世界初の顔肌マネジメントサロン「THE BOOK 青山」に我らがビューティエディター・安倍佐和子さんが潜入

世界初の顔肌マネジメントサロン「THE BOOK 青山」に我らがビューティエディター・安倍佐和子さんが潜入

美しい顔って? 白肌やら大きな目やら、そういうことではないだろう。私らしい美しさにたどり着けると噂の『THE BOOK青山』に、我らがビューティエディター・安倍佐和子さんが潜入しました!


 

世界初の「KAODACHIマネジメント」って何?

 

トレンドに敏感な方々に、美容の2016年トップニュースのひとつ「KAODACHIマネジメント」をご紹介しよう。「KAODACHIマネジメント」とは、フランス・パリにあるKAODACHI研究所が開発した世界初のプログラムのこと。このプログラムを採用し、独自のメソッドを提供してくれるのが4月にオープンしたばかりの『THE BOOK青山』だ。

 

160428gn_0027

 

ここ数年で、ファッションやライフスタイルにおいて、“自分らしさ”を追求しようという人がぐっと増えた。にも関わらず、ビューティにおいては「白いほうがいい、若く見えたほうがいい」と、いまだクラシックな概念が主流。とても残念なことだけれど。

 

では、いったいどうすれば、自分らしいビューティや美しさと出会えるのだろうか? そんな難題に、ビューティの枠を超え、新しいアプローチで挑むのが、この「KAODACHIマネジメント」。理工学部教授や心理カウンセラー、相貌心理学者などのスペシャリストたちを揃え、3年の歳月をかけてプログラムを完成。サイエンスや心理学をベースに、“自分らしさ”や“美しい顔立ち”を極めていくまったく新しいメソッドなのだ。

実際に施術を担当するのも、相貌心理学のトレーニングを受けたセラピストたちで、使用する化粧品も「KAODACHIマネジメント」のために開発された独自のもの。

さっそく、気になるそのプロセスを追ってみた。

 

ついに自分自身との対峙へ

 

看板も何もないサロンを訪れ、最初に案内されるのがダイニングルームと呼ばれる空間。マダムと呼ばれる女性に導かれ、怒りや悲しみ、喜び、愛といった感情を表すスイーツをいただきながら、今日の出来事や、そのときどんな感情が湧いたかなどを、マダムと語らった。じつはその日は取材で忙しく、無感情に近かったことにはっとする。“感じないと顔の表情も乏しくなるのかな?”、そんなことを思いながら、一口ごとに自分の感情のドアをたたいていく、そんな作業。そう、すでにセラピーは始まっている。

 

160428gn_0004

 

そしてセラピストと共にコクーンと呼ばれるトリートメントルームへ。いよいよ“自分発見の旅”が始まる。

 

160428gn_0011

160428gn_0039

 

 

コクーンに入ると、そこには脳波測定器と10台のカメラが(この脳波測定やモニター診断などに、前述のスペシャリストたちの技術が応用されている。特に、表情や顔立ちから心理を見極める分析については、相貌心理学がベースになっているのだそう)。

脳波を測定し、カメラで撮影された自分の顔がモニターに映し出され、一瞬、ひるむ。上下左右から撮られた、見慣れない顔ばかりだからだ。いちばん違和感があったのが、反転した顔。じつは、これが他人から見られている顔だという。“えっ、こんなに左右差があるの?”というのが第一印象。さらに、右側の顔には現在と未来が、左側には過去やもともとの自分の本質が現れ、下から見上げた自分には、すべてが映し出されているのだという。怖い。

 

感じたのは、自分が置かれている環境や感情、そして顔立ちとのギャップだ。“今まで肌や造作の美しさにこだわり過ぎていたかもしれない。自分らしい美しさ、キレイって何だろう? 自分の顔に責任をもたないと”、ふと、そんなことを思った。

 

160428gn_0031

 

そして、THE BOOK独自の製品を使ったトリートメントに移る。脳波と相貌心理学を応用したモニター解析から、私の場合は、頭(使ってないと思っていたが使っているらしい)と気の使い過ぎ傾向で、頭部から背中にかけての強張りと滞りがマックスのよう。そう言われてみると、こめかみに血管が浮いているし、目は開いてない、しかもフェイスラインももたついている!

これらの外面的な悩みと感情面へアプローチするため、トリートメントは東洋医学と西洋医学の発想を融合。腹部から、溜まった感情をケアし、ツボや経絡を意識した施術など、約1時間たっぷりのトリートメントはまさに至福の時間だった。

 

160428gn_0044160428gn_0022

160428gn_0020

 

施術後に、再び脳波を測定、顔をモニターでチェックした。そこに映し出されたのは、強張りがとれ、明るく大きく見開いた目元と、フェイスラインがすっきり整っている自分。そして何より表情が明るい! そう、顔立ちの印象が、どこから見ても変わっていたのだ。

beforeafter

 

自分の生き方を自覚する
「KAODACHI
マネジメント」

 

以前から、肌をいくらケアしてもその土台である表情筋、あるいは精神が美しくなければキレイにはなれない、とは思っていたけれど、まさか、科学的な視点から自分自身で体感できるとは。「KAODACHIマネジメント」とは単なるスキンケアやフェイスケアにとどまらない、独自のアプローチを確立したといえよう。

自分らしい顔立ち、自分らしい美しさとは何か、これからの人生をどんな顔で生きていきたいか、まだみつかっていない人にこそ、ぜひ一度、体験してみてもらいたい。
*次回は「KAODACHIマネジメント」の鍵を握る、相貌心理学について詳しくレポート!

THE BOOK青山本店

東京都港区南青山6-4-6
☎03-3486-1212
営業時間:10:00~21:00(完全予約制)
http://www.thebook.com
初回体験は2時間¥10,000。
体験後に「KAODACHIマネジメント」プラン(2か月間)が受けられる。

安倍佐和子 Sawako Abe

GINZA連載「安倍佐和子マーケット」ほか、多方面で活躍するビューティエディター。

Photo: Akiko Mizuno

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)