水曜美容部:年が明けたらリップの準備。今年赤リップを持つなら?

水曜美容部:年が明けたらリップの準備。今年赤リップを持つなら?

レディの美をブラッシュアップするには、週の谷間の水曜日が狙い目。ビューティ探求に余念のない部員たちが、おすすめアイテムを持寄ります。さて今週のお題は「赤リップ」。新年のめでたい気分にもぴったりな色を口紅で。今年の唇を彩る赤は? 部員たちがそれぞれの一本をおすすめします。


<CHANEL>

なんだかとても“居心地がいい”と思った赤がこれ。纏うだけで、ピンッと背筋がのびる赤特有の特別感はしっかりあるのに、柔らかく落ち着いたトーンで自分の顔にスッと調和するような、バランスが絶妙。直塗りしても強すぎず、しっくりくるし、顔全体の印象が締まるから、とにかく毎日バッグに忍ばせておきたい。定番で鉄板な赤になりそうです。シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット 73 *1月4日限定発売(私物) 

推薦者:Nanako Koike

ビューティライター。大好きな赤リップを塗り比べたり、春新色パトロールに夢中。冬から引き続き、青みのある色が気になります。

 

<THREE>

赤リップは基本的に大好物。最近は特にブラウンがかった深いカラーが気になります。これは1月1日に口紅を全リニューアルした〈THREE〉のもの。唇にピタッとフィットして内側から光を放つ、ブラウンのようなバーガンディのような、シックな赤。どんな年齢のひとでも「これが私」って自信になるような、本当にいい色です。THREE デアリングリィディスティンクトリップスティック04(私物)

推薦者:AYANA

美に携わるモノや人について言語化するビューティライター。女性たちが自身や世界を美しく捉えなおす、そのきっかけづくりを手伝う。

 

<shu uemura>

毎日つけられる赤リップ、見つけました!アジア人の肌に合う究極の赤にたどり着いたというシュウ ウエムラ。このRD 163は、ほどよく黄味も入っていて、コーラルのような気持ちで使える。でも、これは赤。確かに赤。マットの質感も柔らかで、ふわっと唇に馴染む。粋で、 女らしくて、でも大袈裟さは全くなくカジュアル。これはいい!! ! シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド マット M RD 163 (私物)

 

推薦者:Motoko Kuroki

黒木、motoko kurokiGINZA編集部ビューティ担当。プロフィール写真でつけているのが上のシュウ ウエムラ。赤リップはつければつけるほど”こなせる”ようになる気がするので、今年はよりデイリーにつけていきたい!

Photo: Kaori Ouchi Illustration: Natsuko Taniguchi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)