デッドスペースを活用したミニオフィス アートディレクター/保永さんのリアルワークライフ

デッドスペースを活用したミニオフィス アートディレクター/保永さんのリアルワークライフ

働き方改革の波はギンザ世代にも波及中。 家で働く人たちが どんどん増えています。環境づくりに 愛用アイテム、疲れた時の癒しまで。 リアルワークライフ、拝見!


見落としがちなスペースに着目
立体的な空間使いは見習いたい

1LDKのメゾネットの階段下というデッドスペースを活用し、ミニオフィスに。企業所属のアートディレクターだけれど自宅勤務もOK。だから週に3日ほどを新宿のオフィスで、残りを自宅、というスケジュール。「猫がいるので、基本的に無駄なものは出さないようにしていますが、スケッチブックや好きな写真集はいつも近くに置いています。アナログに立ち返る時間が好きなんです(笑)」

ワークライフ_保永

ライトは〈IKEA〉、イスはフランスのヴィンテージ。疲れたらリビングのソファへノートパソコンを持ち込む。

保永

デスクも〈IKEA〉で、もともとは美容師の旦那さんのもの。「夜は譲り合いながら使ってます」

ワークライフ_保永

吹き抜けの梁で警戒中のムギ(左)とチョコ。

ワークライフ_保永

〈クレールフォンテーヌ〉のスケッチブック。イメージ作りはもちろん、集中力が落ちたときに絵を描いたりも。ペンは日本の〈KURETAKE〉を愛用。


お仕事必需品!

ワークライフ_保永

「限られたスペースを有効活用するにはモノを出さないことが大事」。配線は蓋付きのボックス型コード隠しに収納。

保永由華さん
株式会社浮力 アートディレクター
クリエイティブディレクション会社に所属。ウェブサイトのディレクションや記事も手がける。同社は国産杉チップ入りのぬいぐるみ〈ムーンアニマル〉の販売も。moonanimal.com

Photo: Miyo Urushihara   Text&Edit: Hiroko Yabuki

GINZA2018年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)