私と部屋 vol.11 訪れる友人も、自分たちも。みんながリラックスできる部屋 ー川波朋子さん

私と部屋 vol.11  訪れる友人も、自分たちも。みんながリラックスできる部屋 ー川波朋子さん

石川愛子さんにご紹介いただいたのは、エシカルデザインブランドTOÏRO代表・川波朋子さん
「3年ほど前から、パートナーが元々住んでいたパリの家で一緒に暮らしています。友人を招くことが多いので、みんながリラックスできる空間づくりがコンセプトです。最近はインテリアのコーディネートにアフリカンな要素を取り入れるのが好きです。」


朋子さんの暮らしの3か条

私と部屋

1.旬の物を美味しく食べる

2.作れるものは買わずに自分で作る

3.なるべくオフラインの時間を過ごす


モノトーンベースに差し色をプラス

私と部屋
リビングの写真です。クッションカバーはアフリカン布で自作しました。ビビットカラーが家にあると元気が出る気がします。
私と部屋
アルジェリア北部のカビール民族の伝統工芸品の編みかごに乗せた果物たち。以前ヨガの先生に、柑橘類の黄色やオレンジ色は幸運を呼ぶので部屋にごろごろ転がしておくといいよと教わって、その影響で今でもレモンやみかんをそこらへんに置くようにしています。

インテリアとの出会い方、いろいろ

私と部屋
パリ市内のグラフィックアート専門ギャラリーで見つけたVanessa Verillonというデザイナーのポスター。北アフリカでお馴染みのスパイス「harissa」をモチーフにしています。リビングのポスターは2枚とも彼女の作品です。

私と部屋
こちらはキッチン。アンティークのストックケースは、蚤の市で元の所有者のお孫さんから買い求めたチェコスロバキア製のもの。食材や洗剤は、容器持ち込み制の量り売りの店で購入しているので、空き瓶や缶を何度も繰り返し使います。このエコシステムのおかげでゴミが減るだけでなく、過剰な梱包で送られてくる通販に自己嫌悪を抱くこともなくなり、在庫管理もしやすい!生活がとても楽になりました。
私と部屋
自分の絵画作品は、制作途中のものも含めて部屋に置くようにしています。見る日が変わると違うアイデアが浮かんだりするので。折りたたみ椅子は粗大ゴミの日の拾い物です(笑)。

 

使うたび好きになっていく

私と部屋
年季の入ったガスオーブン。説明書が無く、いまだに機能が謎なところがあるので勘で使っています。朝はコーヒーを煎れるところから1日がスタートします。京都の東寺のお土産にいただいた般若心経の手ぬぐいは、可愛すぎて使うのがもったいない。

私と部屋
玄関まわり。ストックホルムのLris Hantveckのほうき&ちりとりは、フォルムが美しいだけでなく隅の埃まできっちり掃けるので、掃除機よりも重宝しています。土足でもいいのですが、お客さんにもリラックスして欲しいので靴を脱いでスリッパに履き替えてもらうようにしています。

 

個性豊かな友人たち?

私と部屋
アーティストの友人たちのオブジェや陶器をところどころ飾っています。スカートがひらめいたように見えるティッシュケースは、韓国のデザインファームのもの。こういった遊び心がある物が好きです。
私と部屋
我が家の癒し、お隣の猫。朝晩家にいる時に窓から入って来るんです。この間まで赤ちゃんだったのに、最近大人になって人間の顔色を伺うことを覚えたようです。


川波朋子さんのご紹介する次回のゲストは、若木くるみさんです!

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)