SEARCH GINZA ID

大滝詠一の80年代伝説<後編>『A LONG VACATION』を聴けば松田聖子の『風立ちぬ』がわかる。 逆もまた真なり!二大アーティスト夢の出逢い

大滝詠一の80年代伝説<後編>『A LONG VACATION』を聴けば松田聖子の『風立ちぬ』がわかる。 逆もまた真なり!二大アーティスト夢の出逢い

2021年3月21日、歴史的名盤『A LONG VACATION』の発売40年を記念して『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』が発売される。80年代カルチャーで育ったライター・水原空気が大滝詠一さんについて、連載「松田聖子の80年代伝説」シリーズでおなじみの名プロデューサー・若松宗雄さんにスペシャルインタビュー。

大滝さんがA面5曲を手がけた松田聖子さんの4thアルバム『風立ちぬ』とロンバケには隠された秘密があった。歌謡曲とロックの壁を取り払った大滝さんと聖子さんの奇跡的なコラボに再注目!前編の 唯一無二のナイアガラ・サウンドで革命をもたらした 『A LONG VACATION』と『風立ちぬ』も合わせてチェック。


ライター水原(以下M)  数々のインタビューによると、大滝さんは聖子さんのアルバム『風立ちぬ』に参画することを大変喜んでいたようです。その証拠に『A LONG VACATION』の5曲と『風立ちぬ』の5曲を符合するように作ったとコメントされていて。自分の好きな曲調を全部『風立ちぬ』に投入したんだと思います。

『君は天然色』 → 『冬の妖精』

『雨のウェンズデイ』 → 『ガラスの入江』

『恋するカレン』 → 『一千一秒物語』

『FUN×4』→ 『いちご畑でつかまえて』

『カナリア諸島にて』 → 『風立ちぬ』

 

若松さん(以下W)   (笑)おもしろいよね。今回意識して聴き直したけどまさに同じ、そのとおりでしたよ。しかもちゃんと音楽的遊びになってる。

M  これは松本さんの詞についてですが『白いパラソル』と『君は天然色』の両方に小型ヨットの「ディンギー」が登場する。ここでも『風立ちぬ』と『A LONG VACATION』が双子的作品であることがわかります。

W  そのとおりですね。

M  プロデューサー的には複雑な部分も?

W  いやいや、とんでもない。逆にすごく嬉しいですよ。僕はポップスを「整理」したくないし境界線も作らない。だって娯楽ですから、人は枠からはみ出しているものにこそ惹かれるんです。毎日整理された秩序と組織の中で暮らしていると、みんな逆のものに惹かれますから。同時期に作っていたら同じ世界観が込められるのは当然だし、自由に作って良い作品ができればそれでいい。40年過ぎてもファンの方たちが、あれこれつながりを語ってくださるのも嬉しい。僕なんか逆に教えてもらうことが多いくらいです。

M  大滝さんはアルバム『風立ちぬ』の半年後に発売された、大滝さん・佐野元春さん・杉真理さんによる『ナイアガラ トライアングル Vol.2』でも、『風立ちぬ』5曲のB面を作るような気持ちで曲を書き、シンメトリックにしたと語っています。

『冬の妖精』 →『 A面で恋をして』

『ガラスの入江』 →『Water Color』

『一千一秒物語』  →『白い港』

『いちご畑でつかまえて』 → 『ハートじかけのオレンジ』

『風立ちぬ』 → 『オリーブの午后』

 

W  なるほど大滝さんらしい。

M  しかもアルバム『風立ちぬ』のオファーがあったとき、1976年に吉田美奈子さんのアルバム『FLAPPER』を仲間たちでプロデュースした体験を思い出し。またあんな風に佐野元春さんや杉真理さん、平井夏美さんと聖子さんのアルバム『風立ちぬ』を作りたいと考えていたようですよ。

W  えーーー! その話、聞いてないよ。いいじゃない、それ。ナイアガラ トライアングルと聖子。やってみたい。

M  でも諸事情で一旦引っ込めたらしく。

W  そうかぁー。大滝さんもシャイだからなぁ。何かに忖度しちゃったのかなぁ。もしその企画がちゃんと来れば、タイトルとテーマを決めて真剣に考えましたよ。

M  そういえば平井夏美こと川原伸司さん(前編参照)は、森進一さんの『冬のリヴィエラ』を松本さんの作詞、大滝さんの作曲でヒットさせましたよね。

W  『冬のリヴィエラ』のレコーディングは私も同席しましたよ。

M  え? ビクターの!!???

W  あの頃松本さんや大滝さんとワイワイやってたから、ビクタースタジオに自然に呼ばれて。録音のあと近くのバーで「若松ちゃん、タイトルは何がいい?」「やっぱりこんな感じがいいんじゃないのー」なんてみんなで盛り上がってね。

M  若松さん、まさに境界線なし(笑)。

W  当時は毎日みんなで「雑談」してましたよ。本音で語って次々にアイデアが生まれていったんです。レーベルも関係なかった。でも今は「静」の時代。新型コロナがなくてもきっと「静」だったと思います。それで誰かが「動」に行くとみんなであれこれ言う。でもね、 変に境界線を作るより人生楽しまなきゃ。

 

こだわり満載の歴史的名盤は、
雑談と遊びの中から生まれた!

M  松本さんと大滝さんの『A LONG VACATION』の最初の打ち合わせも、大滝さんが永井博さんのイラスト集をポンと机に置いて雑談するように始まったそうです。そこからまず『カナリア諸島にて』が完成し。

W  リゾートな世界観は聖子とも通じていますね。大滝さんは青森の三沢基地の近くでラジオからアメリカンポップスを聴きながら育ったから音楽的な造詣も深いよね。

M  『ナイアガラ トライアングル Vol.2』の『A面で恋して』は、バディ・ホリーの『エブリディ』にインスパイアされたという説があります。「A面」と「エブリディ」の言葉の響きも似ていて。

W  そうかもねぇ。感性に引っかかった気になる曲をベースに、自分なりのカラーをつけて全く別の新しい曲を作る。音楽好きの人が聴けば一瞬だけわかるような感じで。

M  聖子さんのアルバム『Candy』の『Rock ’n’ Roll Good-bye』も大滝さんの作曲ですが、コニー・フランシスへのリスペクトが感じられます。しかも間奏は『むすんでひらいて』!

W  ああいう遊びを堂々とやるのも大滝さんならではだよね。

M  アルバム『風立ちぬ』の『いちご畑でつかまえて』は、大滝さんが自分自身のキーでトラックをレコーディングしてしまったことに気づき、最後に急遽コーラスパートを主旋律(歌のメロディー)にしたそうです。

W  知らなかった。だからあんなにメロディーのフワフワとした不思議な歌なんだね。

M  しかもキャッチー。まさに天才的エピソードです。聖子さんだから歌えた曲ですけど。

W  B-ing(B’zやZARD他で著名)を創業した長門大幸さんが「若松さん、ヒット曲はやっぱりわかりやすくないと。ビートルズだってそうでしょう。♪イエスタデーとか♪ヘルプ! とかね」と昔言ってたけど、大滝さんにも近いものを感じます。『風立ちぬ』も曲の出だしとタイトルが一語で同じだし、CMソングを手がけていたから、どの曲も一瞬でスッと入ってくる。

M 確かに『風立ちぬ』は構成がビートルズ的なのかもしれません。 

 

稀代の才能が集結した作品群は、
いま聴いても極上の魅力を放つ。

M もう一つ『A LONG VACATION』を語る上でとても大切なことがあります。制作準備中に松本隆さんの妹さんが亡くなられて。松本さんが仕事を断ろうとしたところ、大滝さんが「君の詞じゃないとダメだ」と松本さんが戻ってくるのを待った。その後、想い出はモノクローム色を点けてくれ、と書かれたのが『君は天然色』。

W 生と死を意識しているからこそ、あんなすばらしい詞が書ける。何気ない歌にも実は深いメッセージが込められているんですよね。

M 若松さんは昔、小説『風立ちぬ』の作者・堀辰雄さんが入院していた高原の病院を見に行かれたことがあるそうですね。

W 堀さんのファンだったので詳しく知りたくて行ったのですが、つくづく命の儚さを感じました。昨年亡くなられた、なかにし礼さんも戦時中に満州で大変な苦労をされて。そういう背景を知って昭和のヒット曲、弘田三枝子の『人形の家』や黛ジュンの『天使の誘惑』を聴くと歌詞の意味が全く違って聞こえてくる。

M それを知ると聖子さんの曲もまた違う解釈ができますね。ところで世界的なシティポップ・ブーム。1984年発表の竹内まりやさんの『プラスティック・ラヴ』や1979年末発売の松原みきさんの『真夜中のドア~Stay With Me』がネットで大ヒットしていて。

W いい曲は時代も国境も超えちゃうからね。80年代のあたたかみのあるサウンドとメロディアスでイメージのはっきりした曲は、無機質に近い今の時代と逆だからこそ支持されるのがよくわかります。大滝さんのレコードを買いに海外からたくさんの人が来るのも同じ理由だよね。

M この春からいよいよ大滝さんもサブスクが解禁されるので、ますますグローバルな評価がアップしそうです。ちなみに今回の40周年記念盤には大滝さんのレアトラックCDが含まれるセットもあるのですが。ズバリ! 聖子さんの未発表曲はあるのでしょうか??

W ない。ないよー。

M そうですか……以前お話しした『白いパラソル』の別バージョンや『秘密の花園』のメロディ違いの噂も聞いたことがあります。

W 確かにそういうのはあるかもなぁー。色々検討していく上でやめたバージョンはおっしゃる通り存在します。普通は作家とアーティストがOKすれば出せるけど、どうだろうね。

M いつかまた若松さんに、新旧のソニーミュージックのアーティストを集合させて聖子さんのアルバムを作って欲しいです。レアトラックスや大滝さんの曲も入れて。夢でもしそのアルバムに逢えたら、素敵なことどころかファン号泣です。

W もちろんチャンスがあれば是非。まだまだ音楽で革命を起こしますよ!!

M 大滝さんや松本さんや聖子さんが一つになってレコードを作れたのは、情熱溢れる若松さんがいたからこそ。さて次回は連載のVol.10。ロングヒットした伝説の両A面シングル『ガラスの林檎』と『SWEET MEMORIES』について。お楽しみに!

 

参考文献
「平凡Special 僕らの80年代 1985」(マガジンハウス)
「平凡Special 僕らの80年代 1982」(マガジンハウス)
「大滝詠一 作品集 Vol.1」(ソニーミュージック・レコーズ)
「大滝詠一 Talks About Niagara Complete Edition」(ミュージック・マガジン)
朝日新聞 19851218 夕刊

「夢で逢えたら 松田聖子」(ワニブックス)

Profile

大滝詠一/アーティスト、シンガーソングライター おおたき・えいいち

1948年生まれ。1970年に細野晴臣、松本隆、鈴木茂と共にロックバンドはっぴいえんどでデビュー。解散後はCMソングなどを手がけ、1981年3月21日発売の『A LONG VACATION』が大ヒット。幾重にも情熱が重ねられたナイアガラ・サウンドと爽やかなブリーズを感じさせるジャケットは80年代を象徴する1枚として伝説に。2013年12月30日に急逝。今も多くのファンに愛されている。

※プロデューサー、作曲等の場合は大瀧詠一とクレジットされるが今回は大滝詠一で統一。

撮影:井出情児

Profile

若松宗雄/音楽プロデューサー わかまつ・むねお

一本のテープを頼りに松田聖子を発掘。芸能界デビューを頑なに反対する父親を約2年かけて説得。1980年4月1日に松田聖子をシングル『裸足の季節』でデビューさせ80年代の伝説的な活躍を支えた。レコード会社CBSソニーではキャンディーズ、松田聖子、PUFFY等を手がけ、その後ソニーミュージックアーティスツの社長、会長を経て、現在はエスプロレコーズの代表に。Twitter@waka_mune322、YouTube「若松宗雄チャンネル」も人気。

Text: Kuki Mizuhara Photo: Hiromi Kurokawa

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年8月号
2021年7月12日発売

GINZA2021年8月号

No.290 / 2021年7月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
新感覚
コレクター白書

おしゃれな人たちの
集めているもの見せて!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)