SEARCH GINZA ID
2020年10月号

THIS ISSUE

GINZA2020年10月号 “かっこいい”を考える

いますぐ買う

MAGAZINE HOUSE
amazon

10 Sep 2020

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

日比谷公園の中にある図書館で見たその人は、襟に特徴のある白いブラウスにデニムをINしてロングブーツ、姿勢良く座って丁寧に植物図鑑を熱心に見ていました。髪は無造作に一つ結び、健康そうな少し焼けた肌。ただおしゃれな人というのではなく、隠しきれないチャームが溢れているようでした。

さて、今号は“かっこいい”をキーワードに秋冬の最新作や、かっこいいをアシストする3つのアイテムのスタイリング提案、SDGsのすてきな洋服たち、小物やアクセサリーなども紹介します。女優・宮沢りえさんのファッション+インタビューも。さらに建築家の谷尻誠さんが白いシャツを考察したり、仏文学者の鹿島茂さんがルー・ザロメについて語ったり、あらゆる角度から“かっこいい”に迫っています。

ほかにはSnow Manのラウールさんのファッションページ、永山瑛太さんが栗原類さんを撮影しています。コスメページはボルドー色のメイクについてがテーマです。

そして特別付録は〈マリーン・セル〉のステッカーです。ここにはQRコードがついていて、そこからスペシャルムービーへのアクセスができます。マリーン自身がインタビューでこの試みについて語っています。

今月号で心地よい刺激を感じていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

 

編集長 芦谷富美子

No.280 2020年9月12日発売
予価840円(税込み)

GINZA10月号

SIX SENSES「かっこいいのモノローグ」

職業も年齢も国籍もさまざまだけれど、自身の道を切り拓く6人に「かっこいいって何ですか?」と質問。ダンサーの柿崎麻莉子さんや俳優の清水尋也さん、アクセサリーデザイナーのマーランド・バッカスさんなどが登場。軽やかに着こなすファッションとコメントを楽しみたい。

 

GINZA10月号

“かっこいい”を作る三種の神器

最上級にクールになれる3つの旬アイテムを、着こなし術とともに提案。シェイプされたジャケット、襟コンシャスなブラウス、レザーのプリーツスカートの新作をピックアップ。この秋、要となるワードローブを見逃さないで。

 

GINZA10月号

小物&アクセサリー83
すてきなもの標本箱

秋冬を“かっこいい”スタイルに仕上げるために、身に付けたいアクセサリーと小物を厳選。インパクトのあるチェーンアイテム、モダンにアップデートされたパールアクセサリー、大人のニュアンストーンを感じるスモーキーカラーの小物など、全83種類を紹介。

 

GINZA10月号

アイテムから考える地球のこと
賢くチャーミングなSDGs!

地球が抱える問題に対し、2030年までの解決を目指す国際目標、SDGs。ファッション界にもその波は到来。素敵なアイテムはいまやサステイナブルが常識に!各ブランドの洋服や靴バッグに込められたメッセージとプロジェクトに注目したい。

 

GINZA10月号

大人の色をプレイフルに
ボルドーの魔法

秋に纏いたくなる色、ボルドーのコスメが今季は豊作。強くときにセンシュアルなこの色の魅力について、ヘア&メイクアップアーティストの石川ひろ子さんが指南。たおやかで美しい花と一緒に、さまざまなボルドーの表情をご覧あれ。

 

未来の私たちのための服
マリーン・セル インタビュー

多くのファッショニスタから支持を集める〈マリーン・セル〉。新作への思い、ブランドの世界観、タフな時代における服づくりについて取材。また、GINZA限定デザインを含むステッカーを、マリーン・セルが特別製作!2020年9月29日に発表される2021年春夏コレクションムービーへの招待QRコードも。

いますぐ買う

MAGAZINE HOUSE
amazon