SEARCH GINZA ID

『湯山玲子のカルチャークラブ』が開設。混迷時代を生き抜くための“教養”をレクチャー

『湯山玲子のカルチャークラブ』が開設。混迷時代を生き抜くための“教養”をレクチャー

著述家・プロデューサーの湯山玲子さんが『湯山玲子のカルチャークラブ』を開設。2020年9月23日(水)まで、公式ホームページにて入会を受付中。


『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)や『クラブカルチャー!』(毎日出版局)など、数多くの書籍を出版している著述家・プロデューサーの湯山玲子さん。今回開設された『湯山玲子のカルチャークラブ』は、以前から温めていた私塾の企画だったそう。男女共学という形では初めての試み。“規格外で生きようとする女と男”のための教養同好会。または、カルチュアル・スタディーズのゼミ。世の中の見方を変え、人生の選択肢を増やし、知識や知見とネットワークを得ることができる場となっている。
プロデューサー 著述家 湯山玲子
テーマは、“教養”。本を何冊読んでも、コンサートに何度足を運んでも、自慢できるのは数と経験だけで、“教養”が身に付かない人は多くいる。サロンでは、自身の人生に深く食い込み血肉となるものを目指しながら、これからの混迷時代を生き抜くための術とともに答えを導いていく。

また、充実したイベント内容にも注目したい。文化と社会を語る湯山ゼミや、テーマを設け雑談で深堀りしていく懇親会など、メンバーと交流し追求していける場所に。不定期では、映画、展覧会、コンサートなどへ出掛ける課外活動や、湯山さんが日々こなしている幅広いお仕事の実習体験も開催予定。

年齢性別問わず、「この世の中、規格外で生きていくぜ!」という気概のある人にはぴったり。情報満載でアクティブな交流に参加してみてはいかがでしょうか。

湯山玲子 ゆやま・れいこ

学習院大学法学部卒。 著作に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、 『四十路越え!』(角川文庫)、上野千鶴子との対談集『快楽上等! 3.11 以降の生き方』(幻冬舎)、『文化系 女子という生き方』(大和書房)、『男をこじらせる前に』(角川文庫)等。 NHK『ごごナマ』レギュラー、TBS『新・情報 7DAYS ニュースキャスター』等に出演。 自らが寿司を握るパフォーマンス〈美人寿司〉、クラシック音楽の新しい聴き方を提案する〈爆クラ〉主宰。 ショップチャンネルのファッションブランド〈OJOU〉のデザイナー・プロデューサーとしても活動中。日本 大学藝術学部文芸学科非常勤講師。東京家政大学非常勤講師。名古屋芸術大学特別客員教授。(有)ホウ 71 取 締役。父は作曲家の湯山昭。
www.yuyamareiko.net

『湯山玲子のカルチャークラブ』

受付期間: 受付中〜2020年10月14日(水)17:00
会費: ¥8,800(月額)
活動開始日: 2020年9月25日(金)
*入会審査あり。


【「『湯山玲子のカルチャークラブ』って何だ!」YouTube Live】

日程: 2020年9月16日(水)
時間: 21:00〜
出演: 湯山玲子、田中春香(聞き手)
配信: YouTube Live 

  

入会・詳細情報

Text: Nico Araki

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)