今日とは違う、未来の私のきっかけになる「本」の存在 ふたりの“あずさ”の往復書簡