夏の思い出をプレイバック!南仏プロヴァンスのカゴ祭り エディター天野志穂のLONDON 20

夏の思い出をプレイバック!南仏プロヴァンスのカゴ祭り エディター天野志穂のLONDON 20

ロンドンはすっかり晩秋の陽気。朝晩は気温が一桁(!?)の日もあり、さっそくもうヒーターつけちゃってます。まだ10月上旬なのに…。苦笑 寒いのが大の苦手な私としては、夏に訪れた南仏を思い出しながら少しでも気分を上げたいと思い、今回はプロヴァンスのカゴ祭りのお話を。

フランス、アヴィニョンから車で1時間弱の小さな村、Vallabregues。村の伝統工芸としてカゴ作りが盛んだった歴史があり、毎年8月にカゴ祭りが開催されているそう。そのことを知ったのは、友人のスタイリスト鍵山奈美さんから。去年に続き今年も行く予定だという彼女の話に、自称カゴフェチの私はものすっごく食いついたんだと思う。「よかったら一緒に〜」と優しく誘ってくれたので、ちゃっかり便乗して行ってきました。8月なのにグズついた天気のロンドン脱出も兼ねて。

ginzamag20_02

カゴ祭りの日は快晴。この真っ青な空ったら!2日間開催されるカゴ祭りには、フランス中からカゴ職人さんが集まり、自分たちの作品を売っています。中にはドイツからという職人さんも。

ginzamag20_03

ginzamag20_04

鍵山さんのオススメは、昔の婚礼道具として使われていた通称“フィヨンセ”というカゴ。コロンとした形が印象的な蓋つきバスケットで、とても繊細な作り。残念ながら、これを作れる職人さんの数は現在では本当に少なくなってしまったとか。写真のアンドレさんは、アンティークのフィヨンセを修復している職人さん。他にも素敵なバスケットがいっぱいで、どれを買おうか目移りしっぱなし。

ginzamag20_06

ginzamag20_07

そして、この祭りのメインイベントが村の人たち総出のパレード。昔の衣装を身にまとい、カゴの歴史を伝えるべく会場の周りを練り歩きます。

ginzamag20_08

馬車の後ろに乗っている、子供を抱いた紳士は村長さん(実はこの後、私たちをミュージアムに連れて行ってくれ、親切に村を案内してくれた優しい村長さんなんです!)。

ginzamag20_10

ginzamag20_11

衣装もカゴも、子供たちの笑顔も可愛くて、見ているだけでほのぼの。

お祭りが開催されている広場から歩いてすぐの小さなヴィレッジには、このときのためにカゴがあちこちに飾られていて、どこを見てもフォトジェニック。いや、可愛すぎて、カゴ好きにはたまらん。

ginzamag20_15

ginzamag20_17

ドアや壁の色もニクいというか、ズルいというか…。しかも、カゴ博物館まであるなんて!村長さんの計らいで、館内を丁寧に案内してもらいました。

ginzamag20_18

ginzamag20_19

ginzamag20_22

昔の暮らしがわかる写真とともに道具としてのカゴが展示され、人々の生活に根付いた民芸品であることを再確認(つい、おしゃれアイテムとして見てしまうので)。南仏の日差し眩しい中庭も趣があり、小さいけど大満足のミュージアム。

Musee de la Vannerie

 

結局、帰りの荷物の心配をしながらも3個ゲット。昼からきりっと冷えたロゼワインも飲めたし、カゴフェチとしてはなんとも幸せな夏の1日でした。そして、私のようなカゴ好きの読者さんに朗報です。スタイリストの鍵山奈美さんが、今回の南仏と主にヨーロッパで買い付けたバスケットを買えるフェア〜「フランスのカゴ事情」が〈ジャーナル・スタンダード・ラックス〉渋谷店にて、10/21(土)に1日限定で開催されます。詳細はサイトから。http://js-luxe.jp/home/

さらに一緒にカゴ祭りに行った黒田トモコさんが主宰するオンラインサイト、〈alice daisy rose〉でも彼女が集めたカゴを購入可能です。誘っていただいたお二人に感謝!やっぱり、興味があったら行動あるのみ。人生いくつになってもフットワーク軽くいたいものですね。

天野志穂

Shiho Amano
エディター&ライター。出版社の雑誌編集者だった2013年、ロンドンに住むチャンスに恵まれ、二つ返事で渡英。以降、フリーランスとして活動中。今回の旅は、ニース&アヴィニョンというコース。20年以上ぶり(!?)の南仏は空も海も底抜けに青く、素敵だった〜。念願のマティスが手がけた教会にも行けたし。何よりも魚介の美味しさに口福を噛みしめた日々。この余韻で冬を乗り切れるだろうか。はたまた、どこかへエナジーチャージの旅に出るか…。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

芸術の秋を充分満喫できる隠れ家的な美術館。エディター天野志穂のLONDON 19

芸術の秋を充分満喫できる隠れ家的な美術館。エディター天野志穂のLONDON 19

コーンウォール地方の海辺の町、セント・アイヴスでアート三昧。エディター天野志穂のLONDON 18

コーンウォール地方の海辺の町、セント・アイヴスでアート三昧。エディター天野志穂のLONDON 18

【番外編】バルト三国の旅のおまけ やっと晴れた!フィンランドのヘルシンキ エディター天野志穂のLONDON 17

【番外編】バルト三国の旅のおまけ やっと晴れた!フィンランドのヘルシンキ エディター天野志穂のLONDON 17

【番外編】バルト三国の旅 vol.3 新しい発見がいっぱい、エストニアのタリンへ エディター天野志穂のLONDON 16

【番外編】バルト三国の旅 vol.3 新しい発見がいっぱい、エストニアのタリンへ エディター天野志穂のLONDON 16

【番外編】バルト三国の旅 vol.2 歴史も文化も奥深い街、リトアニアのヴィリニュスへ エディター天野志穂のLONDON 15

【番外編】バルト三国の旅 vol.2 歴史も文化も奥深い街、リトアニアのヴィリニュスへ エディター天野志穂のLONDON 15

【番外編】バルト三国の旅 vol.1 “バルトの真珠”ラトビアのリガへ エディター天野志穂のLONDON 14

【番外編】バルト三国の旅 vol.1 “バルトの真珠”ラトビアのリガへ エディター天野志穂のLONDON 14

ヴィヴィアン・ウエストウッドからの愛とパッション溢れるメッセージ  エディター天野志穂のLONDON 13

ヴィヴィアン・ウエストウッドからの愛とパッション溢れるメッセージ  エディター天野志穂のLONDON 13

クチュリエ界の建築家、 クリストバル・バレンシアガ展。 エディター天野志穂のLONDON 12

クチュリエ界の建築家、 クリストバル・バレンシアガ展。 エディター天野志穂のLONDON 12

【番外編】ロンドンからひとっ飛び! “ドナウの真珠”ブダペストへ エディター天野志穂のLONDON 11

【番外編】ロンドンからひとっ飛び! “ドナウの真珠”ブダペストへ エディター天野志穂のLONDON 11

食品廃棄物を美味しい一品に。豊かさの裏と向き合うレストランへ。 エディター天野志穂のLONDON 10

食品廃棄物を美味しい一品に。豊かさの裏と向き合うレストランへ。 エディター天野志穂のLONDON 10

やめられない、止まらない、 お宝いっぱいのマーケット巡り。 エディター天野志穂のLONDON 09

やめられない、止まらない、 お宝いっぱいのマーケット巡り。 エディター天野志穂のLONDON 09

圧巻の作品群で60年を振り返ったら、  デイヴィッド・ホックニーは(やっぱり)すごかった。 エディター天野志穂のLONDON 08

圧巻の作品群で60年を振り返ったら、 デイヴィッド・ホックニーは(やっぱり)すごかった。 エディター天野志穂のLONDON 08

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)