We Love Denim♡ 四六時中デニムラバーな彼女を追いかけて

We Love Denim♡ 四六時中デニムラバーな彼女を追いかけて

DENHAM / CLEAN JAL (first Edition)

デンハムのデニム

甲斐裕季子
モデル

「5年間私とともに歩いてきた、そんな思い入れのある1本。日本製で、見た目の絶対的な存在感、セルビッチ付きの肉厚な生地、日本の四季を感じるウォッシュ加工、一本一本を職人さんが手作業で加工している背景を含めて、全部好き。ますます自分だけの1本に仕上げていきたい」


FUMIKA_UCHIDA

フミカ ウチダのデニム

新井カナエ
〈オーラリー〉〈キャプテン サンシャイン〉プレス

「細身でハイウエスト、しかもストレッチが入っていないジャストサイズなデニム。背が低く体やお尻が小さい私は、少年ぽくならないように〈キャプテン サンシャイン〉のコンパクトなシャツをフロントだけタックインし、足首を出して女性らしく見えるように気を使っています」


YAECA / no.4

ヤエカのデニム

矢代なぎ
「リトル モーニング キッチン」主宰

「厚手の生地と、インディゴの色が気に入っています。ワークウェアとして気負わずはけることも大切。シルエットはスタンダードなストレートです。今日は〈チャンピオン〉の古着のスウェットに合わせました。これだという1本に出会うには“着る、聞く、迷わなかったものが運命”」


 

LEVI’S® DEADSTOCK 684

リーバイス デットストック

生野優子
イラストレーター

「千葉のリサイクルショップで出会った〈リーバイス®〉のベルボトムのデッドストック。サイズが仕立てたように自分にぴったりだったので、即決でした。サテンのスカジャンと合わせるのも好きですが、丸襟のトップをデニムにインしてグッドガール風にも着こなしたい」


VINTAGE NAVY PANTS

ヴィンテージのデニムパンツ

安藤小葉
「ジャンティーク」バイヤー

「米国海軍の1940年代のヴィンテージデニムパンツ。ポケットのリメイクや、左右で違う丈の長さなど、洗練されてない雰囲気やシルエットが好き。トップは小さくし、上下のコントラストをつけるのがお気に入り。デニムを買うときに大切なのは後ろ姿。よーく見て比べてください」


DENIME×k3&co.

DENIME×k3&co.のデニム

伊藤信子
スタイリスト

「88年スタートの日本のデニムブランド〈DENIME〉と〈k3〉のコラボ。“Tシャツにデニムだけ”で成り立つスタイルになるように、デニムの存在感を大事にしています。ワイドシルエットにハイウエスト、丈の長さが3サイズそろっていて裾を切らなくてもいいのがあったのもポイント」

 

Photo: Shin Hamada Text&Edit: Chizuru Oda

2016年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)