SEARCH GINZA ID

考察『エルピス』6話。真っ白な恵那が大洋テレビの顔に!しかし斎藤のLINEがいろいろ気になる

考察『エルピス』6話。真っ白な恵那が大洋テレビの顔に!しかし斎藤のLINEがいろいろ気になる

愛し合いながらも別れを選ばざるを得なかった斎藤正一(鈴木亮平)と浅川恵那(長澤まさみ)。ひとつの事件がそれぞれの人生をこんなにも変えていくのか──。『エルピスー希望、あるいは災いー』6話を、ドラマを愛するライター釣木文恵と漫画家オカヤイヅミが振り返ります(レビューはネタバレを含みます)。5話のレビューはこちら。


別れのLINEに「相克の関係」「情理」

LINEをちまちまと小分けにして送る人と、長文を送りつけてくる人。どちらのほうがよりタチが悪いか、1週間考え続けても答えが出ない。『エルピス』6話で、『ニュース8』出演直前の浅川恵那(長澤まさみ)に斎藤正一(鈴木亮平)が送ってきた別れのLINEの話だ。「♪ピロン」の音が連発していたときには「うわー」と思った。「演出がすぎるぞ」とも感じた。あの内容を直前に読ませて、恵那が出演をとりやめる一縷の望みにかけたのか? とさえ勘ぐった。もうひとつ、別れのLINEに「相克の関係」「情理」という言葉を使う人をどう判断すべきか、も考えている。愛する女に別れを告げるにしては冷静な言葉選びじゃないか?

多少の演出はあったにせよ、恵那を好きだったことも、きっと斎藤の本心だろう。「限りなくエンゲージリング的な指輪」を渡していたことからも、結婚だって考えていたのだろう(大事なことを言葉にせずこっちに解釈を委ねてくる人ではあるけれど)。けれど、『フライデーボンボン』チーフプロデューサーの村井(岡部たかし)いわく“あっち側”=政治的な「素質がありすぎる」斎藤は、その才能という厄災によって大事なもの=恵那を「人生から押し流す」ことになってしまった。

このシーンでは、『ニュース8』への記者としての出演を「やめとくか?」という村井がかっこよかった。アナウンサーとして「原稿を読まされてた」という言い訳で斎藤と恵那を救おうとした。局内の政治をよくわかっているからこその振る舞いだ。
その申し出を断り、「この仕事は私です、まるごといまの私自身なんです」という恵那もまた、かっこよかった。
こうなってくると、路チューを週刊誌に撮られて別れたのが、ほほえましく平和なできごとにさえ思えてくるから恐ろしい。

うすっぺらくありがちな番組リニューアル

5話で岸本拓朗(眞栄田郷敦)が解き明かした重要な真実は、村井の一存により『フライデーボンボン』で放送された。結果、世論が大きく動いた。関係者は松本死刑囚(片岡正二郎)が逮捕されたとき同様マスコミにさらされ、目撃証言のウソが暴かれた西澤(世志男)は逃亡。恵那は木村弁護士(六角精児)から「再捜査の可能性は消えましたよ」と責められる。
斎藤を通じ大洋テレビが懇意にしている副総理・大門(山路和弘)のメンツを潰さぬよう、『フライデーボンボン』は打ち切り、村井は子会社左遷、拓朗は経理へ異動という「あからさまな粛正」が行われた。粛正、という強い言葉からもこの人事の残酷さを伝わる。

後継番組『ウィークエンドポンポン』では村井の代わりに事なかれ主義の名越(近藤公園)がチーフプロデューサーに。MCは変わらず海老田天丼(梶原善)。けれどアシスタントはより若い女性に、ひな壇のボンボンガールも総とっかえという、雑な、けれどものすごくよくありがちなリニューアル。最終回終了後のなんとも言えないアシスタント、ボンボンガールたちの表情がよかった。

最後の打ち上げで恵那が歌った「贈る言葉」はすばらしかった。から騒ぎでいろんなことをごまかしていた空気ががらりと変わってしまうことに納得できる長澤まさみの歌唱力! 改めていい歌だなと歌詞が染み入った。そんなに上手ではない、慣れない感じで途中から一緒に歌わされる岸本もよかった。

番組をおろされた同士の傷のなめあいのような関係をつなぐ岸本とあさみ(華村あすか)。あさみが恵那についてのネットニュースを見ながら「斎藤さんとは別れたんだよね」と言うと、「そうなの?」と答える岸本。相変わらず社内の関係性に疎い。目の前であんなに泣いている恵那を見ていたのに。それともとぼけていたのだろうか。
ここで、あさみが読み上げた恵那に対するコメントの中にあった「相変わらずエロい」に徒労感が募る。何をしても、どこに行っても関係なく、そんな目で見られ続けなくてはならない。

流される“メインキャスター”恵那

恵那はといえば、『ニュース8』にメインキャスターとして返り咲いた。その初日、近寄ってきたプロデューサー佐々木(神尾佑)の発言はパワハラセクハラの嵐だ。
「出戻りを引き受けるって決めてやったのは俺だからね」「案外悪運強いよねお前も」「俺の下で余計なことは死んでもさせねえからな」「女の旬てのは全く短いもんだよねえ」。佐々木を見ていると、村井はかわいいもんだったなあ……。

けれども、恵那も負けてはいない。「余計なことはしませんけど、必要だと思うことはします」「真実を伝えられないなら、キャスターなんてただのうそつき人形です。覚悟はしてますから、ご都合悪ければいつでもさっさとおろしていただいてけっこうです」。眩しいほどの白い衣装で、佐々木に返す。

新元号・令和の発表やゼレンスキーのウクライナ大統領当選。恵那が読み上げるニュースに、ドラマ内の時間は2018年だったことを再び思い出す。『フライデーボンボン』の恵那はカラフルな衣装を着ていたけれど、『ニュース8』の恵那はいつも真っ白が基本のコーディネートだ。その衣装が表現する清廉潔白さが、単なるパフォーマンスにならないよう決意していた恵那だけれど、どんどんと忙しさに押し流されていく。
「追いつけるはずのものにさえ、追いつけなくなってしまうのかもしれない」
「あるいは私もついに忙しいふりをして大事なことを忘れようとしているのだろうか」

恵那が読み上げるニュースには八頭尾山の話題は出てこなかったが、経理課のいち社員になったはずの拓朗は取材を続けていた。そして副総理・大門と、あの謎の男(瑛太)がつながる。大洋テレビを辞職した斎藤は、いよいよ才能に従って大門の元に行くのだろうか。佐々木からの問いかけへの頷きはずいぶん曖昧に見えたけれど。拓朗が送ってきた写真を見た恵那は、笹岡(池津祥子)に大門の調査を依頼する。恵那と斎藤との「相克の関係」はこれからのほうがより強くなりそうだ。

あらゆるものがごちゃまぜに積み上がったデスク、黒電話のスマホ呼び出し音、パーテーションにかかった傘と針金ハンガー。笹岡は一瞬の登場でも相変わらず人物としての密度が高く、物語とは別のところでついテンションが上がってしまう。

『エルピス─希望、あるいは災い』公式サイト(カンテレ

脚本:渡辺あや
演出:大根仁、下田彦太、二宮孝平、北野隆
出演:長澤まさみ、眞栄田郷敦、鈴木亮平、三浦透子、三浦貴大 他
音楽:大友良英
プロデュース:佐野亜裕美、稲垣 護(クリエイティブプロデュース)
主題歌:Mirage Collective『Mirage』

Profile

Writer 釣木文恵 つるき・ふみえ

ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。
twitter 

Profile

Illustrator オカヤイヅミ

漫画家・イラストレーター。著書に『いいとしを』『白木蓮はきれいに散らない 』など。この2作品で第26回手塚治虫文化賞を受賞。趣味は自炊。
twitter
instagram

 

Edit: Yukiko Arai

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

覚悟を決めた『エルピス』1話が、テレビというパンドラの箱を開けた

覚悟を決めた『エルピス』1話が、テレビというパンドラの箱を開けた

『エルピス』2話。報道が真実を伝えないことに慣れてしまった私たちに、あの時の映像が

『エルピス』2話。報道が真実を伝えないことに慣れてしまった私たちに、あの時の映像が

突っ走る恵那(長澤まさみ)『エルピス』3話。空気を読まない強さと正しいことを求める危うさ

突っ走る恵那(長澤まさみ)『エルピス』3話。空気を読まない強さと正しいことを求める危うさ

『エルピス』4話「負けざま」を象徴するベッドシーン…権力に負けた恵那と拓朗に胸が痛む

『エルピス』4話「負けざま」を象徴するベッドシーン…権力に負けた恵那と拓朗に胸が痛む

雑炊をかっこむ名シーン!『エルピス』5話。無精髭の眞栄田郷敦が真実を暴く

雑炊をかっこむ名シーン!『エルピス』5話。無精髭の眞栄田郷敦が真実を暴く

『最愛』がもっと楽しめる!まとめて読みたいドラマレビュー連載

『最愛』がもっと楽しめる!まとめて読みたいドラマレビュー連載

【ドラマレビュー連載】戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』面白さをまとめて堪能!

【ドラマレビュー連載】戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』面白さをまとめて堪能!

菅田将暉『ミステリと言う勿れ』の面白さを振り返る!ドラマレビューまとめ読み

菅田将暉『ミステリと言う勿れ』の面白さを振り返る!ドラマレビューまとめ読み

考察『インビジブル』1話 強引で乱暴な高橋一生と軽やかで謎めいた柴咲コウ

考察『インビジブル』1話 強引で乱暴な高橋一生と軽やかで謎めいた柴咲コウ

考察『インビジブル』2話 頭の回転の速さを感じる高橋一生のアクション!

考察『インビジブル』2話 頭の回転の速さを感じる高橋一生のアクション!

考察『インビジブル』3話。Hey! Say! JUMP有岡大貴の不遜な後輩感がイイ!

考察『インビジブル』3話。Hey! Say! JUMP有岡大貴の不遜な後輩感がイイ!

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』4話。目が嬉しい華やかな潜入捜査!これぞドラマの魅力

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』4話。目が嬉しい華やかな潜入捜査!これぞドラマの魅力

考察『インビジブル』5話。キレッキレな高橋一生が、やや強引な展開をねじ伏せる

考察『インビジブル』5話。キレッキレな高橋一生が、やや強引な展開をねじ伏せる

高橋一生×柴咲コウ×永山絢斗『インビジブル』6話。父から犯罪英才教育を受けてきた姉弟の対決

高橋一生×柴咲コウ×永山絢斗『インビジブル』6話。父から犯罪英才教育を受けてきた姉弟の対決

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』7話。内通者は誰?正義と悪の二項対立を疑うドラマ構造を考察

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』7話。内通者は誰?正義と悪の二項対立を疑うドラマ構造を考察

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』8話。内通者は一体誰?酒向芳の存在が気になるが……

高橋一生×柴咲コウ『インビジブル』8話。内通者は一体誰?酒向芳の存在が気になるが……

今夜最終回『インビジブル』9話「やっぱりお前だったのか!」真犯人はなぜ志村(高橋一生)を殺さないのか

今夜最終回『インビジブル』9話「やっぱりお前だったのか!」真犯人はなぜ志村(高橋一生)を殺さないのか

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』坂元裕二脚本が考察を否定する

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』坂元裕二脚本が考察を否定する

『初恋の悪魔』2話。仲野太賀と松岡茉優の名シーン「ラーメンぐらいのびたっていいんだよ、話したいことがあるときは」

『初恋の悪魔』2話。仲野太賀と松岡茉優の名シーン「ラーメンぐらいのびたっていいんだよ、話したいことがあるときは」

ミステリアスになってきた!『初恋の悪魔』3話。変人・鈴之介(林遣都)と凡人・悠日(仲野太賀)の悩み

ミステリアスになってきた!『初恋の悪魔』3話。変人・鈴之介(林遣都)と凡人・悠日(仲野太賀)の悩み

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』4話。悠日と星砂の「ロン!大恋愛!」なるか、鈴之介は大丈夫?

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』4話。悠日と星砂の「ロン!大恋愛!」なるか、鈴之介は大丈夫?

『初恋の悪魔』5話 坂元裕二ドラマにまたもカラオケ名場面。ありのままの自分が過去を救う

『初恋の悪魔』5話 坂元裕二ドラマにまたもカラオケ名場面。ありのままの自分が過去を救う

『初恋の悪魔』6話。たった一言で心を掴んだ満島ひかり、難役をこなす松岡茉優

『初恋の悪魔』6話。たった一言で心を掴んだ満島ひかり、難役をこなす松岡茉優

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』7話。ふたりの星砂を巡って対立せざるを得ない

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』7話。ふたりの星砂を巡って対立せざるを得ない

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』8話。初恋の悪魔=署長? 伊藤英明がますます怪しい

林遣都×仲野太賀『初恋の悪魔』8話。初恋の悪魔=署長? 伊藤英明がますます怪しい

『初恋の悪魔』9話「帰ってきたら、りんごのむき方、教えてくれる?」衝撃のラストに戦慄

『初恋の悪魔』9話「帰ってきたら、りんごのむき方、教えてくれる?」衝撃のラストに戦慄

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)