雨の日メイク3 繊細なラメプロダクト

雨の日メイク3 繊細なラメプロダクト

雨が降り続く日だって、明るいカラーや光を肌にひとしずく落とすだけで、気分が晴れてお出かけしたくなるもの。 着こなしのアクセントにもなるいまどきカラーをさりげなくドロップしたデイリーメイク、はじめてみませんか?

drop make-up 3

睫毛をラメで光らせる。 滴る雨の雫のように。

雨粒なのか?涙なのか?ドキリとさせる雨の日のまなざしラメ。睫毛を束にするように、輝度の高い光を大胆にまといたい。使ったのは〈イヴ・サンローラン〉のゴールドマスカラだけれど、ラメライナーでもいいかもしれない。奔放な瞬きがきっと、誰かの胸を熱く焦がすはず。

(右から)
・ゴールドマスカラは下睫毛の毛先1/2だけに。ブラシを小刻みに動かして3、4本を束にするようにオン。上睫毛は黒のまま、あえてカールさせない。イヴ・サンローラン マスカラ ヴィニルクチュール 8 ¥4,400(イヴ・サンローラン・ボーテ 03-6911-8563)*モデル使用色
・光に当たるとゴールドに輝き出すシルバーライナーは、睫毛に塗っても素敵。瞳に映り込むのは、ひやりと冷たい銀雨の透明感。ルナソル メタリックライナー EX02 ¥2,800*限定品(カネボウ化粧品 0120-518-520)

衣装*スタイリスト私物

Photo(model): Osamu Yokonami Photo(product): Satoshi Yamaguchi Styling: Mana Yamamoto Hair & Makeup: Taeko Kusaba Model: Luka Text & Edit: Yukiko Ogawa

GINZA2018年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)