世界のレディの部屋vol.2 年代物の家具に囲まれて暮らすベルリン在住エディター

世界のレディの部屋vol.2 年代物の家具に囲まれて暮らすベルリン在住エディター

その街に根ざした建物、壁、床、そして差し込む光。一見違うようだけれど、世界中のレディの部屋は「好きなものに囲まれて暮らしたい!」という等身大なリアリティであふれている。彼女たちの美意識が詰まったインテリアを覗いてみよう。


ネラ・ベルヤン
エディター/翻訳家
ベルリン

仕事場

H.P. Hansenのヴィンテージキャビネットの優雅で重厚な佇まいと、その上に置かれたコルクランプが主役となったネラのアパートメントは、選び抜いた年代物の家具に囲まれている。ノイケルンの閑静なエリアに立つアルトバウ(100年以上前に建てられた古い建物)のリノベーション物件に住んで4年。「インテリアの中で光の存在がもっとも重要だと思っています。ずっと欲しかったインゴ・マウラーのコルクランプは見つけるのに1年かかりました。eBayで購入しましたが実際に届くまで本物かどうか分かりませんでしたから(笑)」。ヨーロッパ中からインテリアの情報を常に収集している。

キャビネット

北欧とドイツの歴史が入り混じり、木漏れ日のような暖かい光がもたらす“静寂”の空間作り。

「母親の影響で幼少期から食卓の上をシンメトリーに整理整頓する習慣がついて、それがインテリアにも活かされるようになりました。70’sミッドセンチュリーのデザインが好きで、常にネットや店舗でチェックしています。個々の存在を活かすのではなく、自分の部屋に置いた時のイメージや匂いや感覚など空気感を含めた空間全体を考えてスタイリングしています」

Nella Berjan>>『Freunde von Freunden』『hey woman!』のエディトリアル、翻訳を担当。現在は自身がプロデュースする媒体の創刊準備中。


バルセロナ在住アーティストのお部屋紹介はこちら

PHOTO: Coco Mannix, Johnny Mannix TEXT: Kana Miyazawa

GINZA2019年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)