今ニューヨークでしたい10のこと Part.1 エディター福田真梨のNYC 09

今ニューヨークでしたい10のこと Part.1 エディター福田真梨のNYC 09

Share it!

ゴールデンウィークに友達が日本からやってくる! 最近は、どこに行くのがいいかな、なんて相談されることも多いけれど、いつだって興味のあるものが似ているひとと一緒に街を回るのは楽しい。「このレストランを予約して、あのショップは移転したばかりだから行ってほしいなぁ」なんて考えていたら、極私的なトラベル・プランができました。今、ニューヨークでしたい10のこと。GWにNYを訪れる予定があったら、ぜひご参考に!

 

1. やっぱりホテルが好き。「The Beekman, a Thompson Hotel」に泊まる

160905_BEEKMAN_125974

空前のAirbnbブームが続いていますが、1泊くらい、やっぱり素敵なホテルに泊まりたくないですか? ということで、今、絶対にオススメしたいのが、「The Beekman, a Thompson Hotel」。1881年に建てられた高層ビルを大規模リノベーションして、昨年9月にオープン。一歩足を踏み入れた瞬間、まるでタイムスリップしたような古き良き趣とインテリアのセンスの良さに、も〜うっとり。「なんだよ〜もうホテルは手配しちゃったよ!」という方は、併設されているアメリカン・レストラン「Fowler & Wells」系列の「The Bar Room」へ。ここなら、予約無しでもフランクに立ち寄れる。ティータイムからカクテル、軽食も楽しめるので、ブレイクタイムにぴったり。9階に渡る吹抜空間で、贅沢なひとときを!

BEEKMANHOTEL_BEDROOM3_BJORN WALLANDER
(Photo Courtesy of The Beekman, a Thompson Hotel)
The Beekman, a Thompson Hotel
123 Nassau St, New York NY 10038
TEL:212 233 2300
営:The Bar Room/10:00〜24:00 (木ー土〜翌1:00)
休:無休

 

2. 「Otherwild NY」のショッピングでふと考えるフェミニズム

IMG_5697

Otherwild NY」 は、昨年11月にオープンしたLGBTQやフェミニズムをテーマにしたお店。グラフィック・デザインスタジオが手がけているので、ポスターに、雑貨、下着や洋服など、どのアイテムもユーモアたっぷりでセンスの良いセレクションのものばかり。なんか頭でっかちに考えがちな人権や、LGBTQやフェミニズムというトピック。でも、ニューヨーカーたちは、Tシャツやピンなど、もっと身近なところから自分たちのメッセージをかわいくクールに発信しています。「思っていても、表現しないと何も伝わらない。なんでもやってみたらいいよ!」というのは、引っ越してきたばかりのころ、NYの友達に言われたひとこと。そんな風にゆるく自由な雰囲気が詰まったこちらは、お土産探しにもぴったり。

IMG_5701

Otherwild NY
35 E. 1st St, New York NY 10003
TEL:646 684 3152
営:12:00〜20:0
休:無休

 

3. 「Picture Room」で初めてアートを買ってみる

IMG_4880

ノリータ地区にあった小さなアートショップ「Picture Room」が、4月にブルックリンハイツにお引越し。拡大されたスペースには、ポスターやアートワークが壁一面に並んでいて、まるで小さなギャラリー。彼らが扱うのは、若手アーティストの作品や、ヴィンテージポスターなど。$10〜展開しているプライスレンジもうれしい。気負いなく、旅のお土産にはじめてのアートを買ってみるのはいかがでしょう? 先日行われたリオープニングイベントでは「Know Wave」がライブストリーミングしていたり、ライブパフォーマンスがあったり。若手アーティストの溜まり場として、定期的にイベントを開催しているのも注目です!

IMG_4910

Picture Room
117 Atlantic Ave, Brooklyn, NY 11201
TEL:347 987 4675
営:13:00〜19:00(金&土11:00〜20:00、日11:00〜)
休:月

 

4. 「Dusty Rose Vintage」で古着をディグる

IMG_4830

NYのヴィンテージショップといえば、どこも小さなお店が多く、セレクトは良くても、少し値段はお高め。そんなイメージを吹き飛ばしてくれるのが、「Dusty Rose Vintage」。基本的にホールセールといって、卸や撮影のリースを中心としているお店ということもあって、店内はラックの代わりに大きなバケツが並ぶ。倉庫のような広い店内では、古着をディグること、掘るのです。古着は出会いというけれど、ここでは気合と根性も大切。ちなみにバケツは、デニム、プリントドレス、60s/70sトップスなど、わりと細かくカテゴリー分けされているので、慣れてくると、こっちのもの! 黙々と古着屋さんのバイヤーになった気持ちで、掘り出しものを見つけてください。

IMG_4797

IMG_4802

Dusty Rose Vintage
251 Greenpoint Ave, Brooklyn, NY 11222
営:木〜土12:00〜19:00(日〜18:00)のみパブリックオープン

 

5. わーい!ペティボンの新作がお披露目@「David Zwirner」ギャラリー

PETRA6326
No Title (And agaiyn, keeping…), 2017 (Courtesy of David Zwirner, New York)

以前のコラムでも紹介したアーティストのRaymond Pettibon(レイモンド・ペティボン)。その中でもちょこっとお知らせしましたが、彼が所属するNYの有名なギャラリー「David Zwirner」で、新作展「TH ‘EXPLOSIYV SHOYRT T」が4/29〜6/24の期間で開催。ドローイングとコラージュの作品が並ぶ本展は、当初2月予定のものが、今の時期に。GWにNYに来る日本人のためかなと思うほど、抜群のタイミングで、やった! と思わずテンションが上がってしまう。「ホイットニービエンナーレ2017」もあるし、5/4〜は、メトロポリタン美術館で「Rei Kawakubo / Comme des Garçons: Art of the In-Between」が公開されるなど、GW期間のNYはアートの見ものが目白押し!

PETRA6540No Title (Every great poeyt…), 2017 (Courtesy of David Zwirner, New York)

Raymond Pettibon「TH’ EXPLOSIYV SHOYRT T」at David Zwirner 
519 West 19th Street New York, NY 10011
TEL:212 727 2070
営:10:00〜18:00
休:日&月

 

一気にドバッと10個を並べようかと思いましたが、さすがにモリモリと長くなってしまうので、こちらのテーマは2回に分けてお届け。後編はこちらから


■ 過去の記事はこちら ■

NY・ハードコアな野菜好きが集まる「PARK SLOPE FOOD COOP」に行ってきた  エディター福田真梨のNYC 01

NY・個性豊かな仲間が集うマンデーナイト Abasement @Max Fish  エディター福田真梨のNYC 02

ブルックリンにポップアップ・ヴィンテージ・マーケット現る!スナップと一緒にご紹介  福田真梨のニューヨーク通信

New York Film Festival ジム・ジャームッシュとマイク・ミルズに痺れるの巻  福田真梨のニューヨーク通信

NYで最もチャーミングな映画館 「Metrograph」であれもこれも♡  エディター福田真梨のNYC 06

ニューミュージアムで Raymond Pettibonの頭の中にトリップ エディター福田真梨のNYC 07

ちょっと頭をからっぽに! チベットハウスdeメディテーション エディター福田真梨のNYC 08


福田真梨

Mari Fukuda
エディター&ライター。出版社の編集者を経験した後、フリーランスに。現在はNYを拠点に活動中。今、ニューヨーカーの間で、人気の旅行先はもっぱらキューバ! というのも、昨年、88年ぶりにアメリカと国交を回復したから。そんな注目の国、キューバを撮影し続けているフォトグラファー、Emmy Parkが犬をテーマにした写真展「Cuba Dogumentary」を開催中。詳細はインスタ(@thedogsofcuba)からどうぞ。

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント