世界のフリマから Milano編  「EAST MARKET」で冬のヴィンテージMIXスタイルをチェック!

ここ最近、雲ひとつない天気が続いているミラノ。この時期の晴天って空が高くなったようで気持ちがいいですよね。それでも11月に入ってからは気温も一気に下がりミラノの人たちの格好もすっかり冬仕様。冬服に衣替えした地元お洒落っ子を見つけるべく、今ミラノで1番人気の蚤の市「EAST MARKET」へ行ってきました。


ミラノ イーストマーケット01

EAST MARKETは日曜日(不定期ですがだいたい月2回)にミラノの東、ランブラーテ地区で開催されます。ランブラーテはもともと工業地域で昔から倉庫やギャラリーが多く存在していたのですが、最近はそのスペースがデザイン見本市やこのような蚤の市会場として活用され始め近年とても注目されているエリアです。

ミラノ イーストマーケット02

マーケットの会場はインダストリアル感満載な巨大空間。その中に古着、ハンドメイドのファッションアイテムからインテリア雑貨まで幅広いジャンルのお店が立ち並びます。

ミラノ イーストマーケット03

ミラノ イーストマーケット04

ミラノ イーストマーケット05

そんなEAST MARKETは今回で3周年。それでは早速ヴィンテージアイテムをMIXしたミラノ流古着スタイルをマーケットの様子とともに紹介していきます!

ミラノ イーストマーケット06

まずはこちらのカップルElenaAndrea

ミラノ イーストマーケット07

二人とも古着が大好きだそうでAndreaのメガネは前回のEAST MARKETで買ったものでElenaのジャケットと鞄はお母さんからのお下がりのアメリカンヴィンテージ。中に着ているワンピースは〈PRIMARK〉。

ミラノ イーストマーケット08

落ち着いた雰囲気のこちらのカップルはAnnaLorenzoAnnaはメンズライクな格好にレースアップシューズでほどよいフェミニンさをミックス。

ミラノ イーストマーケット09

Annaのジャケットはお母さんからもらったヴィンテージ。みなさん、マンマからのお下がりアイテムを上手に着こなしています。Lorenzoは普段は古着はあまり着ないそう(うん、そんな気がする!)ですが、古着好きの彼女に触発され今日は自分用のアイテムも物色しているそう。

ミラノ イーストマーケット10

笑顔がチャーミングなGiulia。マーケットでさっき買ったばかりだというバーガンディのオーバーサイズMA-1をすでに自分のモノにしてます。ターバンだけの無造作ヘアもお似合い。

ミラノ イーストマーケット11

シックな着こなしで目を引いたのはMaria Ludovica。ゴールドの細かい刺繍が施された〈Moschino〉のヴィンテージスカートをさらっと着こなしています。

ミラノ イーストマーケット12

ニットは〈ZARA〉でメガネは〈Rayban〉。彼女はメガネマニアなようで声をかけた時もメガネ屋さんの前でした。にしてもこのレイバンすごく似合ってる。

ミラノ イーストマーケット13

またお洒落なカップル発見と思いきや友達だったこちらの二人組、BeatriceEdoardoBeatrice80年代のビッグシルエットのニットをワンピースとして着用。そこに〈ZARA〉のロングコートとニーハイブーツで辛口に仕上げています。Edoardoはカジュアルなコーデにお気に入りの〈Gucci〉の靴をプラス。

ミラノ イーストマーケット14

170cmは余裕にあるんじゃないかという長身にピンクのロシアン帽が様になっていたMaria。シンプルなモノトーンコーデに帽子とクラッチバッグがアクセントに。

ミラノ イーストマーケット15

ヴィンテージショップ〈Bibi Viola〉のオーナーViolaのコーディネートは70年代からタイムスリップしてきたかのよう。

ミラノ イーストマーケット16

お気に入りだというチェックのコートは70年代の〈Sportmax〉。スカートも70年代、バッグは80年代。ヘアアクセもメガネも年代物という、まさにヴィンテージクイーンでした。さすが蚤の市に来るミラノっ子たちはヴィンテージアイテムを積極的にコーディネートに取り入れていました。またファストファッションやハイブランドとミックスさせるのもお上手。

EAST MARKETは若者から年配の方まで幅広い層が参加するイベントで、またファッションの嗜好も様々。イタリアは古くからのモノや文化を大切にする習慣が根付いている国なので、家具やジュエリーなどを先祖代々受け継いだりするのが普通。そんなイタリア人の国民性を知っているとヴィンテージマーケットというのは決して古着や骨董が好きな人のためだけのイベントではなく、きっと多くのイタリア人にとってヴィンテージを日常に取り入れることはごく自然なことなのではないかな、と思いました。因にGINZA 12月号はヴィンテージ特集!中にはパリとロンドンのヴィンテージショップ記事も… !是非チェックしてみてください。

ミラノ イーストマーケット17

そんなこんなで思いにふけっているともう18時。マーケットを出たら日もすっかり暮れていました。しかしこの時間から来る人が多い多い。21時までやっているので飲みながらほろ酔いショッピングという感じでしょうか。それも楽しそう

マーケット内はとにかく広いのとストリートフードの露店も多く並ぶので時間さえ許せば一日中過ごせちゃいます。毎月いつやるのか正確な日にちがわからないので気になる方はマーケットのFacebookまたはInstagramをフォローして随時情報を追うのがおすすめです。

EAST MARKET
住所: Via Privata Giovanni Ventura, 20134 Milano
日時: 月のどこかの日曜日 10:00~21:00
最寄駅: 地下鉄M2 (緑線)Lambrate

Text: Aika Okochi