SEARCH GINZA ID

G’s MUSIC REVIEW Z世代の代弁者 ビリー・アイリッシュの『ハピアー・ザン・エヴァー』etc.

G’s MUSIC REVIEW Z世代の代弁者 ビリー・アイリッシュの『ハピアー・ザン・エヴァー』etc.

9月のエンタメをレビュー!GINZA編集部がレコメンドする新譜をご紹介。


『ハピアー・ザン・エヴァー』
 ビリー・アイリッシュ


この数年、グラミー賞独占など音楽面だけでなくZ世代の代弁者とも言われ、発言や行動、ファッションとあらゆる面で関心を集めてきたビリー。初のドキュメンタリー映画の公開、著書の出版に続き発表した2作目は『今までで一番幸せ』というタイトルながら、本人は「ほとんど全曲に喜びがない」と発言。世界的ブレイクによって向き合うことになった闇、恐怖や怒りを吐露し、経験を語ることで与えてきた希望は新しいチャプターを迎える。

(ユニバーサル・ミュージック)

 

『遥かいま』
yonawo


学生時代からの音楽好きの友達同士で結成された福岡の4ピースバンドyonawo。富田ラボプロデュースのバラードや、ファンベースを広げたドラマのオープニング曲を含む2ndアルバムが完成。ネオソウル、R&B、ジャズ、ロックなどさまざまなルーツを感じさせるメロウなサウンドと、艶っぽいヴォーカルの何気ない言葉遊びのような語感がクセになる。デジタルで音数を増やせるこの時代に、余白でもって風景を広げるセンスが頼もしい。

(ワーナー・ミュージック・ジャパン)

 

『Annihilation』
AAAMYYY


対社会的な自分と自分の中にいる自分、そのふたつが対消滅して刷新される。そんなタイトルを掲げたシンガーのエイミーのソロ2作目は、前作以上に前に出たヴォーカルに胸を打たれる。相変わらず冴えるクールなトラックと、時代のムードや死生観がにじむ洞察力に優れたリリック、ASMR的な心地よさもあるウィスパー・ボイスの美しさ。Tempalayのメンバーやコラボレーターとしてシーンに欠かせない存在となった彼女の軸に触れる。

(ワーナー・ミュージック・ジャパン)

Recommender: 奥浜レイラ

音楽・映画まわりのMC。群馬の幼なじみユニット、どんぐりずの『4EP2』もこの季節の1枚になりそう。

GINZA2021年9月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年11月号
2021年10月12日発売

GINZA2021年11月号

No.293 / 2021年10月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
結局最後はヘアスタイル!
ファッションとの密接な関係

ヘアスタイルが決まれば
すべてうまくいく

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)