グリーンを愛する人たち – 多肉植物に恋をした、スタイリスト黒沢充さんのヴェランダを拝見

グリーンを愛する人たち – 多肉植物に恋をした、スタイリスト黒沢充さんのヴェランダを拝見

都会のマンションのヴェランダで自由に植物を育てる。そこはまさにグリーンのユートピア。愛にあふれるヴェランダーたちに植物を育てるコツを聞いた。


スタイリスト
黒澤 充さん

ユニークな姿の多肉植物に恋して

多肉植物について語る、黒澤さんの幸せそうな顔ったら! 「集め始めたら次々欲しくなるんです」

 

 

「住居は、多肉植物を育てる環境を第一に探しましたね」と黒澤充さん。ヴェランダに、びっしりお行儀よく鎮座した多肉植物の数はざっと100個以上。日当たりの良さを最優先で考えたら、必然的に古い築年数のマンションになった。その当時の物件によくある、手すり部分が柵になっているヴェランダが、最も日光が入るからだ。

「多肉植物でもユーフォルビアがほとんどです。圧倒的に見た目が好き。だって、変な形じゃないですか。球体にしか見えないのとか、完全にどうかしちゃっているっていうのもある。気がつくと何時間も眺めていますね。『あー、ちょっとずつ成長しているなぁ』って思うとかわいくて、かわいくて。全然、飽きませんね」

多肉植物園から購入してきたら、鉢はすべて素焼きに植え替える。通気性があり、水をため込まないので多肉植物の栽培にはぴったりなのだ。土の上にウッドチップを敷いているのは?

「その下の土が風で飛ばないように、です。これがあると、ヴェランダが汚れなくておすすめですよ。ウッドチップはヴィジュアル的にもきれいですしね」

観葉植物系は部屋オンリー。大きなものは、鉢をバスケットやトートバッグなどに入れると、枯れた葉がバスケットやバッグに入るので掃除もラクラク。

「母親が来たとき、ヴェランダを見て、〝おまえは何がしたいの?〟って、ちょっと心配されましたけど(笑)」

 

「“タコもの”といって、足がにょきにょき伸びているタイプは特にお気に入りです」と黒澤さん。光がまんべんなく当たるように、たまに鉢を回転させる。

 

観葉植物の鉢を入れたキャンバス地のバスケット。見た目もすっきりおしゃれ。

 

素焼きの鉢は茶、黒、グレーで統一。都内のガーデニングショップなどで手軽に手に入る。

 

部屋にたっぷり日光が入るので、観葉植物も元気いっぱい。大小さまざまな緑があふれる。

 


Mitsuru Kurosawa

スタイリストの望月唯氏に師事し、2006年に独立。ファッション誌や広告、ミュージシャンや俳優のスタイリングのほか、プロップを担当することも。

Photo: Junpei Kato Text: Yumiko Takayama

2016年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)