夏だから、美術館で踊っちゃお!? MoMA PS1「Warm Up 2017」 エディター福田真梨のNYC 011

夏だから、美術館で踊っちゃお!? MoMA PS1「Warm Up 2017」 エディター福田真梨のNYC 011

NYに夏がやってきた!というのは、ちょっと気が早いかもしれないけれど、先日は、30度を超える気候が続いて、もうすっかり溶けそう。みんな暑いとブーブー言っているけれど実はその表情はけっこう笑顔だったりする。というのもNYの夏には、いろんな楽しみが待っているから。

001
(Image courtesy of MoMA PS1. Photo by Elk Studios/ Top Image Photo by Loren Wohl.)

この街の魅力にとりつかれたのは、2回目に訪れた20歳の夏だった気がする。NYに滞在していた姉や友だちにいろんなところ連れて行ってもらったけれど、MoMA PS1で開催されているパーティに行ったのは、強烈だった。小学校の跡地にあるMoMA系列の美術館は、夏の間だけDJやミュージシャンを招いたイベントを開催していた。「えっ美術館で踊っていいの?お酒飲んでいいの?しかも、中で作品も鑑賞できちゃうの?」なんて、戸惑いながらも、なんか休日の学校に忍び込んではしゃぐような気分でワクワクした。

002
(Image courtesy of MoMA PS1. Photo by Charles Roussel)

そんなMoMA PS1恒例パーティ「Warm Up 2017」が、今年も7/1スタート! シーズン20となる今回までに、Solange Grimesなどのポップアーティストから、Black DiceFour TetさらにはRichie HawtinDerrick MayといったDJなど、幅広いジャンルから750名以上のアーティストが参加。野外で彼らの音楽を楽しめるのは、ちょっとしたフェス気分。いや、お祭り!だから、踊らにゃそんそん。ということで、写真は最近、彼のダンスにも注目したいDev Hynes2014年のパフォーマンスより。イギリス出身ながら、NY&US音楽シーンを牽引する彼。映画『Palo Alto』のサントラもよかったなぁ。

003
(Image courtesy of MoMA PS1. Photo by Charles Roussel)

9月の第1週まで毎週日曜日に開催される今年のラインナップも注目のアーティストが目白押し。例えば、日本でもここ数年人気のヒップホップだったら、去年はRatkingとしてAnimal Collectiveとツアーを回るなどジャンルレスでコラボを行っている期待のラッパーWiki新曲もいろいろありますが、個人的におすすめはこちらMVママを助けるゆるめでファニーな物語。ちなみに彼は生粋のニューヨーカー。

 

Wiki – “Livin’ with My Moms” ft. Nasty Nigel

ほかにも、ダンスミュージックだったら、この夏も世界中を飛び回っている人気のDaphniも登場!と思ったら、5月に長野で開催された野外フェスTAICOCLUB’17」にも参加していたみたい。見逃した方は、こちらの機会でぜひ。エクスペリメンタルだけれど、ポッピーなサウンドで、彼のDJはフロアに女子が多めとの噂

 

Daphni – Ye Ye

 

チケットは当日券もありますが、行列必至なので、フライトをブックしたら、迷わず前売り券もゲットするのがおすすめです。ちなみに「MoMA PS1があるのは、クイーンズのロングアイランドシティ。ブルックリンのグリーンポイントから橋を渡ったすぐだけれど、まだレストランやショップはあまり多くないエリア。その中でも、マイフェイバリットは、「Deli Gallery」。「MoMA PS1」から3ブロック先にある、基本は週末だけオープンのインディペンデントなギャラリー。12:00〜オープンなので、パーティ前に、ちょこっと立ち寄ってみるのはいかがでしょう?こちらに所属しているアーティストたちが、実に新進気鋭のクールなメンバーばかり。彼&彼女たちにインタビューも計画中なので、お楽しみに♡

006
(MoMA PS1. Photo: Elk Studios, 2012.)

MoMA PS1
22-25 Jackson Ave, Long Island City, NY 11101
7187842084
営:12:0018:00(「Warm Up 2017」の開催時間は15:0021:00
休:火&水
入場料:大人$10、学生$5(「Warm Up 2017」入場料は前売り券$18、当日券$22

福田真梨

Mari Fukuda
エディター&ライター。出版社の編集者を経験した後、フリーランスに。現在はNYを拠点に活動中。人生で一度は観たいと思っていたJohn Caleのライブ。御歳75歳を迎える11月に、永遠の名盤「The Velvet Underground & Nico」リリース50周年を記念して、ブルックリンのBAMで3日間公演が決定!楽しみすぎる。ずいぶん先だと思っているけれど、きっとあっという間なんだろうなぁ。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)