占いのその後…vol.13 最悪の結末から一転。彼女はなぜ復縁できたか

占いのその後…vol.13 最悪の結末から一転。彼女はなぜ復縁できたか

「彼氏が好きって言ってくれないから、私のことを本当に好きかどうか不安です」女性からよく聞く話です。この猜疑心が抑えられなくなって、彼氏を試す行動に出た経験のある人も少なくないのでは? 今回の相談者は、最悪のパターン。彼氏を試したことで破局を迎えました。本人は復縁を希望しており、占い師オカンの元へやって来ました。一度失った恋人の気持ちを取り返すことなんて、出来るのでしょうか?


相談者

松下杏里さん(仮名)
アパレル勤務・23才
四緑木星

悩みをざっくり:最近、彼と別れたという杏里さん。杏里さんが彼の気持ちを試すような行動をしたことが原因だという。彼と復縁したいので、連絡をとりたいが、相手に嫌われていることは自覚しているので、行動に移せずにいる。

杏里の証言「私が馬鹿でした。復縁するにはどうすればいい?」

2年付き合っていた彼氏と最近、別れてしまいました。彼は愛情表現をするのが照れ臭いらしく、まめに電話するタイプでもないですし、「好き」っていう言葉もなかなか言ってくれない人でした。

そんな彼に対して「本当に私のことを好きなのか」と不安になってしまって、彼の気持ちを試すようなことをしたんです。浮気ではないですけど、他の男性と食事に行き、あえて、その話を何回かしてみました。そしたら、彼が怒ってしまって……。怒ってくれたことで「ああ、本当に私のことが好きなんだ」と嬉しかったんですけど、それをきっかけに徐々に関係がおかしくなって、彼から別れを切り出されました。

すごく、後悔しています。「誕生日やクリスマスなどのイベントの時には旅行に連れてってくれたなぁ」とか「私が欲しがっていた香水をプレゼントもしてくれたのに」って、彼が私のためにしてくれた事ばかりを考えてしまいます。付き合っている最中は、「してくれない事」ばかりを考えていたのに、バカですよね、私。また付き合えたら、この後悔を忘れないで彼を大事に出来ると思います。復縁、したいです。


オカン:四緑木星って、臆病な性格で、自分の気持ちを相手に、はっきり言わないのに、臆病だから相手の気持ちがはっきりしないと不安になるのよね。ほら、この前来た四緑木星の女の子は、曖昧な関係に白黒つけるのを怖がって悩んでいたわ。四緑木星さんにとって2019年は、相手の動きに合わせると良い年なの。自分の意見を押し付けるとダメなのよ。

杏里:もう、おっしゃる通りです。「好き」って言われないと不安でしたし、それをぶつけてしまいました。

オカン:本当はね、別れる前に来て欲しかったわ。結果が出た後だと、物事が進んでいる方向を変えるのが難しいのよ。あらまあ……彼が可哀想ね。カードを見ると、連絡したくないし、会いたくないって出ている。一緒にいるのが辛くなるほど、追い詰めてしまったようね。彼は自分に自信がない人だから、他の男性の話をされてプライドが傷ついたのかもしれない。

杏里:復縁は難しいでしょうか?

オカン:今は、そっとしておいてあげてほしいわね。彼のことを好きならば、彼の気持ちを第一に優先してほしいの。

杏里:わかりました。そうですよね……。

オカン:ところで、彼にお礼は伝えていないでしょ?

杏里:お礼? 伝えてないです。最後に会った時は「別れたくない」ってことを伝えることしか出来なかったです。

オカン:これで最後の連絡だと思って、ちゃんと「ありがとう」って伝えてみて。楽しい思い出とか、彼からの優しさとか、嬉しかったことがあったでしょ? あなたの話ぶりだと、この期に及んで自分のことしか考えていないのが滲み出てる。彼からしたら、「杏里さんから復縁したいって言う割には僕のことを思いやってるようには感じられない」って思うんじゃない?

オカン:ヨリを戻したいとか、自分の希望は言わないで。相手に感謝の気持ちをメールで送ってみて。彼から返信が来ることを願掛けしてあげるから。


占いのその後 彼と復縁することができた杏里さん

半信半疑な気持ちだったがオカンの助言に従い、彼に最後のメールを送った杏里さん。すると、予想もしなかったことが起こったそうだ。

「占いをした後、迷いましたが数日置いてから彼に、今までのことを感謝するメールを送りました。送信ボタンを押したときは、もう怖かったですよ。しつこい女とか、ストーカーかよって思われたらどうしよう、もっと嫌われたらどうしようって。でも、どうなったとしても本当にこれで最後だと思って、後悔のないようにメッセージの内容を何度も何度も書き直して、送信しました。

そしたら、彼から返信が来たんです! しかも優しい口調で。それを受け取ったら私の中の反省と感謝の気持ちがさらに大きくなった気がしました。何度かやり取りして、彼と会って話す約束ができたんですが、そんなことになるなんて信じられませんでした。その後約束通りに休日に会うことができましたが、彼を見た瞬間に『彼がどんな気持ちにせよ、今日ここに来てくれたことが有難い』とジーンときてしまいましたね。そのまま、素直に彼に対して『ありがとう』という気持ちをベースに会話をしていたら、『やり直そう』と言われました。もう、二度と彼の気持ちを疑いませんし、自分の気持ちばかりを押し付けず、彼の気持ちを第一に考えるようにしていきたいです。」

彼と復縁することができた杏里さんのことを、オカンはこう振り返る。

「基本的に“復縁”っていうのは難しいんだけども、杏里さんの場合、感謝のメールを読んだ彼が、杏里さんが変わったことに気付いて復縁することができたのね。感謝の気持ちを伝えることって、素直な気持ちを表現しているの。彼も追い詰められたから逃げたのであって、本心から嫌いじゃなかったみたいね。

杏里さんに伝えた通り、占いには何か決定的なトラブルが起こる前に来て欲しいの。2人の関係性において何か決定を下してしまうと、気持ち同士の距離も遠ざかってしまうから、私に出来ることも限られてくる。だから、今回の杏里さんのケースは珍しい。彼女の希望通り、復縁できたことは私も嬉しいわ」

彼からの愛情を確認できなかったことで不安に負けた杏里さん。彼女は「自分の弱さに負けていた」ということに気付けた。

彼と別れていた期間は杏里さんにとって、辛かったに違いないが、しかし相手に対して“思いやり”を持つという、人間として成長するために必要な期間だったのかもしれない。その成長が本物であれば、自分の弱さのせいで大事なものを失うことは今後ないだろう。

オカン

2007年に都内の自宅で占いの店をオープンし、これまでの鑑定人数は3000人を超える占い師。タロット、九星気学をもとに、霊感で見える風景や人物をヒントにアドバイスをする。霊感は幼少期からあり、10代の頃から趣味でタロットを始める。本人の希望により、店の詳細と本名は秘密。

Text: Emiri Inoue Illustraiton: Sarah Iwata Edit: Norie Sato

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)