SEARCH GINZA ID

「モノトーンなら失敗しない」は思い込み。黒スタイリングのGOODとNG

「モノトーンなら失敗しない」は思い込み。黒スタイリングのGOODとNG

黒の安心感にあぐらをかいて考えなしに身につけていると、単なる“無難な人”に…。そこで「モードなブラック」をものにするポイントを、3人のプロに教えてもらいました。


ブラックジュエリーは攻めるもの

黒スタイリング_イラスト

GOOD!
大ぶりのものを大胆に効かせて

× NG POINT
控えめから脱出したい

黒の存在感に躊躇して小さいものをさりげなくよりも、インパクトのあるものを選んで
今、ブラックジュエリーを身につけるなら、コーディネートの“添えもの”ではなく、“アクセント”にする意識で。「主張のあるデザインかつ、大ぶりのものがマストです。オニキスなどの黒い石はもちろん、ブラックコーティングのメタルや大粒のビーズなど素材もいろいろ。今季のブラックジュエリーは、控えめというより、攻めるぐらいの気持ちでガツンと効かせると、しゃれた感じに仕上がります」(吉田さん)

モノトーン、メリハリ不足の謎

黒スタイリング_イラスト

白×黒
軽やかな素材で動きを出して

黒×白
立体感のある
シルエットが◎

× NG POINT
デザインも素材ものっぺり

ミニマルな配色だからこそ、デザイン性のある服や抜け感のある素材で盛り上げる
「モノトーンなら失敗しない」は思い込み。たとえばコットンの白シャツ×コットンの黒パンツなど、シンプルなアイテムかつフラットな素材感だと、堅苦しい雰囲気に。「配色がストイックな分、構築的なシルエットで遊ぶとか、レースやサテンなどの素材を選んで抜け感を出すとか、小物でアクセントをつくるとか、ひと工夫加えるのが必要不可欠。逆にクセの強いアイテムに挑戦したいときにモノトーン、という選択もアリ」(吉田さん)

黒アイテムのおざなりお手入れ

ついやってしまいがちな、定番アイテムの間違いお手入れと正解例をご紹介!

話を訊いた方々

山脇惠子さん
(心理カウンセラー、芸術療法士)
心理療法の中で色彩と心の研究を深め、長く医療少年院において芸術療法を実施。色彩と生活を結びつける活動を幅広く行う。

菅野めぐみさん
(文化服装学院専任講師)
文化服装学院にてアパレルデザインを専攻。卒業後、助手を経て専任講師となり、アパレル素材・染色に関する授業を受け持つ。

吉田 恵さん
(スタイリスト)
モード誌をはじめ、ショーやルックブックなどで活躍中。最新モードの知識とリサーチ力は、編集部からも一目置かれている。

関連記事

ちょっと残念!な黒の着こなし3つ。「おしゃれな黒」に見せるためのヒント

無難な黒じゃなく「モードなブラック」に!素材、肌見せ、シルエットのポイント

Illustration: Kahoko Sodeyama Text&Edit: Sayoko Imamura

GINZA2019年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)