SEARCH GINZA ID

みんなの文房具愛♡ グラフィクアーティスト、ステレオテニスさんの懐かし80s文房具

みんなの文房具愛♡ グラフィクアーティスト、ステレオテニスさんの懐かし80s文房具

日々の仕事や生活に欠かせない文房具。すぐ近くに置いておけるお気に入りは、毎日を豊かにしてくれるもの。そんな小さなこだわりと幸せの詰まったみんなの”文房具愛”を集めました。グラフィクアーティスト、ステレオテニスさんの場合は?


ステレオテニス

STEREO TENNIS
グラフィックアーティスト、デザイナー
@stereo.tennis

めっきり缶ペンケース、筆箱なるものから遠ざかってウン十年。かつてはお気に入りのペンや消しゴムをパンパンに詰めていたセーラー服と淡い思い出…。新学期を迎えるたびに新調していた思い出が蘇ります。机からカンペンを落とすと教室中に凄まじい音が響くことから、使用禁止になったいう都市伝説さえ流れるほどでした。

今現在は、スケジュール手帳からメモ、何から何までデバイス一つにしてしまっている私ですが、面白文房具を「プロダクト」という視点で、日々集めているものを少し紹介したいと思います。

まずはカンペンシリーズの一部から、マクドナルドのハッピーセットについていた缶ペンケース。当時買えていたなら…!凄く可愛いですよね、2段式の缶ペンケース。中には当時のメニュー表が入ってるというニクイ仕様。メニュー写真が、時代を感じさせる古さを醸しています。当時はホットチョコレートなんてのもあったんですね。購入先は都内文具店でした。

ステレオテニスさんのペンケース

次はサントリーのビールのキャラクターでおなじみ、ペンギンの恋人たちの缶ペンケース。色合いも可愛くて、何故か手放せないアイテムです。当時は企業のノベルティが充実していたのかもしれませんね「Tomorrow is Another Day」というポジティブバイブス溢れる適当な英文に癒されます….。

次はTWINKLEの、ザ!筆箱!小学校1年生でまず文房具としてデビューし、学校生活をともにするのが、このタイプの筆箱だった気がします。表面が塩ビで中綿クッションが入ってるタイプ。なかにも鉛筆をたくさんさせる仕様で、中皿が飛び出すボタンとかついてる複雑なギミックのついた筆箱もありましたよね。

お次は、鉛筆の上になにかついてるシリーズ。こちらは、ある年の国際展示場で行われた文房具エキスポで、ダントツに人のいなかったブースから、無理言って一本づつ買わせてもらったものの一部。とにかく鉛筆だけを取扱うメーカーさんでした。絶妙にアップデートされておらず、当時まだこのファンシーさが受け入れられる前の時代でした。

そして、その鉛筆の中で私が一番気にいっているもの。この素晴らしい形をご覧あれ!なんという80sあふれるポストモダンな鉛筆なのでしょう…。私はこういう仕事を見ますと、ほんとに当時のデザイナーさんに賛辞を申し上げたくなってしまうのです。しかもこれ、丸い鉛筆ではなく星型で溝が仕込まれているのですよ。

お次はこちら、東京タワーのお土産コーナーでみつけて買った、グニャグニャに曲がる鉛筆。なんでこれを買ったのか自分でもよく覚えていないのですが、グニャグニャにまがる(そして長い)という仕様だけで気に入ってしまいました。持ちにくい、書きにくい、入る筆箱はございません。ボディには東京タワーが描かれています。

お次はシャーペンシリーズ。このきまぐれオレンジロードのシャーペンを文房具卸店でのダース売りだったため、合計16本持ってた私は、友達にプレゼントしたりしてこの3本が残りました。もうひとつは、今をときめくゆかしなもん先生から頂いた、恋占いシャーペン。芯を出すたびにその日の占いができるギミック付きで、授業中の手遊びに最適です。

缶ケースが可愛い、sanrioタキシードサムのめちゃ細い色鉛筆セット。80年代後半から90年代にかけて、異様にたくさん出現した「細くて持ちにくい」色鉛筆セット。こちらも文房具卸店で、ダースで買いましたので大量に所持しておりました。友人に配りまくって今は手元にこれ一つです。

そして極めつけ、これでお手紙出されても困る?!少年隊のレターセットです。10代、20代の子はわからないアイドルですよね。各自You Tubeなどでお調べになってくだされば、「デカメロン伝説」などの動画が見られると思います。私はこれにフミをしたため、最近までお友達に投函しておりました(ゆえ、右のほうは封筒が切れている)受け取ったら衝撃はLINEなどで「何これ」などの返信が来るため、つかみはまあまあです。

ということで、まったくおしゃれでもなければ、使っているわけでもない、不思議なセレクションの文房具たち。あなたの町の文具店にも、このような時代の空気も一緒にパックされた文具たちが眠っているかもしれません。ぜひ見つけたら助けてあげて、使ってあげてくださいね。

STEREO TENNIS ステレオテニス

グラフィックアーティスト。ノスタルジックでキュートでカラフル。80sカルチャーへの愛にあふれたデザインで、多岐にわたって活動中。
instagram @stereo.tennis
twitter @microhitomi

 

▷みんなの文房具愛はこちら

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年1月号
2019年12月12日発売

GINZA2020年1月号

No.271 / 2019年12月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
おしゃれな人が毎日、使うもの

センスのいい人の
生活に必要なアイテム

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)