やどかりに「やど」をわたしてみる AKI INOMATA個展@十和田市現代美術館

やどかりに「やど」をわたしてみる AKI INOMATA個展@十和田市現代美術館

【TOP画像】AKI INOMATA《やどかりに「やど」をわたしてみる-Border-》

やどかりに「やど」をわたしてみる、ミノムシにドレスを着てもらう、ビーバーが歯で削った彫刻……。そう聞いただけで、きっとわくわくしてくるはず。生物の観察と調査を通して独創的な作品を作り出す美術家AKI INOMATAの、日本の美術館では初となる個展が十和田市現代美術館で開催中だ。いきものをコラボレーターと呼ぶ彼女の一風変わった世界観が味わえるこの展覧会をレポート。


《girl, girl, girl , , ,》展示風景 2019年  Photo:Eisuke Asaoka

そもそも、美術館の展示室とは、生花一輪入れてはいけないというほど、生き物はNGの空間だ。作品を虫やカビや湿気といったダメージにつながりかねない要素から切り離すためなのだが、今回はその真逆を行っている。

最初の展示室にあるのは、《girl, girl, girl , , ,》というミノムシの作品。小枝にぶら下がっているのは、葉っぱではなく、細かく切られた布片をまとったミノムシたち。カラフルな布をランダムに選んで自分の体に貼り付いている。当然ながら生きているから、たまにこそっと動くし、日々着るものも変わっていくという。知らなかったけど、ミノムシのメスはまとった“みの”から出ないまま、一生を終えるらしい。そう聞くと、彼女たち?がドレスを着ている様子もまた、何か感慨深く見えてくる。


《girl, girl, girl , , ,》2019年  Photo:Eisuke Asaoka

廊下には、いろいろな動物園にいるビーバーたちが歯で削った丸太が展示されている。どれも同じかたちはひとつとしてなく、けれど、くびれをもったその形はなんとなく人体を模したように見える。ビーバーは木の幹を削り、倒したものを積み上げて巣を作る。そのための「くびれ」がまったく違う意味をもつ瞬間だ。

彫刻のつくりかた 展示風景《彫刻のつくりかた》展示風景。ビーバーが削った丸太の形もなかなか個性的。

映像作品は、今回のために作ったという新作。会場のある十和田でかつて人と暮らしていた南部馬をモチーフにしている。今は別の種類と掛け合わされたものしか残らず、絶滅してしまった南部馬の骨格標本をミニチュア化して再現、それに氷を肉としてまとわせた。その馬はコマ撮りによって雪原を走る。

《ギャロップする南部馬》Photo:Eisuke Asaoka《ギャロップする南部馬》©︎AKI INOMATA Courtesy of MAHO KUBOTA GALLERY

最後の部屋には、彼女が注目を浴びるきっかけになったシリーズ《やどかりに「やど」をわたしてみる》が展示されている。薄暗い部屋に、発光体のようにいくつもの水槽が置かれ、まるでアクアリウムのようだ。

「AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」企画展「AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」展示風景 2019年 Photo: Eisuke Asaoka

そのなかには、やどかりがいる。「やど」は、3Dプリンターで制作した各国の都市を模した殻だ。水槽の中には複数の「やど」が置いてあり、やどかりの気分?によって、引っ越しをしたりしなかったりするんだそう。殻は透明のアクリルでできていて、向こうに、とても儚げなやどかりの胴体が透けてみる。表に出ている部分とは違い、胴体の方はエビの殻がないような、なんとも弱弱しい見た目だ。やどかりの寿命は20年。これが大きくなるたび、彼らは自分に合う「やど」を求めて、引っ越しを繰り返す。

《やどかりに「やど」をわたしてみる-Border-》「《やどかりに「やど」をわたしてみる-Border-》「やど」を背負ったやどかり。赤い体が透けて見える。

人間が作り出した大都市や建物を象った「やど」におさまるやどかりは、人間の移動を思わせる。人も移動しながら生きていく一方、住む土地はいずれ故郷や出身地というように、自分自身と切り離せないものになっていく。いとも簡単に移動を繰り返すやどかりは、切り離せないと思い込んでいる土地と自分の関係が、実はもっと緩やかであることを教えてくれる。

《やどかりに「やど」をわたしてみる-Border-》《やどかりに「やど」をわたしてみる-Border-

自分でコントロールできない生き物を相手に作品をつくることは、ハラハラドキドキの連続だろう。アイデア通りに実現できる保証はどこにもない。オープニングトークで、まるでサイエンティストのように生き物の生態を語ると同時に、現代の人間社会に対しての真摯な考えも話していたINOMATAさんの姿が印象的だった。

作家のAKI INOMATAさん。作家のAKI INOMATAさん。背後にあるのは、アサリの殻の断面スキャン画像を拡大した作品《Lines—貝の成長線を聴くver.3.0》「アサリ 2015.7.17福島県相馬市松川浦 採取」

作家のメッセージには「自分とは異なる生きものたちを知り、コミュニケーションを取ろうと試みることで、生きものと人間の関係性を再考している」とある。一見風変わりな、人間以外の者たちとのコラボレーションは、人工と自然、生物と人間といった区別を軽やかに飛び越え、私たちにより広い視野で感じたり考えたりすることへと促してくれるだろう。

十和田はこれから紅葉・雪景色と旅行で行くにも絶好のシーズン。名温泉もあちこちにある。ぜひ旅とともに美術館でやどかりやミノムシの「いま」を目撃してほしい。

景勝地の蔦沼美術館から車で40分ほどのところにある景勝地の蔦沼。温泉も素晴らしい!

AKI INOMATA

1983年生まれ。2008年東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。

生きものとの協働作業によって作品制作をおこなう。主な作品に、3Dプリンターを用いて都市をかたどったヤドカリの殻をつくり実際に引っ越しをさせる「やどかりに『やど』をわたしてみる」、飼犬の毛と作家自身の髪でケープを作ってお互いが着用する「犬の毛を私がまとい、私の髪を犬がまとう」など。

近年の展覧会に、「第22回ミラノ・トリエンナーレ」(トリエンナーレデザイン美術館、2019) 、「タイビエンナーレ 2018」(クラビ市内、タイ、2018)、「Aki Inomata, Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs ?」(ナント美術館、フランス、2018)、「Coming of Age」(Sector 2337、シカゴ、2017)、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」(2016)、「ECO EXPANDED CITY」(WRO Art Center、ヴロツワフ、ポーランド、2016)、「エマージェンシーズ!025 『Inter-Nature Communication』AKI INOMATA」(NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]、東京、2015)、「第4回 デジタル・ショック -リアルのファクトリ-」(アンスティチュ・フランセ東京、2015) 、「アルスエレクトロニカ」(リンツ、2014)、などがある。2017年ACCの招聘でニューヨークに滞在。

AKI INOMATA: Significant Otherness 生きものと私が出会うとき

開催期間: 開催中〜2020年1月13日(月)
会場: 十和田市現代美術館
開館時間: 9:00〜17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日: 月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月28日(土)〜1月1日(水)年末年始休館

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)