世界のレディの私服。NY在住スタイリストはボーイッシュミックスが得意

世界のレディの私服。NY在住スタイリストはボーイッシュミックスが得意

世界中の街角で出会った、“自分らしさ”を大切に思い思いのおしゃれを楽しむ女性たち。 毎日ドレスアップするわけでもない、同じようなコーディネートばかりかもしれない。でもそれでいい。それが自分らしいってことだ。ニューヨークに住むブリー・ウェルチの5日間のスタイルを追いかけてみた。


NEW YORK

世界のレディの私服スナップ

ブリー・ウェルチ
スタイリスト&クリエイティブコンサルタント

デザイナー、PRを経て、ウェブサイト『ギャランス・ドレ』では2017年までファッション・ディレクターを担当。独立後、アメリカン・バレエ・シアターからエディトリアルまで幅広く活躍中。

「今日はどんなキャラクターを演じようかなと考えて、その日のコーディネートを決めている」と話すのは、ローワーイーストサイドに住むブリー。カリフォルニアで育ち、子どもの頃はダンスと演技のレッスンに励んでいたそう。その影響もあって、今もダンスは彼女の着想源であり大好きな息抜きのひとつ。バレエからコンテンポラリーまでオールジャンルに興味がある。自身のスタイリングを一言で表現するなら「ボーイッシュな部分もあるけど、好きなものや気分を織り交ぜたEclecticかな。ずっと憧れている女性は(サンローランのミューズであった)ルル・ドゥ・ラ・ファレーズなんだ」。

DAY 1

ドレス: Merlette レギンス: ナイキ シューズ: アリクス ネックレス: 愛犬「LEO」の名前の入ったネックレス

 

DAY 2

ジャケット: HOPE ブラウス: GANNI ジーンズ: リーバイス® ビンテージ クロージング ハット: ジョセフ

 

DAY 3

セーター: シー ニューヨーク パンツ: Kwaidan Editions シューズ: アリクス

 

DAY 4

ジャケット、ニット: GANNI 重ねたメッシュドレス: ザラ パンツ: セリーヌ シューズ: シャネル

 

DAY 5

ジャケット: SLVRLAKE パンツ: ヴィンテージのラングラー ニット: オフ-ホワイト イヤリング: サイモン・ミラー

 

Photo: Naoko Maeda Text: Mari Fukuda

GINZA2019年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)