SEARCH GINZA ID

懐かしくて新しい音と遊ぶ人 坂本慎太郎さんに聞いた、ヴィンテージ・ソウルの魅力

懐かしくて新しい音と遊ぶ人 坂本慎太郎さんに聞いた、ヴィンテージ・ソウルの魅力

近年、じわじわと盛り上がりを見せている「ヴィンテージ・ソウル」。シーンのリスナーを公言している坂本慎太郎さんに、その魅力を聞きました。


坂本慎太郎 | リバイバルでも、コスプレでもない

「昔の人かなと思ってたら、今の人だった」。坂本慎太郎さんがその驚きを素直に証言したように、「ヴィンテージ・ソウル」あるいは「チカーノ・ソウル」といった括りで紹介されるアーティストたちが、ここ数年で確実に増えている。伝統的なソウルのサウンドをモダンな新しさに変換して伝える「ヴィンテージ・ソウル」について、坂本さんはこう語る。

「2013年頃で、アメリカ・オークランド出身のソウルデュオ、Myron&Eがフィンランドでレコーディングした『On Broadway』というシングルでした。曲もよかったし、バンド(The Soul Investigators)のドラムの音が完璧に僕の好きな音だったし、古いソウルをリバイバルでやっているという感じがしなかった。僕はずっと新譜で買いたいレコードがない人生だったんですけど、普通に〝いいな〟と思えるものがいつの間にか出てきましたね」

アメリカのビッグ・クラウン、コールマイン、ペンローズ、フィンランドのティミオンなど、現在のシーンを牽引する各地のレコードレーベルの作品を通じて、かつて自分がガレージパンクのレコードを買っていた頃にも似た興奮を覚えているという。 「シングル盤だと歌っている人たちの顔もわからないけれど、レーベルで品質が保証されているし、曲がいいから、誰か知らなくても買う楽しさがあるんですよ」

今年7月のDurand Jones & The Indicationsの来日公演では、彼らのラブコールを受けた坂本さんが飛び入りで自身の楽曲「ツバメの季節に」を歌うという、スペシャルな共演も実現した。

「歌いやすかったですね。彼らは身近に音楽がある感じがした。普段の生活の中にずっと音楽が存在していて、楽屋とステージの上が全部つながっていると思いました」

その感覚こそが、単に〝ヴィンテージ=古い〟ではなく、ヴィンテージと今を交差させる、現代的な更新の秘密なのかもしれない。

 

坂本さん愛聴の私物レコード10枚

坂本慎太郎 さかもと・しんたろう

1967年大阪府生まれ。2022年6月に最新アルバム『物語のように(Like A Fable)』を発表。10月から12月にかけて全国ツアーを開催している。zelonerecords.com

Photo: Wataru Kitao   Text: Ryohei Matsunaga

GINZA2022年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)