SEARCH GINZA ID

白い無機質なベースを自分色で染めるセルフリノベの魅力 あの人のおしゃれな家:インテリアスタイリスト・竹内優介さん

白い無機質なベースを自分色で染めるセルフリノベの魅力 あの人のおしゃれな家:インテリアスタイリスト・竹内優介さん

無機質なリノベ部屋に色を添える

竹内優介
インテリアスタイリスト

仕事柄、初めてのひとり暮らしでも妥協なし。築45年のマンションの40㎡のワンルームをセルフリノベーションしたスペースは、床から天井まで白からグレーを基調にしたクリーンな美しさだ。

「ベニヤ板約20枚と木材を運び込み、友人やアシスタントにも手伝ってもらって5カ月ほどかけてコツコツと。表参道の〈ジル サンダー〉の店舗内装などを手がけたジョン・ポーソンのようなストイックながら柔らかいスタイルが好きで、この部屋も、まず白い無機質な箱を作り、家具や雑貨などでテイストを加えていきたいと思ったんです」

よけいな存在を消して、気に入っているものを引き立てるよう、特注のカーテンも設置。ベッドコーナーのみ、やすりをかけてオイルをしみこませる工程を繰り返したシナ材を敷き詰め、フローリング風の小上がりに。寝具は白で統一していたが、最近優しい配色のベッドカバーをプラス。鉢もののグリーンも少しずつ増えて、コージーな雰囲気が加わっている。住み始めて2年。キャンバスのような部屋に、竹内流の色が添えられているところだ。

竹内優介 たけうち・ゆうすけ

建築を学ぶ大学生の頃から、インテリアスタイリストの黒田美津子氏に師事。雑誌を中心に広告ヴィジュアル制作などの現場で活躍中。

Photo:Reiko Toyama

GINZA2020年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)