SEARCH GINZA ID

占いのその後…vol.15 「結婚相手と出会う」と予言された人は本当に出会えたのか

占いのその後…vol.15 「結婚相手と出会う」と予言された人は本当に出会えたのか

今年中に未来の結婚相手になる人と出会えますよーーいかにも占いで言われそうなこのフレーズ。結婚を切望する人にとっては、一瞬で世界を薔薇色に変えてしまうくらいのパワーワードでしょう。しかし実際、こう予言された人はその後どうなったのか…… 今回の相談者である加恋さんのケースを見ていきましょう。


相談者

土屋加恋さん(仮名)
電機メーカー勤務・28才
九紫火星

悩みをざっくり:巷で当たると評判の別の占い師に「今年、結婚する人と出会う」と予言された加恋さん。その上でオカンに、自分が具体的にいつ結婚できるのか聞いてみたいという。

 

加恋の証言:「別の占い師に結婚できるって言われました!」

先日、友人と「当たる」と評判の占い師さんに、いつ結婚できるかみてもらったんです。そしたら「30才前後で結婚できる。そろそろ運命の人に出会いますよ」って言われました。

今、彼氏はいないですし、その運命の人といつ出会うか知りたいんです。もうアラサーなので、ちょっと焦っているというか……具体的にいつ、どんなシチュエーションで出会うのか気になるんです。

あ! あと、最近知り合った男性と良い感じなんですよね。多分、私に気があるんじゃないのかな。その人が未来の結婚相手なのかどうか教えて欲しいです。


オカン:確かに、九紫火星は今年、積極的に行動して良い年だから、出会いも多そうだけども……ごめんなさい、結婚のカードは出ていないわ。この占いは3ヶ月以内の未来のことしか見えないの。でも、ポジティブに生きていた方が良いから、ぜひ、その占い師さんを信じて行動してみて。何もないからといって、出会いのチャンスまで諦めるのは良くないわ。

加恋:今、良い感じの人がいるんですけど、その人が運命の人ってことはないですか?

オカン:んー、その人と加恋さんの恋愛のカードは出ていないわねえ。それに、彼が加恋さんのことを好きだとも言えない。

加恋:え、そうですか? だって、何回か二人っきりで食事にも行っているし。それに誕生日だって言ったら、チョコレートを買ってきてくれたんですけど?

オカン:二人で食事に行ったからといって、彼も好きだとは言い切れないし、誕生日だと聞いて、友達にプレゼントを渡すのはそんなに特別なこととは思えないけど。あくまでも占いだから、絶対に信じろとは言わないけれども、ほら見て。この「恋人」のカードがひっくり返っているでしょ? これは初恋を意味するカードで、新しい出会いとか、新しい恋愛って読み取れるの。でも、加恋さんのカードは反対向きだから、彼が貴方に気があるとは言ってあげられないし、新しい出会いがあるとも言ってあげられない。

加恋:でもゴハンに誘うと、必ず来てくれるんです。

オカン:この占いでは彼の気持ちは出ていないわね。今、加恋さんは自分に対する彼の行動に対して「自分のことを好きかもしれない」って感じ取ったんでしょう?

加恋:はい。実際、好きなんだろうと思いましたし、そう信じています。

オカン:もし、「食事に行くこと=好意」になるなら、加恋さんと食事に行く男性はみんな、貴方のことが好きだということになるわよ?

加恋:でも、好きではない相手と食事に行かないですよね?

オカン:それは人それぞれ違う価値観を持っているから「好き」とは言い切れないわよ。異性として興味がなくても、仕事のために食事に行く人もいれば、恋愛感情なしに、友達として食事に行く男性もいるでしょう。まあ、加恋さんの気持ちは分かるわ。人は恋をすると「相手はこうだろう、ああだろう」って一人で想像して、自分の良いように解釈して気持ちがどんどん高ぶるものよね。でも、考えてみて? それって何も確証はないし、相手のことを思いやったり、考えているわけでもないのよ。


占いのその後 気になる男性からまさかの大発表

占いの後、好意を寄せている男性と何度か食事に行ったという加恋さんだが、衝撃的なことを言われたそうだ。

「別の女性と結婚すると、本人の口から聞きました。報告を受けた時、恋人がいるのに、なんで一緒に食事に行ったのか、メールの返信が早かったのかって疑問ばかりが浮かんできました。

オカンに占ってもらう中で「相手に気がない」と言われても、納得できませんでした。ぶっちゃけ、あれ以上話も聞きたくなかった(笑)。オカンのところにも、別の占い師と同じように“結婚できる”って言われると思ったんですけどね。

でも、別の占い師に結婚できると言われましたし、オカンにも「ポジティブが良い」と言われたので、今後も出会いは求め続けます!」

実は加恋さんを鑑定している時に、タロットに加恋さんではない女性が見えたのを、オカンは敢えて伝えなかったそうだ。

「加恋さんは、プライドが高いタイプの人。以前来た九紫火星の女性だってアプリで出会った男の素性を知らないまま運命の相手だと思っていたわ。思い込みが激しくて、プライドが高い相談者が相手だと、難しいわよね。傷つけたくはなかったし、たとえ女性の存在を伝えても加恋さんは信じなかったと思う。私だって“結婚できる”って言えるのであれば、結婚を望むお客さん全員に言いたいけど、嘘はつけないのよ。タロットと霊視で見えるものを言っているだけだから、納得せずに帰るお客さんも沢山いるの」

オカンの話によれば、神様は私たちをすぐに運命の人に会わせてはくれない。様々な形の “恋愛”を経験させることで、相手への思いやりや、運命の相手に会うまでの勉強をさせるのだとか。苦い恋も失恋も、そんな相手に巡り会うまでの準備期間なのだろう。

オカン

2007年に都内の自宅で占いの店をオープンし、これまでの鑑定人数は3000人を超える占い師。タロット、九星気学をもとに、霊感で見える風景や人物をヒントにアドバイスをする。霊感は幼少期からあり、10代の頃から趣味でタロットを始める。本人の希望により、店の詳細と本名は秘密。

Text: Emiri Inoue Illustraiton: Sarah Iwata Edit: Norie Sato

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年4月号
2020年3月12日発売

GINZA2020年4月号

No.274 / 2020年3月12日発売 / 特別定価860円(税込み)

This Issue:
花とファッション

どんなときでも
花と一緒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)