ローカルにガイドしてもらう、ヒップでディープなメルボルン案内:yukikaさんならではの旅

ローカルにガイドしてもらう、ヒップでディープなメルボルン案内:yukikaさんならではの旅

ちゃんと息抜きできてますか?忙しい毎日から少しはなれてリフレッシュするのも大切。遠出でも近場でもできるみんなの“私ならではの旅”を集めました。


オーストラリアはメルボルンを訪れるのは4回目!毎回、ガイドブックには頼らず、メルボルン出身の彼や友人たちに街を案内してもらっています。アートやカルチャーはもちろんのこと、コーヒーが有名な街だけあってオシャレなカフェがたくさんあるのも嬉しい都市◎ ヴィンテージショップで働く私は、古着を求めてOpp Shop(日本でいうリサイクルショップのような店)を巡ったり、ジンのイベントやブックショップ、美術館巡りも目的の1つ。

今回は意外と知られていないメルボルンという都市の、ホットでヒップな場所をご紹介します。

 

1. おすすめアート&カルチャースポット

アートの街で有名なメルボルンは無料で見れるエキシビションが開催されていたり、レコードショップでフリーギグがみれたり、カルチャー好きにはたまらない街。今回はアートブックフェアも開催されていたので、その様子もお届けします。

 

 

2. 広々してキュート!クリエイティブなスタジオ訪問

メルボルンではスタジオ(作業スペース)を友達と借りてシェアして作品作りをしている子がたくさんいるみたいです。スタジオ代も安いそう。東京にはあんまりないので羨ましい〜。今回はいくつかのスタジオを訪問したのでその様子をレポートします。

 

作品や、自由で楽しそうなスタジオの風景が切り取られたそれぞれのスタジオのインスタグラムはこちらから

LADIES OF LEISURE @ladiesofleisurezine

TOAST WORK ROOM  @toastworkroom

SCHOOL HOUSE STUDIOS @schoolhouse_studios

 

 

3. メルボルンのディープグルメを食い倒れ

オーストラリアは歴史が浅いので、独自の食文化というものは無いものの、ヨーロッパやアジアからの移民、いろんな国のカルチャーが混ざり合ってダイバーシティなフードカルチャーが楽しめるのが醍醐味。

 

 

4. 町歩きのお供に!ジェラートとコーヒー

メルボルンの朝はコーヒーを飲まなきゃ始まらない!コーヒーショップ「Monk Bodhi Dharna」はメルボルンの中でもTOP5に入る名店なんだとか。カフェ内で焙煎もしていて、ここから他のカフェに豆を卸したりもしているらしい。一杯1万円近くするコーヒーもあったり…かなりシリアスなコーヒーショップ。(普通のコーヒーやラテは¥400くらいで飲めます。)オーストラリアの伝統的なお菓子ラミントンもぜひトライしてみてください!

スミスストリートのお店

このお店があるFitzroyのスミスストリートはお洒落なカフェやナイトクラブ、クラフトビールショップ、古着屋さん、SHOP RAMENなどがあって、ヒップなメルボルンを感じたい人におすすめなエリア。

 

Alimentari Brunswick Streetのケーキ Alimentari Brunswick Streetの内装

「Alimentari Brunswick Street」は、FitzroyのBrunswick st.沿いにあるイタリア系カフェで、美味しいコーヒーとデリがいただけます。2Fのピンクのお部屋がキュート!

メルボルンの町歩きのお供はコーヒー以外にも。その可愛らしい見た目と手軽さで、最近ではジェラートがブームになっています。

 

5. 安くてキュートなヴィンテージをディグ!

メルボルンの人はリサイクルやエコに積極的。着なくなった服は捨てずにOpp Shop(オプショップ)と呼ばれるチャリティーショップに持っていき、寄付します。Opp Shopでは$1〜(約¥80)古着や靴、バッグ、アクセサリー、家具、食器、生地などが売られていて、売り上げはチャリティーに寄付されます。

今回紹介したおすすめスポットをGoogle Mapにまとめました!旅行でメルボルンを訪れる際には是非チェックしてみてください♡

 

yukika

ロンドン留学を経て、フリーランスでPRやライター、エディトリアルデザイナーとして活動中。原宿のヴィンテージショップCurios Tokyoでショップ店員としても勤務。最近のマイブームはディープなグルメスポットの開拓。
instagram @yukika_88

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)