SEARCH GINZA ID

ドレスコードは“とっておきのイット・バッグ” Vol.4【2022年春夏】

ドレスコードは“とっておきのイット・バッグ” Vol.4【2022年春夏】

行列の先にあるのは、とある有名店。ドレスコードは“とっておきのイット・バッグ”。通りに並ぶ彼女たちの手元は、旬なトレンドであふれている。


 

1 IL BISONTE
ヴェネツィアの離島、ブラーノ島からインスピレーションを得た新色のパステルカラー 「シーウォーター」をまとったボストン型。レザーでありながらもかなり軽量なのもうれしい。ボストンバッグ H15×W23×D11cm ¥64,900(イル ビゾンテ | ルック D.C事業部)

2 BIGOTRE
オリジナルビーズの刺繡を全面にあしらった巾着型のユニークなトートバッグ。ロングとショートの2パターンの長さ調整が可能なショルダーハンドルが特徴。内側には機能的なファスナーポケットもデザインされている。ビーズバッグ H28.5×W28.5cm ¥40,000(ビゴター)/ジャケット ¥39,600(ヴァニティ ナップ | エイチ ビューティ&ユース)/つけ襟 ¥14,300(スタジオ ブラン | ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア)/カーディガン ¥330,000(タナカ ダイスケ | パッチワークス)/パンツ ¥31,900(ハイク | ボウルズ)/ハット ¥16,500(ホリデイ)/シューズ ¥36,300(HEWN | ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)

3 POMTATA
アクリルビーズを用いて幾何学模様を表現。入り口部分を付属のテープで絞って巾着状にすることも可能な2WAYバッグ。どこか古着屋で見つけたような独特な色柄がオリジナリティに富んでいる。ビーズショルダーバッグ H23×W18cm ¥11,000(ポンタタ | サンキ)

4 STATE OF ESCAPE
シリーズ最大サイズながらもスリムで着るものに干渉しないシルエットに。力強さと大胆さ、そして快適性を反映した太いセーリングロープは、肩にかけても負担にならぬよう柔らかく幅広にデザインされている。トートバッグ H37×W38×D19cm ¥53,900(ステート オブ エスケープ | サザビーリーグ)

5 VASIC
ラフィア調のボディにレザーのコンビネーションが映えるバケツ型のモデル。スナップボタンで蓋が外せる仕組みで、インテリアにあっても美しいこのフォルムに注目したい。バケットバッグ H20×W15×D15cm ¥38,500*4月発売予定(ヴァジック | ヴァジックジャパン)/トップ ¥20,350(ヴァニティ ナップ | エイチ ビューティ&ユース)/スカート ¥97,900(タナカ ダイスケ | パッチワークス)/ローファー ¥59,400(アワー レガシー | エドストローム オフィス)/ネックレス ¥16,500(ジャンティーク)

6 TUMI
ラバーコーティング素材とリサイクルバリスティックナイロンを使用。耐久性に優れたボディは、最大15インチまでのラップトップが収納できる専用スペースなど、多くのファンクションを備えている。バックパック H42×W35×D16cm ¥77,000(トゥミ | トゥミ・カスタマーセンター)

7 LONGCHAMP
人気モデル〈ル プリアージュ®〉のシグネチャーパーツである“ロシアンレザー”をバケットバッグに昇華した新作。象徴的な金のスナップボタン使いのほか、ロンシャン・ホースのエンボス加工も施されている。バケットバッグ H22.5×W17×D17cm ¥42,900、シューズ ¥75,900(共にロンシャン | ロンシャン・ジャパン)/ジャンプスーツ ¥171,600、ハット ¥38,500(共にアーデム)、ブラウス ¥141,900(プルーン ゴールドシュミット | 以上メゾン・ディセット)

8 MERLETTE
クシュっとアコーディオン状に圧縮された立体感のある白いハンドストラップが実に〈マーレット〉らしいディテールに。格子のようなモノトーンの織り柄が新鮮で個性をアピールしてくれること間違いなし。トートバッグ H34×W36×D13cm ¥85,800(マーレット | サザビーリーグ)

9 FURFUR
アイキャッチーなハート形を模した、このキュートなルックスに一目惚れ。モバイルやミニウォレットなど、必要最低限のアイテムがキチンと入る大きさ。アクセサリー感覚で持ち歩きたい。ハートハンドバッグ H20×W19.5×D6cm ¥13,200(ファーファー | ファーファー ラフォーレ原宿店)/シャツ ¥30,800(ハイク | ボウルズ)/スカート ¥16,500、下に重ねたスカート ¥23,100(共にジャンティーク)/ブーツ ¥92,400(アワー レガシー | エドストローム オフィス)

10 JNBY
過酷な環境でも育つタイガーテールオーキッドのグラフィックをカラーブロックのトートバッグに表現。今シーズンのウェアにも同じ柄が使われるなど、象徴的なパターンとして登場している。トートバッグ H37×W29×D7cm ¥14,300(JNBY | マツオインターナショナル カスタマーサービス)

11 KATE SPADE NEW YORK
スクエアのラタンボディに異素材のネイビーレザーを組み合わせた絶妙なコンビネーションが美しい。また、ライナー部分にはドットのプリントが施されている。同素材のレザーストラップが付属し、ショルダー使いも可能。籠バッグ H16×W17×D8cm ¥52,800(ケイト・スペード ニューヨーク | ケイト・スペード カスタマーサービス)/ニットシャツ ¥96,800、パンツ ¥90,200(共にアトリエ ソヴェン | ディプトリクス)/ハット ¥13,200(ラインヴァンド | ラインヴァンド カスタマーサポート)/ブーツ ¥40,700(ギア ボルギーニ | ユナイテッドアローズ 原宿本店)

12 ISSEY MIYAKE
波紋のような丸い生地が連続するハンドプリーツ仕立てにより大胆なフォルムを実現。手を通してクラッチバッグとして使えるアイテム。リンクリングスバッグ H26×W13×D6.5cm ¥44,000(イッセイ ミヤケ)

13 FURLA
サイドにデザインされたジップを開くことで容量を調節できるデイリー使いに最適な〈フルラ ジルダ〉。ハンドバッグ H26×W38×D15cm ¥79,200*3月以降発売予定(フルラ | フルラ ジャパン)/ブラウス ¥26,400(ラインヴァンド | ラインヴァンド カスタマーサポート)/ワンピース ¥63,800(リー マシュー | ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)/フーディ ¥15,400(メゾンドリリス | ギミックス)

Photo: Kodai Kobayashi Styling: Mayu Takahashi Hair&Make-up: Yoko Hirakawa (mod’s hair) Models: Aoi, SEN, Fubuki Tanpo, AIRI, Kokoro Umeda, Yuina Sugawara Text&Edit: Yu-ka Matsumoto

GINZA2022年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)