっぱいで思わず笑ってしまう。ホントに。

 

気を取り直して(笑)、最後に伝統工芸品のお話。リガを含めバルト三国はクラフトものが特産物。リガで見かけた可愛いお店をご紹介。

ginzamag14_14

リトアニアのハンドクラフト品を扱う旧市街のショップ、Latvju Lietas。

ginzamag14_15ginzamag14_16

店内では、笑顔が可愛い女性が民族衣装を着た人形作りの作業中。他にもスプーンやボードなどのウッド製品や陶器など、素朴だけど上質なアイテムが充実。

Latvju Lietas http://www.latvjulietas.lv

 

ginzamag14_17ginzamag14_18ginzamag14_19ginzamag14_20

ラトビアは編み物も有名。Hobby Woolはニットものが揃ったショップ。幾何学模様のラトビアンミトンが可愛い。

Hobby Wool http://www.hobbywool.com

 

リガの滞在時間は正味半日。それでも充分旧市街&新市街散策を楽しめたのは、日没が22時だったからかも。翌朝には高速バスでリトアニアの首都ヴィリニュスへ。次回へつづく。

 


【番外編】バルト三国の旅 vol.2 歴史も文化も奥深い街、リトアニアのヴィリニュスへ エディター天野志穂のLONDON 15

【番外編】バルト三国の旅 vol.3 新しい発見がいっぱい、エストニアのタリンへ エディター天野志穂のLONDON 16

天野志穂

Shiho Amano
エディター&ライター。出版社の雑誌編集者だった2013年、ロンドンに住むチャンスに恵まれ、二つ返事で渡英。以降、フリーランスとして活動中。今回の旅は人生で初、1週間の旅行で8割雨という、折りたたみ傘を手放せない過酷なホリデー。しかも、夏(6月末から7月)とはいえ16℃前後とジャケットマスト。普段の行い、そんなに悪かったかぁと、猛省(泣笑)。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

【番外編】バルト三国の旅 vol.2 歴史も文化も奥深い街、リトアニアのヴィリニュスへ エディター天野志穂のLONDON 15

【番外編】バルト三国の旅 vol.2 歴史も文化も奥深い街、リトアニアのヴィリニュスへ エディター天野志穂のLONDON 15

【番外編】バルト三国の旅 vol.3 新しい発見がいっぱい、エストニアのタリンへ エディター天野志穂のLONDON 16

【番外編】バルト三国の旅 vol.3 新しい発見がいっぱい、エストニアのタリンへ エディター天野志穂のLONDON 16

【番外編】バルト三国の旅のおまけ やっと晴れた!フィンランドのヘルシンキ エディター天野志穂のLONDON 17

【番外編】バルト三国の旅のおまけ やっと晴れた!フィンランドのヘルシンキ エディター天野志穂のLONDON 17

ヴィヴィアン・ウエストウッドからの愛とパッション溢れるメッセージ  エディター天野志穂のLONDON 13

ヴィヴィアン・ウエストウッドからの愛とパッション溢れるメッセージ  エディター天野志穂のLONDON 13

クチュリエ界の建築家、 クリストバル・バレンシアガ展。 エディター天野志穂のLONDON 12

クチュリエ界の建築家、 クリストバル・バレンシアガ展。 エディター天野志穂のLONDON 12

【番外編】ロンドンからひとっ飛び! “ドナウの真珠”ブダペストへ エディター天野志穂のLONDON 11

【番外編】ロンドンからひとっ飛び! “ドナウの真珠”ブダペストへ エディター天野志穂のLONDON 11

食品廃棄物を美味しい一品に。豊かさの裏と向き合うレストランへ。 エディター天野志穂のLONDON 10

食品廃棄物を美味しい一品に。豊かさの裏と向き合うレストランへ。 エディター天野志穂のLONDON 10

やめられない、止まらない、 お宝いっぱいのマーケット巡り。 エディター天野志穂のLONDON 09

やめられない、止まらない、 お宝いっぱいのマーケット巡り。 エディター天野志穂のLONDON 09

圧巻の作品群で60年を振り返ったら、  デイヴィッド・ホックニーは(やっぱり)すごかった。 エディター天野志穂のLONDON 08

圧巻の作品群で60年を振り返ったら、 デイヴィッド・ホックニーは(やっぱり)すごかった。 エディター天野志穂のLONDON 08

隅から隅まで素敵なセンス♡ファッション・ウィークで出会った TOOGOODの世界観がツボすぎ。- エディター天野志穂のLONDON 07

隅から隅まで素敵なセンス♡ファッション・ウィークで出会った TOOGOODの世界観がツボすぎ。- エディター天野志穂のLONDON 07

クリームぎっしり、甘さ控えめ。絶対流行ってる! ひとりドーナツ狂騒曲。- エディター天野志穂のLONDON 06

クリームぎっしり、甘さ控えめ。絶対流行ってる! ひとりドーナツ狂騒曲。- エディター天野志穂のLONDON 06

ビジュアルだけでも楽しめる! 世界各国の素敵♡が詰まった雑誌をご紹介 - エディター天野志穂のLONDON 05

ビジュアルだけでも楽しめる! 世界各国の素敵♡が詰まった雑誌をご紹介 – エディター天野志穂のLONDON 05

街中がまるでテーマパーク! ロンドンのクリスマスデコレーションは目立ってナンボ!? - エディター天野志穂のLONDON 04

街中がまるでテーマパーク! ロンドンのクリスマスデコレーションは目立ってナンボ!? – エディター天野志穂のLONDON 04

ストリートアートとイーストロンドンのいい関係 - エディター天野志穂のLONDON 03

ストリートアートとイーストロンドンのいい関係 – エディター天野志穂のLONDON 03

いま最もアツい街、キューバのお話。ハバナから世界遺産の町、トリニダーへショートトリップ。エディター天野志穂のLONDON 02

いま最もアツい街、キューバのお話。ハバナから世界遺産の町、トリニダーへショートトリップ。エディター天野志穂のLONDON 02

いま最もアツい街、キューバのお話。シャネルのクルーズショーが開催された、ハバナへ。エディター天野志穂のLONDON 01

いま最もアツい街、キューバのお話。シャネルのクルーズショーが開催された、ハバナへ。エディター天野志穂のLONDON 01

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)