SEARCH GINZA ID

360°VRの追体験が教えてくれた、デザインの本質。「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」オンライン展示アーカイブ

360°VRの追体験が教えてくれた、デザインの本質。「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」オンライン展示アーカイブ

【TOP画像】「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」360°VRより

2020年、コロナ禍にありながら異例の人気を博した「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展(会場:東京都現代美術館)。それが、360°VRとなって帰ってきた。会場の様子だけでなく流れていた音まで再現し、ズーム機能も備えた、もりだくさんの内容となっている(2022年3月31日まで期間限定無料公開)。

2020年、コロナの影響が本格化してから、国内外では360°VRで展覧会やコレクションをウェブサイトで公開する動きが一気に広まった。フランスのルーブル美術館をはじめ、オランダのマウリッツハイス美術館やアムステルダム国立美術館では、フェルメールの作品を高精細画像で見られるようにし、メトロポリタン美術館が「あつ森」とコラボしたことは当時話題になった。こんなふうに、仮想空間へアートピースが流れ出したのだ。

では、360°VRで見る「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」は、どんなものだろう?私は昨年この展示に足を運んだひとり。その体験と比較しながら見てみた。

最初の大きな部屋は、初期の広告やプロダクトデザインを中心とした作品がずらりと並ぶ。鑑賞者は、これぞというものを見つけたらズームアップして見ることもできる。ポスターやスケッチは点数も多いし、一つひとつが小さかったりするので、一点ずつ寄ってじっくり見ることができるのは、360°VRの良いところだと思う。

また、壁一面を引いた視点から眺めてみると、別々の仕事であっても、石岡ならではの表現が貫かれていることがわかる。時代を革新するイメージを広告を通して世に打ち出そうとした、彼女の強い信念を感じる。面白いのは、音声をオンにすると、会場でも流れていた石岡のインタビューの音声が流れてくること。会場にも同じ音はあったが、観客の人たちの足音や静かな話声に交じってなかなか集中して聞けなかった。けれど、ここでは話の内容がきちんと入ってくる。大衆に向けた広告の仕事と、見る人のリテラシーを求める純粋芸術との間で揺れる葛藤など、説得力があってグッときてしまう。石岡に怒られてる気持ちになるくらい?迫力のある声や話し方も魅力的だ。

そして、この展覧会では石岡の後年の仕事の大きな部分を占めた衣装を存分に見られる。かなり拡大して見られるので、生地の質感や刺繍の細かさといったディテールもうかがえる。通常、舞台や映画の衣装は、実際は映像通してだったり、ある程度離れたところから見られるため、実物を見ると意外に小さかったり、見えないところは簡素になっていたりすることもよくある。しかし、石岡の衣装は細かい部分まで徹底している。奇抜な発想を勢いそのままに表現できる、ディレクションの正確さや職人的なこだわりが感じられた。

会場の順路の通りに見るもよし、右上の平面図のポイントをクリックすれば、階や部屋に関係なく、視点のポイントへ飛ぶことも可能だ。実際に展覧会を見た人も、また見たかったとか見逃した作品に絞って見るのもよいだろう。そして、棚に並んだスケッチなどの資料は、クリックするとポップアップが出てくる仕組み。これまたズームして見られるので、会場ではなんとなく流してしまった人もぜひこの機会に見てほしい。

また、360°VRの方では、映像は静止画としてしか見られないが、こちらのハイライト映像では、映像も流れている展示室の風景がふんだんにあるので、雰囲気が楽しめる。

新型コロナウイルスの状況は、まだまだ落ち着かない。外出もままならない今、ファッションにおいてもショッピングの在り方が変わるように、展覧会も岐路に立たされている。もちろん、本物の作品をこの目で見ることがベストだと思う。私自身、やはり美術は足を運んで本物を味わいたいし、目の前にするからこそ伝わるオーラがあると信じている。ただ、この展覧会がいわゆる美術展と違うのは、石岡が、広告やプロダクト、映画といったコマーシャルやエンターテイメントの場で特に活躍した人だということではないだろうか。

映像や印刷物といったマスメディアを通して魅せる「デザイン」は、今回のようなVRという間接的な方法を介してもなお、エネルギーをじゅうぶんに伝える。彼女が主戦場としてきた表現が、何かを通じて多くの人々に感動を届けるものだったからこそ、今回の360°VR展覧会は、よくある「リアルVSバーチャル」という比較に陥らずに、高いクオリティを保っているように思える。

何を見せ、何を伝えるのか。「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」という本展のタイトルは、奇しくもこの360°VRというメディアによって、デザインの本質を伝えてもいるのではないだろうか。

※画像すべて、「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」360°VRより

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」オンライン展示アーカイブ

 

特設ページはこちら

■公開オンラインコンテンツ(2022年3月31日まで期間限定公開)

360°VRはこちら

※360°VRの他、DOMMUNEアーカイブや関連トークセッションの映像も見られます。

ハイライト映像はこちら

 

画質設定でネット環境に合わせてご選択ください(撮影・編集 鈴木余位)

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年10月号
2021年9月10日発売

GINZA2021年10月号

No.292 / 2021年9月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
physical stores
ショップの実力

フィジカルストア
お店に行きたいのです!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)