世界のレディの私服。脱コンサバでカラフルを楽しむ!シドニー在住スタイリストのハッピーなお洋服

世界のレディの私服。脱コンサバでカラフルを楽しむ!シドニー在住スタイリストのハッピーなお洋服

世界中の街角で出会った、“自分らしさ”を大切に思い思いのおしゃれを楽しむ女性たち。 毎日ドレスアップするわけでもない、同じようなコーディネートばかりかもしれない。でもそれでいい。それが自分らしいってことだ。シドニーに住むクロエ・ヒルの5日間のスタイルを追いかけてみた。


SYDNEY

クロエ・ヒル スナップ

クロエ・ヒル
スタイリスト

母国のニュージーランド、シドニー、そしてヨーロッパをベースにスタイリストとして活躍。時にカメラ撮影も。注目フェイスを紹介するCoolpretty.coolを2017年スタート。

「ルールにとらわれ過ぎず、楽しくハッピーに」がクロエ流のコーディネート術。色やプリント、刺繡が好きで「いまはタイガー柄に夢中。昔はもっとコンサバだったんだけど、年齢を重ねるにつれセレクトにもっと自信が持てるようになって、私らしさが表現できるようになったの」と話す。よく着るブランドは地元の〈カレン ウォーカー〉や〈ROMANCE WAS BORN〉、それに〈プラダ〉もお気に入り。春はいつも通りカラフルに楽しむつもりだけど「DAY 2のようなショートパンツやボディスーツが絶対におすすめ。トレンド感があって洗練されたクールな雰囲気になるはずよ」

DAY 1

デニムジャケット: ミュウミュウ Tシャツ: カレン ウォーカー×ディズニー スカート: RIXO バッグ: DEADLY PONIES

 

DAY 2

トップ: RIXO ショートパンツ: ミュウミュウ バッグ: マリメッコ サンダル: マノロ ブラニク

 

DAY 3

ワンピース: GANNI バッグ: カレン ウォーカー×ディズニー スニーカー: バリー

 

DAY 4

ロングワンピース: ROMANCE WAS BORN イヤリング: VALET サンダル: マーク ジェイコブス

 

DAY 5

コート、シューズ: プラダ Tシャツ: PRIMARIE パンツ: KOW TOW

 

世界のおしゃれを楽しむ女性たちをもっと見る

Photo: Ryan Cullen Text: Aiko Ishii

GINZA2019年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)