SEARCH GINZA ID

「マルヨホテル」が三重県桑名市にオープン。アートやアンティークを堪能できる1日1組限定の宿

「マルヨホテル」が三重県桑名市にオープン。アートやアンティークを堪能できる1日1組限定の宿

三重県桑名市の船馬町に、1日1組限定で宿泊できる「マルヨホテル」がオープン。70年以上の歴史を持つ古民家をリノベーションした同ホテルは、名古屋の人気ギャラリー「Gallery NAO MASAKI」がインテリアデザインを担当した。


明治時代に創業した材木商「丸与木材」を改装した「マルヨホテル」。内装は「現代アートとアンティーク」がテーマで、江戸時代に描かれた杉戸絵や、昭和初期の家具デザイナー・城所右文次によるバンブーチェア、三重県四日市市にギャラリーを構える陶芸家・内田鋼一氏のカップなど、年代を問わない作品が随所に配置。訪れるたびに新たな発見があるのが魅力だ。

1階には土壁をそのまま残した趣のあるラウンジと、コンセプトの異なる2つの客室を用意。

「room 0」はレトロなインテリアや、アンティークのガラス戸が目を引く洋室。ヨーロッパ風のデザインは明治時代に鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドルに着想を得ている。

「room 1」は黒漆喰の壁がアクセントになった主寝室。雪見障子からは日光や月明かりがそそぎ込み、時間とともに変化する景色も楽しむことができる。戸外には坪庭やひのきの露天風呂が。

2階は食事や休憩用に使えるダイニング。大きな窓からは住吉神社や眼下に流れる揖斐川を一望でき、畳張りの床でゆったりとした時間を過ごすことができる。

 

朝食は挽きたてのコーヒーやできたてのクロワッサンなどが提供される。1泊1食の片泊り形式だが、近隣にある名店での夕食がセットになったプランも。ハマグリ料理で有名な「日の出」や、創業100年の老舗「平和寿司」などから選ぶことができる。

これからの旅行にぴったりな最新スポット。風情ある建築や現代アートをじっくり堪能してみたい。

「MARUYO HOTEL Semba」

住所: 三重県桑名市船馬町 23
Tel: 090-2773-0004

利用可能人数: 1~4名まで
1泊(朝食付)価格: 4名利用 1名あたり料金 ¥22,000〜、2名利用 1名あたり料金 ¥33,000〜
1泊(夕食・朝食付)価格: 4名利用 1名あたり料金 ¥30,500〜、2名利用 1名あたり料金 ¥41,500〜
*消費税別

公式ホームページ

Text: Koki Yamanashi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年12月号
2020年11月12日発売

GINZA2020年12月号

No.282 / 2020年11月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
新鮮なアイテムが必ず見つかる!
メンズ服の可能性

いま気になるのは
メンズファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)